総入れ歯より安定するインプラントオーバーデンチャーとは?

たくさんの歯を失ってしまった場合に適している治療法が、インプラントオーバーデンチャーです。インプラントといえば1本ずつ人工歯を埋入していく治療法を想像する方もいるかもしれませんが、オーバーデンチャーであれば片顎全体の失った歯を補うことが可能です。

インプラントオーバーデンチャーとはどのような治療法なのか、代表的なタイプ、メリット、デメリットなどについて解説します。

インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャーとは、あごの骨に2~6本のインプラントを埋入し、そこに入れ歯を固定する治療方法のことをいいます。アタッチメント義歯とも呼ばれる治療方法です。

総入れ歯との違い

インプラントオーバーデンチャーと総入れ歯との大きな違いとして、オーバーデンチャーの方が安定性において優れていることが挙げられます。

オーバーデンチャーは入れ歯と同様に取り外しが可能なのですが、入れ歯のように思わぬタイミングで外れてしまうことはありません。しっかり固定されるため、自分の歯と同じように安定して噛めるのが特徴です。ただ、入れ歯とは違い、オーバーデンチャーは外科治療が必要となります。

オールオンフォーとの違い

インプラントオーバーデンチャーは入れ歯に分類されるのに対し、オールオンフォーはインプラントブリッジに分類されるのが大きな違いです。

オールオンフォーは、オーバーデンチャーと同様にインプラントを埋入して人工歯を取り付ける方法ではありますが、オーバーデンチャーが2~6本のインプラントを埋入するのに対し、オールオンフォーでは4本のインプラントを埋入して固定します。

2本インプラントを埋入するオーバーデンチャーで対応できた場合、費用や身体への負担はオーバーデンチャーのほうが抑えられることが多いです。

ただ、安定性や噛む力は、オーバーデンチャーと違って取り外せないオールオンフォーのほうが高いといえます。

インプラントオーバーデンチャーの4タイプ

インプラントオーバーデンチャーには、いくつか種類があります。代表的な4タイプについて解説します。

ボールタイプ

下あごのオーバーデンチャーで使われることが多い方法です。インプラントと人工歯を接合するアバットメントと呼ばれる部分がボール状になっており、そこに入れ歯の裏側に取り付けた部品をセットする形で取り付けます。安定性が高いのが特徴です。

バータイプ

インプラント体にアバットメントを装着し、バーと呼ばれる部品で連結してから入れ歯にセットする方法です。とても強く固定され、外れにくい特徴を持っています。

磁石タイプ

磁石のそれぞれが引き合う力を活用して入れ歯とインプラントを固定する方法です。ずれにくく、脱着もしやすいタイプといえます。

ロケータータイプ

アバットメントにロケーターという器具を取り付け、入れ歯側に取り付けたロケーターに固定される留め具に固定する方法です。しっかりと固定され、取れてしまうことはほぼありません。

インプラントオーバーデンチャーのメリット

インプラントオーバーデンチャーには、以下のようなメリットがあります。

  • 入れ歯よりもしっかり固定され、ずれたり、外れたりする心配が少ない
  • 使用中の入れ歯を加工して使えることもある
  • 噛む力が強いことに加えて安定性が高く、会話もしやすい
  • 取り外せるのでお手入れしやすい
  • 1本ずつインプラントにするのに比べて埋入するインプラント本数が少なく済む
  • あごの骨が少なく、通常のインプラント治療が難しい方でも選択できることがある

インプラントオーバーデンチャーは、通常の入れ歯をしっかり固定できるようになる治療法をイメージするとわかりやすいです。1本ずつインプラントにするよりも、コストや身体への負担も抑えられます。

インプラントオーバーデンチャーのデメリット

インプラントオーバーデンチャーにも、いくつか注意しておかなければならないデメリットが存在します。以下を確認しておきましょう。

  • 噛む力が強くなる分、入れ歯が割れやすくなる
  • 入れ歯の違和感を完全に取り除くことは難しい
  • 入れ歯が苦手な人には向いていない
  • 治療が適していない人もいる
  • 通常のインプラントと比較すると噛む力が弱い

インプラントオーバーデンチャーは、現在の入れ歯が外れやすい、ずれやすいなどに悩みを抱えている方には向いていますが、一般的なインプラント治療と比べると噛む力は落ちます。

また、入れ歯であることには変わりないため、入れ歯が苦手と考えている方には向いていないでしょう。

医師によく相談したうえで検討を

インプラントオーバーデンチャーの特徴やメリット、デメリットなどについて解説しました。

入れ歯にした際に抱えやすい悩みを改善するのに役立つ選択肢です。ただ、他にもオールオンフォーなどの選択肢がありますし、残っている歯の本数によっては通常のインプラント治療も検討できることがあります。

自分にインプラントオーバーデンチャーが向いているかどうかについては医師に良く確認してみてください。