インプラント治療と矯正治療はどっちが先?順番を間違えないように注意

インプラント治療を検討しているけれども、矯正もしたいと考えているのであれば、どっちが先か順番について確認が必要です。順番を間違ってしまうと、治療や矯正に時間がかかってしまう可能性があります。

インプラント治療と矯正治療にはどのような関係があるのか、どちらから行えば良いのかなどについてご紹介しましょう。また、すでにインプラント治療をしているケースの場合、矯正治療はどのように行うのかなども参考にしてみてください。

インプラント治療と矯正治療はどっちが先?

一般的に、インプラント治療よりも先に矯正治療を検討することになります。これは、インプラントにした歯は動かせないからです。

矯正治療で歯が動くのは、歯の周辺にある「歯根膜(しこんまく)」と呼ばれるものの働きが関係しています。

歯根膜は常に厚さを均等にしようと働いているため、矯正治療で歯に圧力をかけて一部の歯根膜が薄くなると、歯を移動させ厚さが均等になるように対応するのです。

この仕組みを利用して矯正治療が行われるのですが、歯根膜は天然の歯の周辺にしか存在しません。インプラント治療をした歯は矯正治療で動かせないため、まずは矯正治療で理想的な歯並びにしてからインプラント治療を検討することになります。

順番を間違えてしまった場合、正しい順番で行うのに比べて高い費用がかかってしまう可能性があるので、注意しましょう。

既にインプラント治療をしている場合


一般的には矯正治療の後にインプラント治療を検討することになるのですが、すでにインプラント治療をしているようなケースもあるでしょう。この場合、順番は逆になってしまいますが、矯正治療ができなくなるわけではありません。

インプラントは動かせないので、それを考慮したうえで全体的な矯正治療も行われることになります。

なお、インプラント治療と歯列矯正の関係などについては『インプラントがあっても歯列矯正は可能?』で更に詳細な説明を行っています。参考にしてみてください。

インプラント治療をやり直すことはある?


基本的にインプラント治療後に矯正治療をすることになったからといって、インプラント治療をやり直さなければならないようなケースはほとんどありません

ですが、インプラント治療した部分は動かせないので、全体的な矯正をする際に妨げになるような場合は撤去について考えなければならない可能性もあります。

また、一般的に矯正治療をすると、噛み合わせが変化します。そのため、インプラントの被せ物については治療後の噛み合わせに応じて作り直しを検討したほうが良いでしょう。噛み合わせについて深い知識を持った歯科医院のいる歯科医院を選択すると安心です。

できれば、インプラント治療を行う前に矯正治療について相談しておくことをおすすめします。また、インプラント治療と矯正治療を別々の歯科医院で行う場合、それぞれの歯科医院で連絡を取り合い、進めていかなければなりません。

できるだけスムーズに治療を進めようと考えているのであれば、同じ歯科医院でインプラント治療と矯正治療の両方を検討したほうが良いでしょう。

ただし、どちらも専門的な知識・技術が必要となる治療であるため、両方の分野で実績のある歯科医院を選ぶことが大切です。

もし、別々の歯科医院でインプラント治療と矯正治療を行う場合、連携しているような歯科医院を選んでおくと安心できるでしょう。

歯に大きな欠損が見られる場合はインプラントを先にすることも


基本的には矯正治療をしてからインプラント治療について検討することになるのですが、歯が大きく欠損してしまったようなケースでは先にインプラント治療を行ったほうが良い場合があります。

歯が欠損した状態で長く過ごしてしまうと、噛み合わせに悪影響を与えてしまうような可能性もあるからです。

また、インプラントはあごの骨に埋入する形になるため、しっかり固定できます。そこを固定源としてその他の歯を動かす事も可能です。場合によっては、先にインプラント治療を行っておいたほうがスムーズに矯正治療を進められるようなケースもあります。

このあたりは必要な矯正やインプラントの埋入箇所などによっても状況が変わってくるので、直接歯科医院で相談してみましょう。詳細な検査を行い、治療計画を立てたうえでその後の方針が決定されることとなります。

まずは相談してみるのがおすすめ


インプラント治療や歯列矯正について検討しているのであれば、自分でどちらが先と決めるのではなく、総合的に歯科医院で相談してみることをおすすめします。

その人にとって最適な治療の順番や治療内容は、個人差があるため、検査してみなければ詳細なところはわかりません。

不安なことや気になることなどがあれば質問し、解決したうえで治療に取り組んでみてはいかがでしょうか。どちらの治療も受ける場合、実績なども確認しておくと安心です。