入れ歯の寿命(耐用年数)は何年?少しでも延ばす方法も解説

自分の歯を失ってしまい、それをカバーするために入れ歯を作ろうと考えている方もいるでしょう。入れ歯は丈夫なものではありますが、耐用年数があります。耐用年数を過ぎなくても、不具合が出たような場合は、作り直さなければなりません。

そこで、入れ歯の平均寿命はどの程度なのか、できる限り寿命を延ばすにはどのような方法があるのかについて紹介します。

入れ歯の平均寿命(耐用年数)

入れ歯の平均寿命は4~5年程度です。そのため、これから入れ歯を作ろうと考えているのであれば、定期的に作り直す必要があることを知っておかなければなりません。

入れ歯は使えば使うほど少しずつ劣化していくものなので、長年使い続けてすり減ったり、緩くなったりした入れ歯を継続して使わないようにしましょう。外れやすくなったり、噛み合わせが悪くなったりしてしまう可能性もあります。

入れ歯の耐用年数は個人差も大きいです。普段から適切な手入れができている方であれば平均寿命よりも長持ちすることも珍しくありません。毎日丁寧に取り扱い、念入りな手入れをするように心がけましょう。

入れ歯の寿命を延ばす方法

平均寿命よりも入れ歯を長持ちさせたいと考えているのであれば、普段の取り扱いなどに注意が必要です。入れ歯の寿命を延ばす方法について解説します。

毎食後に手入れする

夜寝る前に入れ歯をキレイにしている方は多いのですが、できれば毎食後に手入れをするのが理想です。丁寧に手入れをすることにより、口臭や口内炎などのリスクが抑えられるほか、色素や歯石の沈着を予防することにもつながります。

手入れをする際は、入れ歯を取り外してから入れ歯専用のブラシで洗いましょう。一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、使わないようにします。柔らかい部分もスポンジやガーゼなども使い、汚れを落としましょう。

就寝前に手入れする

就寝前は、より丁寧なお手入れが必要です。手入れ後の入れ歯は取り外し、水に入れて保管しましょう。装着したままで寝てしまうと就寝中に口内で雑菌が繁殖し、口内環境が悪化してしまう恐れがあります。

水に入れて保管する場合、3日に1度程度は入れ歯用の洗浄剤で除菌することをおすすめします。

歯科医院の定期メンテナンスを受ける

定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることも重要です。普段から丁寧なお手入れができていればメンテナンスは必要ないのではないかと考える方もいますが、少しずつ変化する噛み合わせのトラブルなどをいち早く見つけてもらうのにも役立ちます。

部分入れ歯の場合、入れ歯自体に問題がなくても入れ歯を支えている周囲の歯にトラブルが発生することも少なくありません。普段の歯磨きだけでは取り除けない汚れもあるので、定期的に歯科医院で汚れを取り除いてもらいましょう。

失った歯を補う他の治療法の寿命との比較

失った歯を補う方法として、入れ歯の他にブリッジやインプラントといった選択肢があります。これら2つの治療法は、どの程度の耐用年数があるのでしょうか。特徴についても解説します。

ブリッジ

ブリッジの耐用年数は、7~8年程度です。4~5年程度の耐用年数である入れ歯と比較すると、長持ちするといえます。

ブリッジとは、失った歯の両隣にある歯を支えとし、3~4本連結した人工歯を装着する方法です。失った歯が1~2本、多くても3本までの場合にブリッジが適用となります。

入れ歯よりも長持ちすること、違和感がないこと、噛む力が強いこと、さらには審美性が優れているのが魅力です。ただ、支えとなる両隣の歯は健康であっても削らなければならず、負担をかけることになってしまいます。

インプラント

インプラントの耐用年数は10~15年とされており、適切にメンテナンスを行いながら使い続けていれば半永久的に使用できるとされています。

そのため、入れ歯と比較すると大幅に寿命が長いといえるでしょう。保険が適用にならないことから費用が高くかかってしまいますが、ブリッジ以上に違和感がなく、噛む力、審美性も優れています。

さらに、歯を失った部分のみ独立して治療ができるため、周囲の歯に負担をかけません。

インプラントの寿命に関することは『インプラント治療後の寿命と長持ちさせる方法を解説』で詳細に解説しています。こちらも参考にしてください。

長い寿命で見るとインプラントが優れている

入れ歯の寿命や、耐用年数以上に長持ちさせるためのポイントについて解説しました。できるだけ長持ちする人工歯を検討したいと考えているのであれば、入れ歯よりもブリッジ、ブリッジよりもインプラントがおすすめです。

インプラントは自分の歯のように扱えますし、入れ歯のように取り外して手入れする必要もなく他の歯と同様に歯磨きで対応できます。

インプラントにはどういったメリットがあるのか『インプラント治療のメリットについて紹介』でまとめているので、参考にしてください。