20代でインプラント治療は行うべき?

インプラント治療は、特に40代~60代の方に検討されている治療法なのですが、20代でも事故や虫歯などによって歯を失ってしまい、インプラント治療を検討する方がいます。高齢者に比べて治療がしやすいこと、体力があるなどはメリットですが、金銭的な問題や、治療後は定期的なメンテナンスが必要であるといったデメリットもあるのでご紹介しましょう。

20代でインプラント治療が適応となるケースとは?

どのような場合に20代でインプラント治療を検討する方が多いのか、代表的なケースについて解説します。

事故や虫歯などで天然歯を失った場合

永久歯を事故や虫歯などによって天然歯である失ってしまった場合、歯の機能性を取り戻すためにインプラント治療を受ける選択肢があります。他に失ってしまった歯をカバーする方法としてブリッジや入れ歯が挙げられますが、ブリッジの場合は例え健康な歯でも、支えとなる両隣の歯を削らなければなりません。特に、失った歯が1~2本程度と少ない場合、ブリッジにして健康な歯を削ってしまうよりも、他の歯に影響を与えないインプラントが適しているケースが多いです。

虫歯や歯周病などの口内トラブルで多数の天然歯を抜いた場合

たくさん抜けてしまった場合は、総入れ歯や部分入れ歯などの選択肢がありますが、20代でこれらを選択することに抵抗を感じてしまう方が多いので、そういった場合にはインプラント治療が向いています。失った歯の本数だけインプラントを埋入するとなるとかなりの費用がかかりますが、連結した入れ歯を支えるインプラントを埋入することにより、埋入本数を減らせる方法があるので、費用を抑えることも可能です。

20代のインプラント治療にまつわるメリット

インプラント資料について考えた際に、20代だからこそのメリットがいくつかあります。代表的なものは以下の3つです。

高齢者に比べて骨が強い

インプラントは、顎の骨に土台となるチタンを埋める必要があるのですが、顎の骨が衰えている場合、支える力が弱いので治療が受けられなかったり、骨を増やす治療を先に受けたりしなければなりません。そのため、骨が衰えている方が多い高齢者は治療に時間がかかることがあるのですが、20代はこういった心配が少なく、治療しやすい環境が整っているのがメリットです。土台の骨が弱いためにぐらつきが発生したり、定着するまで長い期間がかかってしまったりするトラブルを抑えることができます。

治療に耐えうる十分な体力がある

インプラント治療は外科治療であるため、体力がない方は手術ができないことがあります。20代は高齢者に比べると体力が多い方がほとんどなので、体力的な面でも検討しやすいです。

審美的で見た目に自信を持てる

インプラントは自分の歯と歯変わらない見た目なので、ブリッジや差し歯のように違和感がありません。自分の口元に自信を持つことができるようになるので、見た目に関するメリットも大きいです。

20代のインプラント治療にまつわるデメリット

インプラントはとても魅力的な治療方法ではありますが、デメリットについてもおさえておきましょう。注意しておきたいポイントを解説します。

保険対象外である

一般的な虫歯治療などとは異なり、保険が適用されず全額自己負担となります。そのため、治療費の問題があってなかなかインプラント治療を選択できない20代の方が多いようです。だからといって他の歯科医院と比較して安すぎる歯科医院は安いなりの理由が隠れている可能性があるので注意しておかなければなりません。
インプラント治療は確かに高額ではありますが、機能性と審美性に優れている点や、他の歯に悪影響を与えないなどのメリットが大きいので、費用に見合った価値を実感することができます。

治療期間が長い

ブリッジや入れ歯は数回の治療で済みますが、インプラントの場合は治療が完了するまでに数ヶ月かかり、なおかつ定期的なメンテナンスが必要です。定期メンテナンスをサボってしまった場合には状態が悪化しやすく、せっかくお金をかけて治療をしたのが無駄になってしまう可能性もあるので気をつけましょう。
勉強や仕事が忙しくて頻繁に歯科医院に通うのが難しい方の場合、この点もデメリットだといえます。

選択肢の一つとして相談を

20代でのインプラント治療についてご紹介しました。ただ、失った歯をカバーする方法としては他にもブリッジや入れ歯などの選択肢があります。確かにインプラント治療は優れた治療法ではありますが、20代では治療費を工面するのが難しい方もいるので、本当に自分にインプラント治療が合っているのか、その他の治療法を選択した場合にはどのようなメリット、デメリットがあるのかも含めて相談してみると良いでしょう。治療について複数提案してくれる歯科医院を選択しておくと安心です。