前歯をインプラント治療する場合の費用相場を解説!1本いくら?

歯を失ってしまう原因は人によって異なりますが、特に前歯を失ってしまった場合、目立つので早急に対応が必要です。その際、インプラント治療について検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで、前歯のインプラント治療をする場合に、気になる費用相場についてご紹介します。状況によっても費用が異なるので、事前にチェックしておきましょう。また、費用を抑えるポイントについても解説します。

インプラントは治療箇所によって費用が異なる

インプラントは1本あたり32~40万円程度の費用がかかるのが相場ですが、治療箇所によっても費用が異なります。前歯は、奥歯のインプラント治療に比べて費用が高額です。

前歯のインプラント治療費用は高額になりやすい


前歯のインプラント治療費が高額になるのは、奥歯よりも慎重に治療を行わなければならないことが関係しています。

インプラントではあごの骨にインプラント体を埋入することになるのですが、奥歯に比べると前歯はあごの骨の厚みがありません。そのため、治療難易度が上がることから費用が高くなってしまうのです。

前歯をインプラント治療する場合の費用相場


前歯のインプラント治療で費用がどれくらいかかるかについては、土台となるあごの骨が十分にあるかによって変わります。骨の量が足りない場合は、骨を増やす治療も行わなければなりません。それぞれのケースで具体的にいくらかかるのかご紹介しましょう。

骨が十分にある場合

土台となるあごの骨が不足していない場合、費用の相場は40~45万円程度です。骨を増やす治療を行わなくてもインプラント治療が可能かどうかについては、検査をしてみなければわかりません。まずは相談に行ってみましょう。

骨が不足している場合

検査の結果、インプラント治療に必要な骨が不足していて骨を増やす治療が必要になった場合、前歯1本あたりのインプラント費用相場は50万円~60万円ほどです。

どの程度骨が不足しているのかによっても金額が変わります。また、骨を増やすといっても、サイナスリフトやソケットリフト、GBR法など、選択肢は豊富です。どの方法を選択するかによっても費用が変わります。

安くできるかも?前歯のインプラント治療費用の負担を下げる方法


インプラント治療は保険が適用されない自由診療にあたるため、治療費が高額になります。その負担を少しでも抑えるために、どのような方法があるのかご紹介しましょう。

医療費控除を活用する

必ず行いたいのが、医療費控除の活用です。医療費控除とは、1年間に支払った医療費の金額が10万円を超えた場合、確定申告することによって所得税の控除が受けられる仕組みをいいます。

インプラント治療を行うと10万円以上の治療費がかかることになるので、確定申告して控除を受けましょう。なお、保険が適用になるその他の治療や、歯科医院に通うためにかかった電車やバスなどの公共交通機関の交通費も控除の対象です。

保険適用範囲内か確認する

基本的にインプラント治療は自由診療の扱いになることから保険は適用されないのですが、条件に該当すれば適用可能なケースがあります。

主に、先天的な疾患によるあごの骨の欠損や、形成不全、病気や事故により広範囲にわたってあごの骨を失ったような場合が対象です。

保険が適用されるケースは非常に限られていますが、該当している場合は保険の範囲内で治療できる可能性があります。

なお、保険適用になる範囲や可能性については『インプラント治療は自費診療(保険外診療)が基本!保険適用になる可能性は?』で詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

分割払いで月々の負担を減らす

月々の支払い負担を減らしたいと考えているのであれば、分割払いを選択できる歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

インプラント治療は高額であることから、多くの歯科医院ではデンタルローンなどの分割払いといった選択肢を用意しています。

また、クレジットカード払いに対応している歯科医院もあるので、自分が機能している支払い方法を選択できるか事前に確認しておくと良いでしょう。

根本的に治療費を抑える方法ではありませんが、月々の支払い額が少なければ、インプラント治療を選択できる方も増えてくるはずです。

本当はインプラント治療を検討したいものの、治療費の関係から部分入れ歯やブリッジについて考えている方もいるでしょう。

そういった方もデンタルローンなどの分割払いについて相談してみてはいかがでしょうか。

前歯のインプラント治療は難易度が高い分慎重に検討を


インプラント治療はまるで自分の歯のように自然な人工歯を入れられるため、人から見やすい前歯の治療にも適しています。ですが、ご紹介したように費用の問題もあるので、よく確認しておきましょう。

奥歯に比べるとの量が少なく難易度も高い部位です。信頼できる歯科医院で相談してみてください。