インプラント治療における同意書とは?必ず事前に確認しよう

インプラント治療を行うにあたり、同意書が作成されることがあります。一般的な虫歯治療などでは同意書を作成することはほぼないので、どういったものなのかわからず不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、インプラント治療に関する同意書についてご紹介します。また、その他にもいくつか書類があるので、インプラント治療で使用される書類について解説します。安心して治療を受けるためにもよく確認しておきましょう。

インプラント治療の同意書とは

インプラント治療の同意書とは承諾書とも呼ばれ、提案・説明された治療に承諾した際にサインする書類です。そのため、内容をよく理解したうえでサインしなければなりません。

同意書はトラブルなどの回避のためにも重要な役割を持っています。記載されている内容は歯科医院によって異なるので、よく確認が必要です。

インプラント治療で同意書が必要になるケース

インプラント治療で同意書が必要になるケース

一般的な虫歯治療などと同じように、口頭で説明を受け、それに同意すれば治療同意書がなくても治療は可能です。しかし、口頭だけの説明だと患者さんが十分に理解できないことも多く、治療やお金のトラブルを防止するためにも同意書が必要だといえます。

一般的な虫歯治療は保険を適用することができますが、インプラント治療は全額自己負担となる自由診療です。保険が適用される治療は費用などに決まりがあるのに対し、自由診療はそういった決まりがありません。

医院によって設定している治療費には大きな違いがあるので、治療費を明確に理解するためにも同意書などの書類が必要だといえるでしょう。

中には、書類などを作成することなく口頭のみでインプラント治療の説明をする医師もいます。しかし、専門的な内容でよく理解できなかったり、口頭で治療費について聞いても忘れたり、勘違いしたりすることもあるので注意しなければなりません。

契約に関する書類がないということは、契約した内容について証明できないということでもあります。例えば、医師から口頭で説明を受けていた金額と、実際の請求額が異なるようなケースでも、強く出ることができない可能性があるのです。

万が一のことを考えると、同意書などの書類は用意してもらったほうが良いでしょう。

インプラント治療で使用される書類一覧

インプラント治療で使用される書類一覧
インプラント治療では、大きく分けて治療計画書、見積書、治療同意書(承諾書)、保証書などの書類が使用されます。それぞれどのような目的で使用される書類なのかについてご紹介しましょう。

インプラント治療計画書

インプラントの治療計画書は、精密検査を行ったあとに作成される書類で、以下のような項目が記載されています。

  • 現在の歯の状態
  • 治療部位
  • 抜歯の有無
  • 治療期間
  • 全身麻酔の有無
  • インプラントの本数と種類

医院によってどのような形で治療計画書を作ってくれるか異なりますが、わからないことがある場合は遠慮することなく、何でも聞きましょう。

インプラント治療を始める前は何かと不安を感じてしまいますが、治療計画書は治療方法について確認したり、相談したりする際にも役立ちます。

インプラント治療の見積書

見積書は、治療計画をもとに治療にどれくらいの費用がかかるのかを計算した書類です。

見積書には、以下のような項目が記載されています。

  • 精密検査料
  • 手術の費用
  • インプラント代
  • 経過観察時にかかる費用
  • アバットメント代
  • 上部構造代

また、支払い方法は見積書に掲載されていることが多いので、こちらも確認しておいてください。インプラント治療1本あたりの相場は32万円~40万円となっています。

ただ、治療をしていく中で追加の治療が必要になったり、内容が変更されたりする場合もあり、歯周病治療や骨造成手術などが必要になれば追加費用も発生するので、詳細を確認しておきましょう。

途中で治療内容が変わる場合は総合的な金額が変化することもあるため、新たな見積書を作成してもらえるため安心です。

それから、インプラントの治療では他にも再診料や抜歯代などがかかるので、総合的な費用について確認しておきましょう。

インプラント治療同意書(承諾書)

インプラントの治療では最初に検査や十分な説明が行われ、その内容に同意した場合に承諾書ともいえる治療同意書にサインをすることになります。

記載事項の例は以下の通りです。

  • 治療方法
  • 治療期間や費用
  • 危険性や合併症について
  • 結合がうまくいかなかった場合の対応と費用
  • メンテナンスに関する項目

同意書には十分な説明を受けたことや、金額などが記載されているので、確認したうえで間違いなければサインをしましょう。

また、治療中に容態が急変した場合には、その場で早急に判断をし、適切な治療をしなければなりません。治療同意書には、このような事態に備え、適切な処置を受けることに承諾するといった内容も含まれているケースが多いです。

同意書にサインするということは、そこに記載されていることをすべて承諾したということになるので、トラブルやリスク回避の為のためにも内容についてはよく確認しておきましょう。

細かい内容について一つひとつ丁寧に説明してくれる医院を選ぶと安心できます。中には難しい言葉が使われているケースもあるので、意味がわからないものがあれば質問しましょう。

保証書

保証書インプラントに関する欠けた、抜けた、割れたなどのトラブルをどのように保証してくれるのかが記載された書類です。歯科医院によっては、提携している保証会社が再修復・再手術などに関する費用を負担してくれる場合があります。

記載事項の例は以下の通りです。

  • 保証内容
  • 保証期間
  • 保証対象
  • 一部負担の有無

ただ、すべての歯科医院で保証会社と提携しているわけではありません。保証が受けられる場合のみ保証書が作られることになります。

支払い方法についての書類

インプラント治療は高額になるため、現金での支払い以外にも様々な支払方法の選択肢が用意されていることが多いです。支払い方法についての書類には、以下のようなことが記載されています。

  • 支払い方法
  • 支払い期日
  • 口座番号の案内
  • 小切手の取り扱いについて
  • デンタルローンの申請書類

デンタルローンを利用する場合は手数料がかかることになるので、よく確認しておきましょう。なお、支払い方法に関する項目を治療計画書や見積書にまとめている歯科医院もあります。

丁寧な説明をしてくれる医院を選ぶことが重要

丁寧な説明をしてくれる医院を選ぶことが重要
安心して治療を受けるためには、十分過ぎるほどの説明をしてくれる歯科医院を選ぶことが重要です。中には説明を省略して、とにかく治療を勧めてくるケースがあります。

治療内容や費用についてよく理解しないままサインをすると、大きなトラブルにつながってしまう可能性が高いです。安心して治療を受けるためにもよく確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です