補綴治療とは?どのような治療なのか

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合、それを補うための治療が、歯科補綴(ほてつ)治療です。具体的にどのような種類があるのか、それぞれどういった特徴を持っているのかなどについて解説します。
自分にとって最適な歯科補綴治療を検討したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。また、なぜ補綴治療を行わなければならないのかについてもご紹介します。

補綴治療とは

歯科補綴治療とは、天然歯を失った部分を人工物で補うための治療法のことです。入れ歯やブリッジ、被せ物(クラウン)、インプラントといった治療法があります。
補綴治療を行うことにより、見た目だけでなく、お口の機能を改善させることが可能です。補綴治療で使用する補綴物は歯科技工士によって作られており、一人ひとりの患者さんのお口の中に合わせ、最適なものも作成します。

どの補綴物を選択するのかによってメリットとデメリットが異なるため、歯科補綴治療を選択する際にはそのあたりもよく考慮して検討しましょう。また、歯科補綴治療は一度行ってそれで完了ではなく、定期的なメンテナンスを行わなければなりません。信頼できる歯科医院で相談してみてください。

補綴治療の種類とそれぞれの特徴

歯科補綴治療の中でも代表的な被せ物、入れ歯、ブリッジ、インプラントについてそれぞれ特徴や、おさえておきたいポイントについて解説します。

補綴治療の種類【被せ物】

被せ物はクラウンとも呼ばれるもので、歯肉から下の部分である歯根が残せる場合に選択可能な治療法です。歯肉から上の部分にあたる歯冠がほとんどなくなってしまった場合の治療で用いられています。虫歯などで削った部分を補うために選択されることが多いです。
被せ物には様々な種類がありますが、一部保険が適用される硬質レジン前装クラウンや硬質レジンジャケットクラウン、メタルクラウンなどのほか、保険が適用できないメタルクラウン、ハイブリッドセラミッククラウン、メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウンなどがあります。

また、コアと呼ばれる土台を立てる必要があるのですが、こちらも保険適用のものと適用外のものがあります。保険適用のものは安く済みますが、審美性が低いものもあるほか、金属の成分が歯や歯肉を黒くしてしまうことがあるのがデメリットです。

補綴治療の種類【入れ歯】

部分的に失ってしまった歯を支える部分入れ歯、すべての歯を失った場合にそれを補う総入れ歯の2種類があります。部分入れ歯は、支えとなる周りの歯にクラスプと呼ばれるバネをかけて、入れ歯を支える方法です。
従来の治療法ではクラスプが目立つのがデメリットではありましたが、近年は留め金が使われていないノンクラスプデンチャーも普及が進んでいます。

補綴治療の種類【ブリッジ】

ブリッジとは部分的に失った歯を補うための治療法で、失った歯の両隣にある歯を土台として人工歯を設置する方法です。保険が適用されるものもあるため、治療費を安く抑えられるのがメリットだといえるでしょう。
ただし、耐久性はインプラントほど高くありません。また、支えとなる歯は例え健康でも多少削らなければならない点に注意が必要です。

補綴治療の種類【インプラント】

歯科補綴治療の中でも機能性と審美性に優れているのがインプラント治療です。インプラントは、あごの骨を土台として骨と結合するチタンで作られたインプラントを埋め込み、人工歯を取り付ける治療法となっています。
骨を土台としていることもありとても安定感が高いのが特徴です。更に、ブリッジや入れ歯に比べると噛む力が強いので、自分の歯と同じように扱うことができます。
保険が適用されないので治療費が高額になるのがデメリットではありますが、天然歯と同じような感覚で食事を楽しめるのが大きなメリットです。

歯科医療において補綴治療が重要な理由

失った歯をそのままの状態にすると、様々なトラブルに繋がります。例えば、周りの歯が少しずつ倒れてきたり、噛み合わせや全体的なバランスが悪くなってしまったりすることも珍しくありません。
更には発音しづらくなったり、見ためにコンプレックスを感じたりすることにも繋がるため、顎関節に悪影響を及ぼすことも考えられます。中でも噛み合わせの不調は全身の不調にもつながるので、歯を失ってしまったのであれば早い段階で補綴治療について検討をしたほうが良いでしょう。
歯を失っている期間が長くなるとそれだけ補綴治療する際の調整にも時間がかかってしまいます。

歯科補綴治療で快適な口内環境を実現

歯を失ってしまったり、大きく削ったりした場合に選択される歯科補綴治療について解説しました。抜けた歯や、削った部分の詰め物が取れた歯はそのままにするのではなく、補綴治療でしっかりと補いましょう。
どの方法を選択するのかによってかかる費用や、治療期間は変わってきます。また、現在のお口の中の状態によっても最適な治療法が変わってくるので、相談してみてください。