1本だけのインプラント治療は可能?治療費相場も紹介

歯を失ってしまった場合、ブリッジや部分入れ歯などの選択肢がありますが、インプラント治療についても検討してみてはいかがでしょうか。失った歯を放置してしまうと噛み合わせが悪くなってしまう可能性もあります。

1本だけでもインプラント治療を行えるのか、費用はどれくらいかかるかなどについてご紹介します。また、治療をするうえで注意すべきポイントも確認しておきましょう。

1本しか抜けてなくても治療は施しましょう

歯を失った場合「1本程度であれば放置してもそれほど大きな問題はないのではないか」と考えている方もいるでしょう。

しかし、抜けたのが1本だけだったとしても早期に治療について考えたほうが良いです。

放置してしまった場合、失った部分の歯の周りにある歯が空いているスペースに少しずつ移動してきます。前に倒れこむような形で寄っていくので、歯並びが大きく変化してしまう可能性が高いです。

さらに、抜けた部分の両隣の歯だけではなく、その周りにある歯まで移動してしまうことがあります。

歯並びが悪くなればブラッシングしづらくなり、虫歯や歯周病のリスクも高まるでしょう。また、発声障害咀嚼障害につながることもありますし、何よりも見た目がよくありません。

放置することなく、早期に治療するのがおすすめです。

1本だけのインプラント治療は可能?

インプラント治療は、1本のみでも可能です。ブリッジや部分入れ歯の場合は失った歯の両隣を支えとして歯を入れるため、周辺の歯に負担をかけますが、インプラントは独立して治療ができます。

そのため、健康な歯に影響は与えない治療方法を検討しているのであれば、インプラント治療が向いているでしょう。

インプラント1本の治療費相場

インプラント1本あたりの治療費相場は、32~40万円程度です。クリニックで治療費を決められる自由診療であるため、具体的な費用はクリニックによって違いがあります。

地方に比べ都心部は相場より高く設定されていることがあるので、事前によく確認したほうが良いでしょう。

なお、基本的に全額自己負担となり、保険は適用できません。

処置費の項目としては、以下のようなものが挙げられます。

  • カウンセリング代
  • 検査代
  • 手術代
  • 経過観察、メンテナンス代
  • 上部構造費
  • 人件費
  • その他

インプラント治療では部品をあごの骨に埋め込む必要があるため、骨が不足しているような場合、先に骨を増やす治療が必要です。また、歯周病などが進行している場合は、同じく先に治療しなければなりません。

その他の治療や対処が必要な場合は、相場よりも高くついてしまうことがあります。治療完了までにどの程度の費用がかかるのか医師によく確認しておきましょう。

「1本だけだから安く済ませたい」が危険な理由

インプラント治療をするにあたり「1本だけだからできるだけ安く済ませたい」と考えている方もいるでしょう。しかし、費用を重視してクリニックを選ぶのはおすすめできません。

なぜなら、適切な治療をするためにはどうしても費用がかかるからです。

前述したように、インプラント治療を行うためには、カウンセリングや検査、経過観察などが必要になります。もちろん、使用されるインプラント関係の部品類の質も費用と大きく関係しています。

もし、相場と比較して極端に安い治療費を提示しているクリニックがあった場合、必要な項目を削っている可能性もあるでしょう。さらには審美性や機能性などで問題がある粗悪なインプラントの部品を使っている可能性もゼロではありません。

インプラント治療は、外科治療です。一般的な虫歯治療などに比べると大掛かりの治療であるため、費用だけで選ばないように注意しましょう。

実際に安さ重視でずさんな治療を受けてしまい、噛み合わせが悪くなった、物を噛むたびに痛みがあるなどのトラブルに悩まされている方もいます。

それから、見せかけの形で費用を安くし、実際には高額な費用がかかるクリニックがあるので、この点も注意が必要です。例えば、1本○○円と提示されている費用に含まれているのは手術費用のみであり、その他の項目が含まれていない可能性もあります。

治療にあたり見積書を作成してもらえるので、明らかに含まれていない項目がある場合は注意が必要です。不明な費用がある場合は説明してもらい、理解したうえで治療を受けるようにしましょう。

インプラント治療で失った歯をカバー

インプラント治療ならその他の歯に大きな悪影響を与えることなく、失った部分の歯1本だけでも治療が可能です。失った歯が1本だけだったとしても、放置すると噛み合わせなどに悪影響をもたらしてしまう可能性があります。

できるだけ早い段階でインプラント治療などを検討してみてはいかがでしょうか。

その際、どれくらいの費用がかかるのかについてはクリニックによって変わってくるので、よく確認が必要です。カウンセリングで話を聞き、納得したうえで治療を受けましょう。