インプラント治療を急かされるケースと信頼できる医師の見抜き方を解説

歯科医院で治療を受ける際、インプラント治療を急かされた経験がある方もいるようです。

「高額な治療を受けさせたいから急かしている」と感じ、インプラント治療を勧めてくる医師は信頼できないと感じている方も多いでしょう。

ですが、本当にインプラントをしたほうが良いようなケースがあるのも事実です。そこで、自分の場合は医師が急かしてくるようにすぐにインプラント治療を検討したほうが良いのか見極めるためのポイントについてご紹介します。

信頼できる医師かどうか判断できず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。急いで決断する場合でもしっかり確認しておきたい重要なポイントなどについてもご紹介します。

インプラント治療を急かされるケースとは

医師からインプラント治療を急かされた場合、すぐに治療を検討したほうが良い状態である可能性が高いです。理由として、以下の3つが挙げられます。

歯周病が原因で歯を失った場合

歯周病は歯を失う大きな原因の一つです。失った歯をそのまま放置してしまうと、物を噛む際に歯を通してあごの骨に刺激を与えることができないため、あごの骨がどんどん痩せてしまいます。

インプラント治療をする際には、あごの骨を土台として部品を設置する必要があるため、歯周病で歯を失い、あごの骨が痩せてしまってからではインプラント治療が難しくなってしまうことがあるのです。

そのため、歯周病で歯を失った場合、インプラント治療を急かされることがあります。なお、歯周病が悪化している段階でインプラント治療を行うと失敗してしまうリスクがあるため、先に歯周病の治療が必要です。

虫歯が原因で歯を失った場合

虫歯ができてしまった場合、すぐに治療ができれば良いのですが、状態が悪化して神経まで死んでしまったような状態になると歯を残すことができません。歯が少なくなるとそれだけ咀嚼が難しくなってしまうため、栄養素の吸収率が低くなってしまう恐れもあります。
虫歯で失ってしまった歯がたくさんある場合、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

交通事故が原因で歯を失った場合

転んだ拍子に歯を床や壁、物などにぶつけて折れてしまった、または何らかの事故によってぐらつきが発生してしまった歯は十分な機能を果たすことができなくなります。残すことが難しい歯は、インプラント治療で補うことが可能です。

インプラントはとても自然な見た目が特徴的なので、特に前歯など見た目が気になる歯を補う方法としてインプラント治療を勧められることがあります。

最善策としてインプラントを勧めるような信頼できる医師の見抜き方


医師から「今すぐインプラント治療を行ったほうが良い」と言われた場合に、それが本当に最適な治療なのか、歯科医院側の都合によるものなのか判断しかねることがあります。

そこで、信頼できる医師を見抜くためのポイントについてご紹介しましょう。以下に該当するものが多い場合、信頼できる可能性が高いです。

インプラント以外の治療法と比較しながら勧めてくれる

歯を失ってしまった場合の治療法としては、インプラント以外にもブリッジや部分入れ歯など、いくつかの選択肢があります。しかし「とにかくインプラントが良い」「インプラント以外の選択肢はない」と、無理強いしてくるような医師は信頼できません

きちんとインプラント以外の治療法も紹介し、比較しながらどのような特徴、メリットなどがあるのか説明してくれる医師は信頼できます。

診断・検査を丁寧に行ってくれる

インプラント治療が最も適しているか判断するためには、診断・検査が必要です。丁寧な診断・検査を行い、結果や治療内容などについてわかりやすく説明してくれるかも大きな判断基準になります。

十分な検査をすることなくすぐに治療を勧めてくるような場合は、歯科医院の都合でインプラントを推奨している可能性が高いです。

元気な歯を残す努力をしてくれる

インプラントは永久歯に次ぐ第3の歯とまで呼ばれており非常に優れてはいるのですが、やはり天然歯には敵いません。そのため、抜いてインプラントにするのではなく、できる限り残すための治療をしてくれる歯科医院は信頼できます

もちろん、状態によってはインプラントにしたほうが良いケースもありますが、インプラント治療を提案された場合は、歯を残すことができないのか確認してみるのがおすすめです。歯科医院によっても判断が異なります。

