インプラント手術の前後は飲酒は避けよう!具体的な期間もチェック

インプラント治療前後は、できる限り飲酒を控えるようにしましょう。アルコールには血流を促したり免疫力を低下させたりする働きがあるので、手術前日や手術後数日間は控えたほうが傷の回復が早くなります。

またインプラント治療後の回復を早めるためには、飲酒だけでなく、その他の生活習慣に気を配ることも大切です。今回の記事では飲酒に加え、注意するべき生活習慣について解説します。インプラント治療を検討されている方はぜひ参考にして万全の状態を整えるようにしてください。

インプラント手術前後で飲酒はしてもいい?

インプラント手術前後の飲酒は、なるべく避けるようにしたほうが良いでしょう。インプラント手術前後に飲酒を避けるべき理由についてタイミングごとに解説しますので、インプラント手術を受ける際には次の項目を確認して飲酒は控えてください。

手術前日

手術の前日なら飲酒をしても良いのでは…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかしアルコールを摂りすぎると免疫力低下につながることから、傷が治りにくくなったり感染症に罹患しやすくなったりする恐れもあるため、手術前の飲酒は避けるべきでしょう。

参照:e-ヘルスネット「アルコールと結核(あるこーるとけっかく)」

手術当日

インプラント手術を受けた当日は、飲酒はできる限り避けるようにしてください。インプラント手術の後数日間は、痛みが最も強い時期です。飲酒をすると末梢血管が拡張されて血流が良くなり、腫れが悪化したり出血しやすくなったりする恐れがあります。

参照:e-ヘルスネット「飲酒と事故」

手術後数日の間

インプラント手術後数日間の間も、痛みや腫れが残っている場合は飲酒は控えるようにしてください。理由は前項で解説したとおりですが、鎮痛剤などの医薬品の作用が弱まることも考えられるため、痛みが引きにくくなる原因ともなります。

インプラント手術後の痛みや腫れは3日間ほど継続することが多いため、術後3日間は飲酒を避けたほうが回復が早くなるはずです。

参照:北村正樹,景山茂「(PDF)アルコールと薬物の相互作用について」耳展43:1:85~88,2000

手術数日後以降

インプラント手術から数日が過ぎて痛みや腫れが治まってきた後は、飲酒をしても構いません。ただアルコールの摂りすぎは自浄作用を持つ唾液の分泌量を不足させ、口内の衛生状態を悪化させることにもつながります。

適度な飲酒なら構いませんが、過度の飲酒は口内環境を悪化させ、インプラントへも悪影響をもたらしかねません。あくまでも適量に抑え、飲み過ぎに注意しながらお酒を楽しんでください。

参照:e-ヘルスネット「アルコールと歯科疾患」

飲酒以外で手術後に気を付けたい行動

インプラント治療後には飲酒だけでなく、その他にも気をつけたい生活習慣があります。術後の回復を早めるには、お酒だけでなく喫煙・運動・歯磨きにも気を配った生活しましょう。

喫煙は控える

インプラント治療後、飲酒とともに避けたいのが喫煙です。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり傷の回復を遅らせるだけでなく、血液中の酸素を運ぶ機能を低下させたり、血流を悪くしたりする作用も認められています。

血流が悪いとインプラントが定着しにくくなるため、治療後数日間はもちろん、インプラント治療を受けたらその後も禁煙をすることが理想的です。

参照:e-ヘルスネット「ニコチン(にこちん)」

参照:e-ヘルスネット「喫煙と循環器疾患」

激しい動きを伴う運動は控える

適度な運動なら構いませんが、激しい動きを伴う運動は控えたほうが良いでしょう。運動は飲酒と同じように血流を促す働きがあることから、痛みや腫れが悪化する要因になりかねません。

激しい運動を控えるべきなのは手術前日から術後3日程度。前日はゆっくりと体を休めて手術に備え、術後3日間は激しい運動を控えて安静にしていてください。

歯みがきは慎重かつ丁寧に行う

歯みがきで口内を清潔にすることは大切ですが、インプラント治療後の歯みがきは慎重に行うことが基本です。術後2週間は手術をした患部へのブラッシングは控え、その他の歯をいつもより慎重に丁寧にみがきます。

また患部への刺激を避けるため、強めのぶくぶくうがいも避けましょう。手術後は口内への刺激を極力させ、できる限り早く傷を回復させるように心がけます。

インプラント治療前後は飲酒や生活習慣に気をつけて

インプラント治療の前後は飲酒を控えるべきですが、傷の治りやインプラントの定着を早めるためには術後の生活習慣に気を配ることも大切です。手術をしたらなるべく禁煙をし、激しい運動やブラッシングなど患部に刺激を与えることは避けるようにしましょう。

ただインプラント治療後の腫れや痛みがおさまれば、飲酒には制限がありません。過度なアルコール摂取は口内環境を悪化させるため、適度な飲酒を心がけながらお酒を楽しんでください。