インプラントをしたいけどお金がない時はどうすればいいのか?

インプラント治療は失った歯を補う方法として非常に優れています。部分入れ歯やブリッジにしたものの機能面や見た目などで満足できず、インプラント治療に切り替える方も多いです。

ただ、インプラント治療は全額自己負担となる自由診療であり、保険が適用されません。そのため、インプラントをしたいけどお金がないと悩んでいる方も多いです。

費用面の心配がある方のため、費用相場や治療費負担を抑える方法などについて紹介します。

「インプラントをしたいけどお金がない」はよくあるお悩み

インプラントをしたいけどお金がないと悩んでいる方はとても多いようです。部分入れ歯やブリッジを選択している方の中には「お金の問題がなければインプラントを選択したかった」という方もいます。

通常、虫歯や歯周病などの歯科治療では保険診療が適用されるため、自己負担は治療費用の1~3割です。10万円かかる治療を行っても自分が払うのは1~3万円で済みます。

ですが、保険適用外の治療となるとすべて自分で負担しなければなりません。インプラント治療でも保険適用になるケースはありますが非常に稀であり、基本的には全額自己負担です。

インプラント治療の費用相場

インプラント治療にかかる費用相場としては、1本あたり32~40万円程度です。歯科医院によって金額が異なります。

中には1本10万円程度の非常に安い料金設定を行っている歯科医院もあるようですが、技術面、品質面などに問題がある可能性も考えられます。相場と比較してあまりにも安く治療ができるのには、何か理由が隠れていると考えた方が良いでしょう。

安い金額が提示されているものの、その費用の中にはインプラント本体の費用しか含まれておらず、手術費などは別途かかるようなケースもあります。

総合的にどの程度の費用がかかるのかについては必ず確認が必要です。

治療費については『インプラント治療の費用相場を知っておこう』で詳細に説明しているので、ご覧ください。

インプラント治療の負担を少しでも低くする方法

インプラントの治療費は高額です。そこで、少しでも負担を抑えるための方法について解説します。

医療費控除を使用する

ぜひとも活用したいのが、医療費控除です。医療費控除とは、1年間の医療費を合計して10万円以上だった場合、申告することによって所得税や住民税が軽減される制度です。

直接的に医療費を抑える効果はありませんが、所得税や住民税の軽減といった形で費用負担が抑えられます。

医療費控除については『インプラント治療の医療費控除について|方法と還付額についても解説』でも紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

高額療養費制度を利用する

高額療養費制度とは、ひと月に一定金額を超える医療費が発生した場合にその分を支給してもらえる制度です。年齢や所得金額により、設定される一定額は変わります。高額療養費制度の利用を検討しているのなら、自分の場合はいくら以上が対象となるのか確認してみてください。

分割払いを使用する

歯科医院の中には、デンタルローンといった形で分割払いが選択できるところがあります。一括で支払いが難しい場合はデンタルローンを活用しましょう。

分割払いについて詳しくは『デンタルローンとは?メリットやカードローンとの違いを解説』で説明しているので、ご覧ください。

クレジットカードで支払う

お手持ちのクレジットカードを支払いに利用できる歯科医院もあります。ポイント還元率が高いカードを選択すれば、わずかではありますが治療費を抑える効果も期待できます。

治療後は毎日のケアで長持ちさせよう

インプラント治療を行ったあとは、毎日のケアをしっかり行うことにより不具合やメンテナンスを減らし、総合的な費用を抑えることに繋がります。インプラント自体も長持ちさせられるので、丁寧なケアを心がけてみてください。

メンテナンスに関しては『インプラントのメンテナンス方法!歯科医院で受ける場合と自宅で行う方法を紹介』でさらに詳細に解説しています。ぜひご覧ください。

インプラント治療はメリットが大きい

インプラント治療について考えた際に「お金がないし、費用が高額」と、部分入れ歯やブリッジを選ぶ方がいます。

ですが、確かに費用面での負担は大きくなってしまうものの、自分の歯と同じ感覚で食べられる、取り外してメンテナンスする必要がない、審美性に優れているなどさまざまなメリットがあります。

また、ブリッジとは異なり健康な歯を土台にするために削る必要もありません。費用については分割払いにするなどの選択肢もあるので、インプラント治療についても検討してみてはいかがでしょうか。

インプラントのメリットについて詳しくは『インプラント治療のメリットについて紹介』で解説しているので、参考にしてください。