50代以上で骨粗しょう症でもインプラント治療は可能!注意点は?

インプラント治療は、あごの骨に土台となる部分を埋め込み、そこに人工歯を取り付ける治療法です。そのため、骨の状態が悪い方は選択できない可能性があります。

50代以上の方で骨粗しょう症の場合、インプラント治療を選択したいと思っても「難しいのでは」と考えてしまうことがあるのではないでしょうか。

そこで、50代以上の骨粗しょう症を抱える方でもインプラント治療ができるのかについて解説します。

50代以上で骨粗しょう症でもインプラント治療は可能

基本的に50代以上で骨粗しょう症だったとしても、インプラント治療は選択可能です。

50代以上になると、若い頃とは異なり、少しずつ骨が弱くなっていきます。骨粗しょう症とは骨が弱くなり、骨折しやすくなる状態のことです。加齢だけではなく、栄養不足や運動不足など、さまざまな理由が関係して骨粗しょう症になってしまいます

インプラントでは骨の中にチタン製のインプラント体と呼ばれる部品を埋め込み、そこに人工歯を取り付けなければなりません。骨粗しょう症で骨が弱くなっている場合、うまくインプラント体が固定されず、抜けてしまうのではないかと考えてしまう方もいるでしょう。

ですが、実際にはそういった報告はほとんどなく、大きな影響はないと考えられます。50代以上でも失った歯の代わりに快適に使える選択肢を選びたいと考えている方にとてもおすすめの治療です。

50代以上の方にインプラント治療がおすすめな理由

インプラント治療は、失った歯を補う治療法として非常にメリットが多く、おすすめです。50代以上の方にインプラント治療が向いているのには、さまざまな理由があります。代表的な理由について解説します。

審美性が高い

インプラント治療は、非常に審美性において優れている治療法です。できるだけ見た目が自然で、自分の歯と同じような人工歯にしたいと考えている方にも向いているでしょう。

例えば部分入れ歯の場合、入れ歯を固定する場面が目立ってしまうことがあります。ブリッジについても同様で金属部分が目立ちますが、インプラントであればその心配はありません。

健康な歯に影響を与えない

インプラントは失った歯1本だけで独立した治療が可能であるため、周囲の健康な歯に影響を与えることがありません。

入れ歯の場合、バネをかける歯は負担が大きくなってしまうのがデメリットです。ブリッジは更に影響が大きく、土台にするために健康な歯を削らなければなりません。

失った歯を補うためといっても健康な歯に影響を与える治療は避けたいと考えているのであれば、インプラント治療がおすすめです。

食事や会話を楽しむことができる

とくに入れ歯の場合「異物感が強く食事をする際に気になる」「見た目が気になって人と会話するのが億劫になった」といった方がいます。

一方、インプラントであれば見た目は自分の歯と同様ですし、機能性も天然歯とほぼ同等です。インプラントを入れてしばらくたてば硬いものでも噛めるようになりますし、食事や会話も思いっきり楽しめます。

入れ歯のように毎日取り外す手間がかからない

入れ歯の場合、毎日取り外して適切なケア、メンテナンスを行わなければなりません。ですが、インプラントは自分の歯と同様に歯磨きなどでケアが可能です。

骨粗しょう症の方がインプラント治療を受ける際の注意点

50代以上、骨粗しょう症の方でもインプラント治療は可能なのですが、若く健康な方と比べていくつか注意しなければならないことがあります。おさえておくべきポイントを解説します。

骨を増やす治療が可能な歯科医院を選ぶ

骨粗しょう症の状態によっては、治療を始める前に骨を増やすための対策を取らなければならないケースがあります。そのため、骨を増やす治療に対応している歯科医院を選択しましょう。

はじめに骨を増やしておけば、骨粗しょう症でない方と同様に治療が可能です。なお、骨を増やすための治療には時間がかかるので、この点についても理解が必要です。

治療期間や治療内容について丁寧に説明してくれる歯科医院を選びましょう。

服用薬や持病がある場合は事前に医師に伝える

骨粗しょう症で処方されている薬がある場合、歯科医師にどのような薬を飲んでいるのか正確に伝えておきましょう。

インプラント治療は安全性の高い治療法ではありますが、骨粗しょう症で処方される薬の中にはインプラント治療と相性が良くないものもあります。

場合によってはインプラントの外科手術によって副作用が出る可能性もゼロではありません。歯科医師に飲んでいる薬を伝え、骨粗しょう症の治療を受けているかかりつけの内科医にもインプラント治療について相談しておくことが重要です。

まずは歯科医師に相談を

骨粗しょう症だったとしてもインプラント治療は可能なのですが、骨粗しょう症の状況によっても考えられるリスクなどが変わってきます。そのため、インプラント治療を選択したいと考えている骨粗しょう症の方は、直接歯科医師に相談してみると良いでしょう。

考えられるリスクや、インプラント治療が可能か判断してもらえるので、話を聞いてみてください。