OAMインプラントとは?どのような特徴がある?

インプラント治療の革命とも呼ばれている「OAMインプラント治療」とは、どのような治療法なのかについて解説します。従来の治療法とは異なり、ドリルで大きく削ることなく治療が可能であるため、様々なリスクを軽減できるのが魅力です。
また、体への負担が小さいことから従来の治療法を選択できなかった方でも検討できる可能性があります。どのような施術なのか、どういった手順で進められるのかご紹介しましょう。メリットもチェックしてみてください。

OAMインプラントとは

OAMインプラントは名古屋市立大学医学部の非常勤講師である大口 弘先生によって考案されました。従来の治療法とは異なり、ドリルを使わないのがOAMインプラントの大きな特徴です。
極力、骨を削ることなく治療を行うことができます。従来の治療法は、土台となるあごの骨にドリルを使って穴を開け、そこにインプラントを埋め込んでいました。あごの骨を大きく削る必要があったため、体への負担もあります。

一方、OAMインプラントはあごの骨の表面に小さな穴を開けてそれを少しずつ広げることによってインプラントを埋入する新しい治療法です。穴の大きさは最小限で済みますし、ドリルで大きく削る必要がないので痛みや出血、術後の腫れなどを抑えることができます。これにより、体への負担も最小限に抑えられるのが大きな魅力です。

また、従来の治療法は、十分なあごの骨がある方でなければ選択することができず、骨が足りない方は事前に骨を増やすための治療を行わなければなりませんでした。
OAMインプラントの場合は骨を増やす手術をすることなく治療が可能であるため、骨が少ないといった理由でインプラント治療を断られていた方でも選択可能です。

OAMインプラントでは少しずつ専用器具を使って骨を広げるのですが、その際にインプラント周囲にある骨の骨密度が増すのも大きな特徴といえます。

OAMインプラント治療の具体的な手順

OAMインプラント治療はどのような手順で行われるのかについて解説します。実際に施術を行う前には丁寧な検査やカウンセリングが行われ、治療計画なども作成したうえで治療に取り組んでいくことになるので安心です。

1.インプラント埋入位置に印をつける

0.3mm程度の非常に小さな直径のドリルを使い、インプラントを埋め込む場所に印をつけます。ドリルを使いますが、削るのではなく、印をつけるのが目的です。1秒程度で終わり、痛みはありません。

2.所定の深さまで顎骨に穴を空ける

ファイルという器具を使い、手作業で顎骨に穴を開けていきます。麻酔が効いているので痛みがないほか、ドリルのような音や衝撃を感じることもありません。

3.穴を少しずつ拡大する

所定の深さまで骨に穴を開けたら、そこからは専用のOAMキットと呼ばれる器具を使用し、少しずつ穴を広げていきます。小さいサイズの器具から徐々に大きくしていくことにより、できる限り負担を感じずに穴を拡張できるのが魅力です。細かい調整を行いながらインプラントの太さまで穴を広げます。

4.OAMインプラントを埋め込む

インプラントを埋め込むのに必要な穴が開いたら、OAMインプラントを埋め込んで完了です。

OAMインプラントのメリット

OAMインプラントの代表的なメリットは以下の通りです。

  • 出血量が少ない
  • 手術時に大きな音や振動で恐怖を感じることがない
  • 短期間で治療が完了する
  • インプラントと骨が結合しやすい
  • 骨粗鬆症や高血圧の人にも適応できる
  • 体への負担が少ない

インプラント治療を検討している方の中には、あごの骨にドリルで穴を開ける大掛かりな手術であることを知り、ためらってしまう方もいます。しかし、OAMインプラントであれば、従来の治療に比べて体への負担を大きく抑えた治療が可能です。
骨を削らないため痛みはほとんどなく、出血もほぼありません。そのため、インプラント治療が気になっていたけれどためらっているという方も検討しやすいでしょう。

従来の治療法では、あごの骨にドリルで穴を開ける際、神経や血管を損傷してしまい、後遺症が残ってしまう方がいました。OAMインプラントであれば、神経や血管を損傷してしまうリスクを大幅に抑えることができます。
また、骨の幅が狭い方でも検討できる治療法です。ただ、すべての歯科医院で選択できるわけではないので、このあたりは事前に確認しておかなければなりません。

従来の治療法が選択できない方にもおすすめ

新しいインプラント治療として注目されているOAMインプラントについて解説しました。インプラント治療といえばかなり大掛かりな治療というイメージがありますが、OAMインプラントの場合はドリルで削ることなく手術をすることができるため、従来の方法よりも体への負担が少なく、検討しやすいといえるでしょう。
ただ、骨密度が高すぎて通常のドリルでなければ治療ができない方もいるので、対応可能かカウンセリングで相談してみましょう。