矯正用インプラントで出っ歯が改善される?

インプラントといえば、歯を失った部分を人工の歯で補う方法ですが、歯並びを整える矯正の役割で使われることがあります。例えば、出っ歯を治療する際に使うこともできるのです。

出っ歯であることに悩みを抱えていて、何か効果的な矯正方法はないかと検討している方のために、従来の矯正ではなくインプラントで行う出っ歯の改善についてご紹介しましょう。

矯正用インプラントは出っ歯治療における選択肢のひとつ

矯正用のインプラントは、出っ歯治療において一つの選択肢です。
出っ歯といっても軽度なものであれば、日常生活への支障はほとんど見受けられません。しかし、十分な場合、それを治療せずに放置すると虫歯や歯周病のリスクが高くなるだけでなく、ドライマウスや口臭の原因になってしまう可能性があります。

治療するためにはブラケットのほか、マウスピース、抜糸などの方法があるのですが、できるだけ負担を抑え、短期間で歯科矯正を行いたいと考えているのであれば、矯正用インプラントについて検討してみてはいかがでしょうか。

矯正用インプラントを用いた治療は、通常の歯を失った部分に用いるインプラント治療とは少し異なります。矯正用インプラントは、歯を動かす時の固定源となるものであり、歯茎の骨にアンカースクリューと呼ばれる小さなネジを埋め込み、そこを支点として前歯を移動させる治療法です。
通常のインプラントとは異なり、矯正が終了して必要なくなったインプラント(アンカースクリュー)は抜きます。一般的には歯を大きく動かす目的で使われるため、軽度な場合はその他の治療法を検討することになるでしょう。

出っ歯の原因とは

出っ歯になってしまう原因は、実に様々です。例えば、生まれつきや指しゃぶり、口呼吸などが原因で出っ歯になってしまうことがあります。他にも、毎日無意識に行っている癖が原因で、出っ歯になってしまうこともあるのです。頬杖をつく癖や、くちびるを噛む癖がある方は、少しずつ歯がずれていき、出っ歯になってしまう恐れがあります。
意識して改善することが重要なのですが、癖は本人も気づかないうちに行っているものなので、改善が難しいケースも多いです。
また、あごが小さいために歯が生えてくるスペースを十分に確保することができず、乳歯から永久歯に生え変わったタイミングで出っ歯になってしまうようなこともあります。

原因の中には自分ではどうしようもないものが多いため、出っ歯になってしまった場合は治療について検討すると良いでしょう。

矯正用インプラントのメリット

矯正用インプラントで出っ歯を改善するメリットは、以下の通りです。

  • 切開しない
  • しっかり固定できる
  • 抜歯をせずに矯正できるケースが多い
  • 出っ歯治療の手術を回避できる

それぞれ詳しくご紹介します。

メスを使わないため切開が必要ない

通常のインプラント治療は歯肉を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けてインプラントを埋め込みますが、矯正用インプラントの場合は切開することなく、ドライバーを使用しネジであるアンカースクリューを入れていきます。
切開が必要ないことからほとんど出血することはなく、身体への負担も抑えられるのが魅力です。

固定力が強い

インプラントを使った矯正は非常に強固な固定源になるため、大きく歯を動かすことができます。アンカースクリューを埋め込む場所を調整することにより、奥歯はそのままで前歯のみ動かすことが可能であるため、出っ歯治療に向いている方法といえるでしょう。

抜歯が必要ないケースが多い

出っ歯の治療では歯の奥側に前歯を移動させるため、スペースを確保する目的で奥の歯を抜くことがありました。ですが、インプラントを用いた治療法だと奥の歯をずらしたうえで前歯を移動させることができるため、健康な歯を抜かずに治療できるケースが多いです。
出っ歯を改善させたいと考えてはいるものの、健康な歯を抜くことに抵抗がある方も矯正用インプラントを用いた治療が向いています。

出っ歯治療のための外科矯正手術を回避できる

これまでは、重度の出っ歯の場合、外科矯正手術を行わなければ状態改善が期待できないケースが多くありました。ですが、矯正用インプラントが登場し、歯を大きく動かすことができるようになったため、外科的な手術をすることなく出っ歯を改善させることができます。
外科手術はどうしても身体への負担が大きくなってしまうので、出っ歯の治療を検討しているのであれば、矯正用インプラントについても確認してみてはいかがでしょうか。

出っ歯治療の新たな選択肢

出っ歯治療など矯正の分野で用いられているインプラントについて解説しました。
出っ歯はコンプレックスに繋がることがあるだけでなく、虫歯や歯周病、その他トラブルの原因にもなるものです。失った歯を補うために行うインプラント治療に比べるとトラブルなどのリスクも低く安全な治療法であるため、信頼できる歯科医師の元で相談しながら検討してみることをおすすめします。