インプラントの良い点・悪い点どちらも教えてくれる

インプラントは優れた治療法ですが、良い点だけではなく悪い点もあります。良い点だけを伝えて患者をその気にさせてしまうのではなく、悪い点も含めて教えてくれるような歯科医院で相談しましょう。

インプラント治療の良い点

インプラント治療を選択する際に、しっかりと頭に入れておきたいポイントについてご紹介します。治療を急かされたとしても、まずはインプラント治療にどのような特徴があるのか理解したうえで検討しましょう。

噛む力と安定感に優れている

インプラントの噛む力は非常に強く、自分の歯と同じように噛むことができます。差し歯や入れ歯などでは噛む力が弱くなってしまうので、快適に食事をとりたいと考えている方にも向いている方法です。

しっかりとインプラントが安定してからは硬いものでも噛むことができるようになるので、食事の際にストレスを感じにくくなります。安定感と機能性に優れているのが魅力です。

審美性が高い

インプラントは自分の歯とほとんど見た目が変わりません。そのため、審美性が高い方法を選択したいと考えている方から選ばれています。

入れ歯の場合は固定するためのバネが見えてしまうことがあるほか、ブリッジも同様に目立ってしまうことがありますが、そういったこともありません。

骨の退縮を予防・回避できる

歯を失ってしまった場合、あごの骨に刺激が伝わりにくくなり、骨吸収と呼ばれる現象が起こって骨が弱くなってしまいます。

無くなった部分の歯をブリッジや入れ歯で補うことは可能ですが、これらの方法ではあごの骨に刺激を与えることができないため、骨吸収を防ぐことはできません。

一方で、インプラントは直接あごの骨にパーツを埋め込むため、自分の歯と同じように咀嚼の際にしっかりとあごの骨に刺激を与えることができます。骨の退縮を防げるのもインプラントの大きな魅力だといえるでしょう。

周辺歯へのダメージが少ない

ブリッジの場合、健康な両隣の歯を削り、失った歯を支える土台とする必要があります。しかし、健康な歯を削ることに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。

インプラントであれば、失った歯単体で治療が可能であるため、周辺の歯にダメージを与えることがありません。

インプラント治療の悪い点


インプラント治療を検討している方は、どのような悪い点やデメリットがあるのかについても確認しておくことをおすすめします。特に注意すべきポイントについて3つご紹介します。

高額な治療費

インプラント治療は非常に稀なケースを除き、保険が適用になりません。全額自己負担になってしまうため、費用の問題があります。

1本あたりの相場は32~40万円程度であるため、費用の関係で選択できない方も多いです。複数本入れる場合は更に高額になります。

治療期間が長い

簡単な虫歯治療などとは異なり、インプラント治療は数ヶ月単位で期間がかかります。あごの骨を増やす治療を先に行わなければならない場合、一年以上かかってしまうようなケースもあるのです。

どの程度の期間がかかるのかについては、口腔内の状態や選択する治療内容によっても変わるので、直接確認が必要です。

感染症リスク

インプラント治療ではメスを使った外科手術を行うことになるので、感染症のリスクがあります。衛生管理に力を入れている歯科医院を選ぶことによって、手術による感染症リスクを抑えることが可能です。

また、インプラント治療後に適切なケアができていなかった場合、インプラント周囲炎と呼ばれる感染症が起こってしまうこともあります。

インプラント周囲炎はインプラントが抜けてしまう大きな原因でもあるので、セルフメンテナンスを正しく行い、定期メンテナンスを適正に受けることが重要です。

不安が払しょくできないならセカンドオピニオン利用の検討も

インプラント治療を急かされたような場合は、焦って決断するのではなく、インプラント治療についてよく理解したうえで検討が必要です。

機能性や審美性などからみて非常に優れた治療法ではありますが、費用の問題や治療に時間がかかることを理解したうえで取り組んでいきましょう。

もし、インプラント治療を勧められ決断しかねているのなら、セカンドオピニオンを受けてみるのもおすすめです。

セカンドピニオンの詳細については『インプラント治療のセカンド・サードオピニオンの必要性について』でご紹介しているので、参考にしてください。