インプラントと差し歯の違いとは?わかりやすく比較・解説

インプラントと差し歯の大きな違いとして挙げられるのが、費用や機能性、審美性に関することです。どちらも歯を失った時に、それを補う治療として選ばれていますが、歯の根っこである歯根がない場合はインプラント、ある場合は差し歯を選択することができます。
それぞれの特徴や治療するならどちらが良いのか、気になるメリット、デメリットなどについてご紹介しましょう。

インプラントをわかりやすく解説

インプラントとは、歯根の代わりにフィクスチャー(インプラント体)と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その先端にかぶせ物を取り付けることにより失った歯を補う方法です。人工歯根がしっかり骨や歯肉に定着するため、まるで自分の歯と同じように噛むことができます。
インプラントの大きな特徴といえるのが、天然歯と見分けがつかないほど自然だということです。発音や食事に支障をきたすことがないので、できるだけ自然な形で歯を補いたいと考えた時に向いています。
しかし、手術は保険適用外であるため全額自己負担となり、高額な費用がかかる点については理解しておかなければなりません。また、定期的にメンテナンスが必要です。

差し歯をわかりやすく解説

差し歯とは、歯根が残っている状態でその歯根に被せ物をする治療のことをいいます。歯根の状態によっては先にこちらの治療を済ませなければなりません。治療をしても歯根を残せない場合は、入れ歯やインプラントを検討することになるでしょう。
歯根に金属やファイバー繊維で作られた土台を設置し、その上に人工歯を被せる治療を行います。
インプラントは違って素材によっては保険適用となるので、治療費を安く抑えることができるのが魅力です。また、保険適用外の素材を選択すれば強度や見た目にこだわることも可能です。ただ、安く済ませることができる保険適用内の素材は天然歯とは多少見た目が異なるので目立ちやすいことや、歯根の状態によっては歯根が割れてしまうことがあります。

治療するなら、インプラントと差し歯どちらが良い?

どちらが良いかは人によって異なります。例えば、費用がかかってでも見た目が自然で機能性にも優れているものを選択したいと考えているのなら、インプラントのほうが向いているでしょう。
一方で、それほど見た目や機能性にはこだわらないからできるだけ安く治療したいと考えている方には差し歯がおすすめです。前述したように歯根が残っているかどうかによっても選択できる方が異なるので、歯科医院で相談しましょう。

インプラントと差し歯の費用相場

インプラント保険が適用にならないことから高額な費用がかかり、1本あたりの相場は32~40万円ほどとなっています。ただ、複数本入れる場合は必ずしも歯を失った数だけインプラントを入れる必要はなく、連結した歯をインプラントに装着する形でインプラントの本数を抑えることが可能です。これにより、すべてインプラントを埋入するのに比べて費用を抑えることができます。

差し歯の場合、保険診療のものであれば、1本当たり3千円~1万円程度です。自由診療の素材を選択する場合は、一方あたり8万円~20万円程度かかるのですが、自由診療は歯科医院によって費用が大きく変わるので、よく確認する必要があります。

インプラントと差し歯の見栄えの違い

インプラントは自分の歯と同じように見えることからとても高く評価されており、見栄えについてはインプラントのほうが上です。とても美しく仕上がるので、自分の歯に自信を持つことができます。どれがインプラントなのかわからないような仕上がりになるのが魅力です。

一方で差し歯は、自由診療の費用が高額なものであれば、自然な見た目を実現することができます。どれを選択するのかによって見た目や費用は変わりますが、見た目にこだわりたいと考えているのであれば、そのことを前提として素材を相談してみると良いでしょう。

保険診療では、前から数えて5番目までにあたる前歯部は、歯の前面部分、または全体が白色をしているプラスチックで作られます。ただ、着色しやすいことに加え経年劣化の影響も受けるので、徐々に自分の歯との違いが目立つようになっていくのがデメリットです。
また、6番目以降の歯については基本的に銀歯であるため、奥歯でも口を開けた際に銀歯が見えてしまうことがあります。これがイヤな場合は自由診療の素材を選択することについても検討しなければなりません。

全体的に優れているのはインプラント

インプラントと差し歯の違いについて解説しました。費用面の問題をクリアできるのであれば、機能性、審美性にも優れているインプラントから検討してみてはいかがでしょうか。
ただし外科手術が必要になるので、全身疾患を抱えている方などはインプラントを選択できないことがありますし、歯根が残っている場合は差し歯で対応可能なケースがあるため、自分にはどちらが向いているのか歯科医院で相談してみてください。