インプラント治療は痛くない?使用される麻酔法についてご紹介します

インプラント治療では外科手術を行うことになります。そのため、痛みが心配という方もいるのではないでしょうか。そこで、インプラント治療は痛くないのかについて解説します。
基本的には痛みに弱い方でも安心して治療を受けられます。治療中に使用される麻酔法や、術後に痛みが発生することはあるのかなどについても参考にしてみてください。

インプラント治療は痛くないって本当?

インプラント治療における痛みとは、おもにインプラント体を埋め込むために歯肉を切開することによるものです。ですが、インプラント治療ではしっかり麻酔をしてから治療を開始することになります。そのため、個人差はあるものの治療中に大きな痛みを感じるようなことはありません。痛みが心配で治療を検討できずにいる方も心配はいらないでしょう。

また、歯肉を極力切開することなくパンチで穴を開けてインプラントを埋入するフラップレス手術という方法もあります。しかし、フラップレス手術は選択できる方とできない方がいますし、歯肉を切開しないことから血管までの距離をつかみづらいなどのデメリットもあるため、慎重に検討が必要です。

インプラント治療で主に使用される麻酔法

インプラント治療では局所麻酔や静脈内鎮静法、笑気吸入鎮静法などの麻酔法が行われることになります。それぞれについて解説します。

局所麻酔

インプラント治療は大掛かりな外科手術を想像する方もいますが、基本的に全身麻酔ではなく局所麻酔で行われることになります。局所麻酔とは、局所に麻酔薬を注入することにより、その部分の感覚を一時的に消失させる方法です。局所麻酔の場合は意識がある状態で手術することになります。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、点滴で麻酔薬や鎮静剤を投与する方法です。徐々に意識が薄れてほとんど寝ているときのような感覚で治療を受けられます。全身麻酔の場合は完全に意識を失うことになりますが、静脈内鎮静法では意識があり、医師からの呼びかけにも対応可能です。また、全身麻酔の場合は基本的に入院が必要ですが、静脈内鎮静法は日帰りでの手術に対応できます。
局所麻酔の場合、痛みはないものの切られている感覚やドリルであごの骨に穴を開けられている感覚がありますが、そういったものが心配な方は静脈内鎮静法のほうが向いているでしょう。他にも、数本インプラントを埋め込む場合や、治療中に口の中を刺激されると「オエッ」となってしまう嘔吐反射が起こる方にも向いています。

注意点として、自分で車やバイクなどを運転して帰宅するのは危険なので避けましょう。手術後は眠気が残る可能性があるからです。同伴してくれる家族がいれば、送迎をお願いしたほうが安心です。また、帰宅後も激しい運動などは控える必要があります。

なお、静脈内鎮静法を希望する場合は別途費用がかかることになります。インプラント治療は保険適応外であり、静脈内鎮静法も保険が適用されないので、事前に費用について確認しておくと良いでしょう。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法とは、鼻から酸素と「笑気」という麻酔ガスを混ぜたものを吸う方法です。吸入したガスは呼吸をすることによって体外に排出されることになるため、体内には残りません。
弱い沈静作用に加えて睡眠作用と鎮痛作用があるのが特徴で、静脈内鎮静法と同じく、治療時の不安やストレスを取り除く効果的があります。インプラント治療に対して強い恐怖感を持っている方や嘔吐反射がある方などにおすすめです。全身麻酔とは異なり、完全に意識がなくなることはありません。

静脈内鎮静法と同じような効果が期待できるのですが、静脈内鎮静法と異なるのは、鼻からの吸入をやめると数分程度で効果が切れる点です。そのため、治療後に車を運転して帰宅することも可能です。どうしても車でしか通えない医師医院で治療を受けたいと考えている場合にも向いているでしょう。

術後に痛みはある?

治療中は麻酔が効いているので痛みは感じにくいのですが、術後に痛みが発生することがあります。歯肉を切開する以上、少なからず痛みや腫れは生じるものだと考えておきましょう。
痛みを感じるのは、麻酔が切れた時です。ただ、多くの方は直後に痛み止めを飲んだ後は不要になるので、それほど心配はいりません。痛みが発生しやすいのは、術後~2、3日間ほどです。痛み止めが処方されるので、それを飲みましょう。もし、痛みが長引く場合や、何か心配なことなどがあれば治療を受けた歯科医院で相談してみてください。

麻酔があるので痛くない治療が可能

インプラント治療で心配している方が多い痛みの問題について解説しました。麻酔をしたうえで治療を行っていくことになるため、極端に痛みを感じるようなことはありません。
局所麻酔のほか、静脈内鎮静法や笑気吸入鎮静法といったものも用意されているので、痛みや恐怖の問題を抱えている方は歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。