インプラントか入れ歯か?どちらがベストか?

失った歯を補うために選択される方法はいろいろありますが、中でも代表的なのがインプラントと入れ歯です。それぞれどのようなメリット、デメリットがあるのかわからず、自分にどちらが向いているのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そこで、インプラントと入れ歯にはどのような違いがあるのかについて解説します。最適な方を選ぶためにも役立ててみてください。

インプラントと入れ歯の違いとは

インプラントも入れ歯も、失った歯を補い、噛み合わせを整えたり、咀嚼を助けたりするためのものです。

入れ歯は取り外しが可能なタイプの義歯で、欠損した部分の歯を補うことができます。一方、インプラントは天然歯が欠損した箇所に人工の歯根を埋め込む治療法であり、永久歯に次ぐ第3の歯とも呼ばれるものです。取り外しはできず、自分の歯と同じように扱うことができます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

インプラントは機能性に優れており、以下のようなメリットがあります。

  • 審美性に優れている
  • 天然歯のような噛み心地
  • 取り外しの面倒がない
  • 違和感を覚えにくい
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 発音に支障がない

自分の歯と同じように扱うことができるのが、最大のメリットといえるでしょう。入れ歯とは異なり、普段外れてしまう心配もありません。
噛む力が非常に強いので、硬いものが食べられなくなった、食事が制限されてしまったということもなく、快適に食事を楽しむことができます。

自分の歯と同じように歯ブラシを使ったブラッシングが可能なので、毎日入れ歯を取り外して洗うのは面倒そうと感じている方にもぴったりといえるでしょう。

それから、入れ歯にしたところ、口の中の状態が大きく変わって発音しにくくなってしまったという方がいるのですが、インプラントの場合は発音に支障を与える可能性が低いのも大きなメリットです。

デメリット

とても機能性、審美性に優れているインプラントではありますが、デメリットもあります。

  • 健康保険の適用外
  • 治療費が高額
  • 手術を要する
  • 治療期間が長い
  • 定期的なメンテナンスが必要

特に保険が適用できないため高額になることを、デメリットと感じている方が多いようです。1本あたり、平均して32~40万円ほどの費用がかかります。費用についてはデンタルローンなどを活用して治療ができる歯科クリニックもあるので、ローンの利用についても検討してみてはいかがでしょうか。
また、外科手術が必要であるため、全身疾患がある方などは選択できないケースがあります。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯を選択した場合のメリット、デメリットを解説します。

メリット

入れ歯のメリットは以下の通りです。

  • 健康保険の適用が可能
  • 治療費が安価
  • 治療回数や通院回数が比較的少ない
  • 手術が不要

インプラント治療に比べると費用がかからないため、比較的検討しやすい治療法です。また、インプラント治療とは異なり外科手術が必要はありません。
あごの骨に穴を開ける治療法と聞いてどうしても不安に感じてしまう方でも入れ歯ならそれほど抵抗を感じることはないでしょう。

手術が必要ないことから、全身疾患などの関係でインプラント治療が選択できなかった方でも検討できます。

デメリット

入れ歯にはどのようなデメリットがあるのかをついてもおさえておきましょう。

  • 周囲の歯に負担がかかる
  • 違和感を覚えやすい
  • 毎日のケアが必要
  • 外れることがある
  • 噛む力が弱い

総入れ歯ではなく部分入れ歯にする場合、健康な歯にバネをかけて固定する必要があるので、支えとなる歯に負担がかかります。
結果的に、支えとなった健康な歯が傷んでしまう可能性があるのです。
また、どうしても入れ歯が合わず、ずれたり、痛みを感じたりすることがあります。

インプラントのようにそのままブラッシングをすることはできず、取り外して洗浄する必要があるのもデメリットといえるでしょう。取り外したほうが洗いやすいといった方には特にデメリットにはなりませんが、自分の歯と同じように扱うことはできません。
噛む力はインプラントが天然歯と比較して同等か80%以上とされるのに対し、入れ歯は30~40%程度しかないのも大きなデメリットです。入れ歯にしたものの、不具合が多く、結局インプラント治療をすることになったという方もいます。

自分にとって最適な治療を選ぶことが重要

インプラントと入れ歯のどちらがベストか考える際に役立つ、それぞれの違いなどについてご紹介しました。どちらにもメリットとデメリットがあります。そのため、両方を踏まえたうえで自分に最も適した治療方法を見極めることが重要です。
お口の中の状態によっても向いている治療法が変わってくるので、まずは信頼できる歯科クリニックでカウンセリングを受けて、話を聞いてみてはいかがでしょうか。