医師からインプラント治療を急かされるケースとは?

歯科治療について検討する際に、担当の医師からインプラント治療を急かされた経験がある方もいるようです。その際、なぜすぐにインプラント治療が必要なのかわからないと、不信感にも繋がってしまいます。
どのような場合に急かされる可能性があるのか、インプラント治療をするうえで重要視しておかなければならないのはどういったポイントなのかについて解説します。

インプラント治療を急かされるケースとは

医師からインプラント治療を急かされた場合、すぐに治療を検討したほうが良い状態である可能性が高いです。理由として、以下の3つが挙げられます。

歯周病が原因で歯を失った場合

歯周病は歯を失う大きな原因の一つです。失った歯をそのまま放置してしまうと、物を噛む際に歯を通してあごの骨に刺激を与えることができないため、あごの骨がどんどん痩せてしまいます。
インプラント治療をする際には、あごの骨を土台として部品を設置する必要があるため、歯周病で歯を失い、あごの骨が痩せてしまってからではインプラント治療が難しくなってしまうことがあるのです。

そのため、歯周病で歯を失った場合、インプラント治療を急かされることがあります。なお、歯周病が悪化している段階でインプラント治療を行うと失敗してしまうリスクがあるため、先に歯周病の治療が必要です。

虫歯が原因で歯を失った場合

虫歯ができてしまった場合、すぐに治療ができれば良いのですが、状態が悪化して神経まで死んでしまったような状態になると歯を残すことができません。歯が少なくなるとそれだけ咀嚼が難しくなってしまうため、栄養素の吸収率が低くなってしまう恐れもあります。
虫歯で失ってしまった歯がたくさんある場合、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

交通事故が原因で歯を失った場合

転んだ拍子に歯を床や壁、物などにぶつけて折れてしまった、または何らかの事故によってぐらつきが発生してしまった歯は十分な機能を果たすことができなくなります。残すことが難しい歯は、インプラント治療で補うことが可能です。
インプラントはとても自然な見た目が特徴的なので、特に前歯など見た目が気になる歯を補う方法としてインプラント治療を勧められることがあります。

インプラント治療を選択するうえでの重要ポイント

インプラント治療を選択する際に、しっかりと頭に入れておきたいポイントについてご紹介します。治療を急かされたとしても、まずはインプラント治療にどのような特徴があるのか理解したうえで検討しましょう。

インプラントの重要ポイント【噛む力と安定感に優れている】

インプラントの噛む力は非常に強く、自分の歯と同じように噛むことができます。差し歯や入れ歯などでは噛む力が弱くなってしまうので、快適に食事をとりたいと考えている方にも向いている方法です。
しっかりとインプラントが安定してからは硬いものでも噛むことができるようになるので、食事の際にストレスを感じにくくなります。安定感と機能性に優れているのが魅力です。

インプラントの重要ポイント【審美性が高い】

インプラントは自分の歯とほとんど見た目が変わりません。そのため、審美性が高い方法を選択したいと考えている方から選ばれています。
入れ歯の場合は固定するためのバネが見えてしまうことがあるほか、ブリッジも同様に目立ってしまうことがありますが、そういったこともありません。

インプラントの重要ポイント【骨の退縮を予防・回避できる】

歯を失ってしまった場合、あごの骨に刺激が伝わりにくくなり、骨吸収と呼ばれる現象が起こって骨が弱くなってしまいます。無くなった部分の歯をブリッジや入れ歯で補うことは可能ですが、これらの方法ではあごの骨に刺激を与えることができないため、骨吸収を防ぐことはできません。
一方で、インプラントは直接あごの骨にパーツを埋め込むため、自分の歯と同じように咀嚼の際にしっかりとあごの骨に刺激を与えることができます。骨の退縮を防げるのもインプラントの大きな魅力だといえるでしょう。

インプラントの重要ポイント【周辺歯へのダメージが少ない】

ブリッジの場合、健康な両隣の歯を削り、失った歯を支える土台とする必要があります。しかし、健康な歯を削ることに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。インプラントであれば、失った歯単体で治療が可能であるため、周辺の歯にダメージを与えることがありません。

治療を急かされても慎重に検討が必要

インプラント治療を急かされた場合は、焦って治療を決定してしまうのではなく、まずはインプラント治療についてよく理解することが重要です。わからないことなどがあれば、しっかりと医師に確認したうえで検討しましょう。
自由診療であるため治療費は高額ですし、治療には時間がかかります。ただ、その点を考慮したとしても機能性や審美性などからみてとても魅力のある治療法なので、自分に向いているかどうか検討してみてはいかがでしょうか。