インプラントがあっても歯列矯正は可能?

インプラント治療をきっかけに自分の口腔内を更に良好にしたいと考える方が多いです。その際、歯並びが気になり、歯列矯正を検討している方もいるでしょう。
しかし、インプラント治療を行ったあとに歯列矯正をすることは可能なのでしょうか。歯並びを改善したい方のために、インプラント治療と歯列矯正の関係などについて解説します。

インプラント治療後の歯列矯正は可能

基本的にインプラント治療をした後でも歯列矯正を行うことは可能です。歯並びが気になるであれば、治療を受けた歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。歯列矯正の代表的な方といえば、ブラケットと呼ばれるワイヤーを用いた方法とマウスピースを使った方法がありますが、このどちらでも選択することができます。

ただし、歯列矯正治療でインプラント本体を動かすことはできません。そのため、インプラント治療を行った箇所はそのままにすることを前提として全体的、または部分的な矯正について検討することになります。

インプラント治療後の歯列矯正にともなう前提条件とは

インプラント治療後に歯列矯正を考えているのであれば、前提条件からおさえておきましょう。

口内環境の状態やインプラントの本数によって異なる

基本的にインプラント治療後でも歯列矯正をする事は可能ではありますが、中には難しいケースもあります。例えば、歯周病が悪化している関係であごの骨が薄かったり、少なかったりするようなケースです。
また、歯列矯正をする際には歯に力をかけることになるので、虫歯が非常に進行していてその力に耐えられないようなケースでは治療を断られることがあります。
それから、どの程度(何本)インプラントが入っているのかによっても治療可能かどうかが変わります。前述したように矯正治療でインプラントを動かすことはできないため、インプラントの数が多い場合は歯列矯正できないことがあるのです。

インプラント本体を動かすことはできない

ブランケット、マウスピースのどちらでもインプラント本体を動かすことはできません。これは、矯正で歯が動くのは歯の周りにある「歯根膜」の働きであり、インプラントには歯根膜がないからです。
歯根膜は、歯にかかった圧力を抑えるためのクッションのような役割を果たしている薄い膜で、常に一定の厚さを保つ性質を持っています。
矯正治療で歯に圧力をかけると力が加えられている側と逆側で歯根膜の厚さが変わるため、厚さを一定に保つため圧力を加えられている側の骨を溶かす細胞が現れ、骨を溶かして隙間を作るのです。
この隙間に歯が移動することによって、少しずつ歯を動かすのが歯列矯正治療となります。そのため、歯根膜がないインプラント部分は歯列矯正をしても動くことはなく、そのままです。

同時進行で治療を進めることは不可能

インプラントはあごの骨に穴を開けてインプラントを埋め込み、そこに人工歯を取り付ける治療です。インプラントがあごの骨と結合するまで負荷を与えることはできないので、インプラントの治療と歯列矯正を同時に行うことはできません。同時に行うと体への負担が大きくなってしまいます。
どういった形で治療を行っていけば良いのかについては、歯科医院で相談してみましょう。

インプラントの治療後に歯列矯正を検討しているのであれば、インプラントとあごの骨がしっかりと結合し、状態が安定してから歯列矯正を行っていくことになります。

インプラント治療のやり直しが必要になる可能性は低い

インプラントが動かないのであれば、歯列矯正をするにあたりインプラント治療をやり直さなければならないのかというと、そんなことはありません。インプラントはそのままで理想的な矯正ができるよう計画を立てて進めます。

インプラント治療後の歯列矯正にまつわる可否を調べる方法

基本的にインプラント治療後に歯列矯正をすることはできるのですが、これは個人の状況によって変わってきます。歯を失った本数とインプラントを入れる数、歯並び、虫歯や歯周病の進行状況によって異なるので、詳細については歯科医院で適切な検査や診断を受けましょう。
また、歯列矯正について検討しているのであれば、インプラント治療を始める前に歯列矯正についても相談することをおすすめします。インプラント治療も歯列矯正も長い治療期間が必要になるので、信頼できる歯科医院に相談することが非常に重要です。
インプラント治療と歯列矯正の両面で信頼できる歯科医院に相談しましょう。

まずは相談から始める必要がある

インプラント治療をしていても歯列矯正をすることができるかについて解説しました。基本的にインプラント治療後でも歯列矯正は可能なので、まずは歯科医院で検査を受け、治療計画について相談してみましょう。
なお、すべてのケースで歯列矯正が可能なわけではありません。インプラント本体を動かすことはできないため、このあたりも考慮して検討する必要があります。