インプラントの処置費について解説(検査代・手術代・メンテナンス代など)

インプラント治療では、材料費のほか、検査代や手術代、メンテナンス代といった処置費がかかることになります。治療を受ける前に見積もりを提出してもらうことができるので、それぞれの内訳についてよく確認したうえで検討してみると良いでしょう。
材料費や処置費として、どれくらいの費用がかかるのか相場についてご紹介するので、参考にしてみてください。

インプラント治療にともなう処置費の仕組み

インプラント治療では、処置費+材料費によって合計金額が決まることになります。材料費とは、治療をする際に必要になるインプラント体とも呼ばれる本体、人工歯の部分にあたるかぶせ物の上部構造、これら2つをつなぐアバットメントの3つにかかる費用です。
これらはそれぞれ費用が設定されているため、治療の見積書を確認する際には、内訳が書かれているかを確認しておきましょう。

また、処置費の内訳についても、必ず確認が必要です。インプラント治療は健康保険が適用されない自由診療であるため、歯科医院が費用を決めることができます。相場に比べて高いところもあれば安いところもあるので、治療費だけで決めるのではなく、それぞれの材料費や処置費が適切かどうかについても確認しておくと安心です。

インプラント治療における具体的な処置費の項目とは

前述したインプラントの部品にかかる費用だけではなく、他にも様々な処置費がかかります。大分的なものは以下の通りです。

カウンセリング代

インプラント治療を受ける際には、事前に丁寧なカウンセリングを行わなければなりません。カウンセリングが無料か有料かについては、歯科医院によって異なります。相談や簡単な検査のみであれば無料というところが多いですが、本格的な検査もともなうカウンセリングの場合はほぼ有料です。

検査代

どのようなインプラント治療を行うのか明確にするため、X線写真、CT写真の撮影などを行い、詳細な検査が行われます。歯型の模型を作成するための模型代なども含まれます。

手術代

外科治療であるインプラント手術に関する処置費です。選択する麻酔によって処置費が変わることが多いので、このあたりについてもよく確認しておきましょう。薬代や手術に必要な器材費や、埋入するインプラント体の費用なども含まれています。
また、現在のお口の中の状態によっては、ただインプラントを埋入するための手術だけでなく、事前にあごの骨を増やしたり、歯茎を移植したりする手術を行わなければならないようなケースもあります。

こういった場合は別途、手術費がかかるので、事前に行われる検査結果についてよく話を聞き、どのような手術が必要なのか理解しておきましょう。追加で行わなければならない手術や治療が増えれば、それだけ処置費がかかります。

経過観察、メンテナンス代

X線写真、CT写真などを用いて経過観察を行います。治療完了後のメンテナンス代については、総合的な費用に含まれているものもあれば、別途設定されていることもあるので、確認が必要です。

上部構造費

型取りや治療期間中に使用する仮歯の費用、人工歯である上部構造の材料費、技工料などがかかります。
上部構造には、金属にセラミックを焼き付けるメタルボンドやジルコニアクラウンなどの種類があり、どの材料を使用するのかによって費用がかかるので、気になることがあれば相談してみましょう。

人件費

インプラント手術や治療をする際に必要な検査を行う歯科医師、歯科衛生士などの人件費も費用に含まれています。

その他

設備代、賃料なども治療費に影響しています。また、再治療の際の保証料についても確認が必要です。

インプラント治療の処置費用相場とは

材料費や処置費などをすべて含め、インプラント1本あたりの全体的な相場は32万円~40万円程度となっています。追加の治療や抜歯などが必要になった場合は別途費用がかかるので、よく確認をしておきましょう。

前歯と奥歯の治療費について

奥歯に比べて前歯は見やすいこともあり、より慎重に手術を行わなければなりません。歯を支える骨である歯槽骨や歯茎のバランス調整を細かく行う必要がありますし、前歯が抜けてから時間が経っている場合は、土台となる部分の骨が薄くなっている可能性があるため、骨造成手術が必要になるのです。
ただ、奥歯についても神経を傷付けないように詳細な検査を行ったり、しっかりと物を噛むことができるように調整したりしながら治療を行う必要があるため、奥歯なら安い、前歯なら高いとはいえません。
多少費用差が発生することはありますが、同様の治療であれば前述した相場32万円~40万円程度となるのが一般的です。

すべての歯をインプラントにする場合の費用相場

1本あたりの相場についてご紹介しましたが、すべての歯をインプラントにする場合は、数本のインプラントで上顎全体、または下顎全体を支えられる治療法があります。1本ずつ埋入するよりも埋入しなければならないインプラントの本数が少なくなることから費用を抑えることが可能で、相場は19万円~24万円ほどです。

材料費と処置費の両方を確認

インプラント治療は、使用する材料の費用と治療にかかる処置費によって総合的な費用が変わります。自由診療扱いになるので、一般的な保険が適用になる治療よりも高額になることが多いです。
また、追加で手術が必要になった場合にはその費用も発生することになるので、自分の場合はどれくらいの費用がかかりそうか、事前に行われる検査でよく確認しておくと良いでしょう。