インプラント治療とは?どのような治療を行う?

インプラント治療とは?どのような治療を行う?

インプラント治療とは、外科手術で人工の歯根を埋め込むことによって、失ってしまった歯をカバーする治療法です。歯を失った際には、他にもブリッジや入れ歯などの選択肢がありますが、ブリッジや入れ歯に比べると、インプラントのほうが咀嚼機能審美性に優れているだけでなく、周囲の歯に悪影響をもたらすこともありません。
仕組みや治療方法、治療の流れなどについてご紹介しましょう。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?インプラント治療を行う大きな目的は、失ってしまった歯の代わりになるものを埋め込むことにより、咀嚼機能を改善したり、審美性を高めたりすることにあります。歯は、口を開けた時に見える部分だけでなく、歯茎に埋まっている歯根と呼ばれる部位によって成り立っているのですが、このどちらも失ってしまった場合にインプラント治療を選択可能です。

インプラント治療の大きな特徴として、周囲の歯に与える影響がほぼないことが挙げられます。現在残っている健康な歯への悪影響を避け、1本でも多く歯を残したいと考えている方に適した治療です。

インプラントの仕組みや治療方法

インプラントの仕組みや治療方法インプラントはどのような治療なのか、仕組みや治療方法、メリットをご紹介します。

インプラント仕組みと手術の方法

インプラントの治療は、歯を失った部分の歯茎を切開し、露出した骨にドリルで穴を開けて「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根部を埋め込みます。続いてインプラント体に支台部である「アバットメント」を装着し、そこに人工歯である上部構造を装着する形です。

ワンピースタイプと呼ばれる、インプラント体とアバットメントが一体化した種類もあります。治療の流れについては後述するのでそちらをご参照ください。

従来の治療方法と比較したメリット

従来の治療法ともいえるブリッジによる治療では、失った歯の両隣にある歯を削って人工の歯をかぶせるのですが、噛む時にこれまで3本の歯にかかっていた力を2本の歯で支えなければならないため、残された歯にかかる負担が大きいです。
部分入れ歯も周りの歯にバネをかけて人工歯を装着することから、バネがかかっている部分に負担をかけてしまいます。

一方、インプラントは歯を失った部分に人工の歯根を挿入して、その部分を単独でカバーできる方法であるため、周りの歯に悪影響を与えません。また、ブリッジや部分入れ歯は歯根部分がないため、噛んだ時にあごの骨に刺激が伝わりにくく、あごの骨が痩せてしまうことがありますが、インプラントなら人工の歯根を通してあごの骨に自然な刺激を与えるので、そういった心配もないのがメリットです

痛みを心配する方がいますが、外科手術ということもあり麻酔をして行うので、手術中の痛みがないのもメリットといえるでしょう。

丈夫で長持ちする

他の歯に影響しないインプラントを取り入れることにより、健康な歯を残すことに繋がるのですが、インプラント自体が丈夫であり、非常に長持ちするのもメリットです。
インプラントに寿命はないとされており、多くの文献では歯科インプラントの残存率は10年で92~95%とされています。また、患者を対象にしているアンケート調査の結果では、インプラント治療を行ったあと、残存期間に関する回答で20年と答えた方が多いとの結果になっているため、長期間に渡って問題なく使用し続けられることが報告されている点もメリットです。

参考:(PDF)歯科インプラント治療指針:日本歯科医学会編[PDF]

インプラント治療の流れと期間

インプラント治療の流れと期間インプラント治療の流れについてご紹介します。虫歯や歯周病などがある場合は先にそちらを治療してから行わなければなりませんなお、個人によって流れが多少異なることもあるので担当医師に確認が必要です。

1.カウンセリング

インプラント治療に関して相談を行います。わからないことや不安なことがあればこの時に相談しておきましょう。

2.精密検査

歯科用CTやレントゲンなどを用いた精密検査と、口腔模型の作製を行います。検査結果をもとにシミュレーションし、治療計画を立てます。

3.手術

麻酔を打ってからインプラントを埋入します治療後は麻酔が抜けてから帰宅することになりますが、車やバイクを運転して帰ることはできないので注意が必要です。

4.上部構造の装着

インプラントが骨と結合するまで定期的に通いましょう。結合したら再度手術で支台部であるアバットメントを取り付け、歯肉の傷が治るまで2~4週間程度待たなければなりません。
傷が治ったらアバットメントに仮歯を装着して型取りを行い、できあがった上部構造を装着します。最終的な噛み合わせなどの確認をして完了です。

5.アフターケア

インプラントは定期的にメンテナンスを受ける必要があります。アフターケアで定期的な口内環境の確認をすることが、インプラントを長持ちさせるために重要といえるでしょう。

費用よりも信頼度重視で選ぶ

費用よりも信頼度重視で選ぶご紹介したようにインプラント治療は外科手術であるため、信頼できる歯科医院で治療を受けることが重要です。近年、かなり激安のインプラントも見かけますが、治療にはCTの撮影費用手術費用材料費技工料などがかかることを考えると、相場よりも極端に安くすることはできません。
激安店を探して治療を受けたものの後から高額な医療費を請求されるケースもあるため、治療前にカウンセリングをしっかり行い、詳細を説明してくれる歯科医院を選びましょう。納得したうえで治療を受けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です