即時荷重インプラントとは?メリット・デメリット・治療の流れを解説

インプラント治療の中でも「即時荷重(そくじかじゅう)インプラント」と呼ばれる治療方法についてご紹介します。

通常のインプラント治療とは何が違うのか、特徴や、選択する魅力について参考にしてみてください。また、即時荷重インプラントが選択できる方の条件や、おさえておきたいメリット、デメリットについても確認しておくと自分に向いているか判断できるでしょう。

即時荷重インプラントとは

従来のインプラント治療は、手術から仮歯を入れる前に数ヶ月間の安静期間をおかなければなりませんでしたが、インプラント手術を終えたその日のうちに仮歯を入れることが可能なのが、即時荷重インプラントと呼ばれる治療法です。

症例によって選択できるケースとできないケースがあります。これまでの治療法だと数ヶ月間の安静期間が必要になるだけでなく、その後の仮歯で過ごさなければならない期間も長いため、なかなか踏み切れない方がいました。

新しい治療法である即時荷重インプラントであれば、手術の当日からある程度なら物を噛むことができるようになるので、非常に魅力的だといえるでしょう。

インプラント治療を検討しているけれど、長い治療期間がかかると聞いてためらっているといった方も、即時荷重インプラントについてチェックしてみてはいかがでしょうか。

即時荷重インプラントを受けるための条件

即時荷重インプラントを受けるためには、いくつかの条件をクリアしていなければなりません。代表的な条件は以下の通りです。

インプラント体を埋め込む顎骨に、十分な高さや幅があること

インプラントはあごの骨に穴を開け、そこにインプラントを埋め込む手術です。そのため、インプラントを埋入する部分の骨がしっかりしていなければなりません。

あごの骨が不足している場合は即時荷重インプラントを受けることができないので、その他の方法について相談してみると良いでしょう。

骨密度が高いこと

ただ、あごの骨があるだけでなく、その密度も求められます。治療に耐えられるほどの骨の状態かどうかについては、検査で判断してもらいましょう。

もし、骨密度が低い方に対して無理に治療を行ったりすると、うまくインプラントを固定することができず、抜け落ちてしまうリスクがあります。

即時荷重インプラントに対応している歯科クリニックを選ぶこと

即時荷重インプラントは従来の方法に比べて新しい治療法であり、すべての歯科クリニックで対応しているものではありません。まずは、即時荷重のインプラント手術に対応している歯科クリニックを探しましょう。

池袋デンタルオフィスでも即時荷重インプラント手術を行っています。高精度なシミュレーションを実現するためインプラントガイドシステムを使用したり、できる限り痛みを抑えるため静脈内鎮静法を取り入れたりしているので、安心して治療が受けられます。

即時荷重インプラントのメリット・デメリット

魅力的な即時荷重インプラントではありますが、メリットのほかにデメリットもあります。それぞれをおさえておきましょう。

即時荷重インプラントのメリット

代表的なメリットは以下の通りです。

  • 手術が完了した日から、軽い食事が可能
  • インプラントの治療費を節約できる
  • 身体への負担が少ない
  • 手術が1回で済む
  • 長期間にわたり歯がない状態を避けられる

インプラント埋入後すぐに人工歯をセットできる即時荷重インプラントの最大の魅力は、トータルで「より手軽にインプラント治療を受けられること」だと言えるでしょう。

人工歯をすぐに入れてもらえれば術後当日でも軽い食事を摂ることができます。また手術が1回で済み、治療費や身体への負担が少ないことも大きなメリットです。

通常のインプラントでは埋入してから定着するまでの間、長ければ半年ほど人工歯がない状態になってしまいます。しかし即時荷重インプラントなら長期に渡り歯がない状態を避けられます。

歯は審美性だけでなく、食事や会話など日常生活の質に大きな影響を及ぼすものであるため、歯がない状態が短期化される即時荷重インプラントは非常に魅力的でしょう。

骨の状態が良好であり、技術力の高い医師に治療を担当してもらうことができればメリットの大きな方法です。

即時荷重インプラントのデメリット

デメリットについてもご紹介します。

  • インプラントの抜けやぐらつきが生じる可能性が高い
  • 日常生活を送るなかで、仮歯が破損するリスクがある
  • 手術後3~4週間程度は、食事制限と細心の注意が必要
  • 条件を満たしている人でなければ選択できない
  • 治療に対応していないクリニックもある

その日のうちに仮歯が入るといっても、自分の歯と同じように通常の食事ができるわけではありません。安定するまでは硬い物を噛むことはできないので、注意して食事する必要があります。

また、仮歯が壊れてしまうことがあるのですが、その際にはすぐに来院し、処置を受ける必要があるので、万が一仮歯が壊れた時に、何日もクリニックに通えない状態が続きそうな方などには向いていないと言えるでしょう。

どういったスケジュールで通えば問題がなさそうか、事前に相談しておくことをおすすめします。

即時荷重インプラント手術の流れ


メリットの多い即時荷重インプラントですが、どのように手術が行われるのか、全体の流れについて解説していきます。

  1. 問診・治療計画
  2. 事前検査
  3. 当日中に仮歯まで取り付け
  4. 1カ月~3カ月後に歯を取り付け

即時荷重インプラントも通常のインプラント治療と同じように、事前の問診と治療計画が重要なカギです。じっくりと問診を行い、その患者に適した治療計画を立てることから治療を始めます。

事前検査ではCT検査・レントゲン検査にて口周辺の骨の画像を取得し、画像データをインプラント分析ソフトと呼ばれるソフトで分析。分析した結果から骨の幅や高さが即時荷重インプラントに対応できるかを判断し、さらにインプラントを埋め込む位置を決定します。

問診と事前検査が終了し、検査の結果から特に問題がないようであれば、3回目の通院でインプラントの手術を実施。手術当日に仮歯の取り付けまでを完了させます。

仮歯であっても食事はできますので、硬い食べ物など歯への負担が大きい食べ物を避ければ通常通りの生活が送れるはずです。

手術の後、1ヶ月から3ヶ月ほど経過を観察しながら最終的にセットする人工歯を作製し、問題がなければ人工歯を装着して治療完了です。

このように即時荷重インプラントでは手術当日から「歯のある状態」を実現できるため、従来の治療法の難点であった「長期間に渡り歯がない状態が続く」ことを避けられ、患者の生活の質を高めるために有効な治療法だと考えられます。

手術の特徴をよく理解したうえで検討を

新しいインプラント治療法である即時荷重インプラントについてご紹介しました。従来のインプラント治療法だとしばらく歯がない期間ができてしまうこともあるので、接客業の方など人と話をすることが多い方は悩んでしまうことがあります。

即時荷重インプラントであればその日のうちに仮歯まで入れることができるので、大きな魅力を感じられるでしょう。ただし、デメリットもあるので、本当に自分に向いている方法かも含めて、考えてみてはいかがでしょうか。