奥歯のインプラント治療の費用相場を紹介!負担を下げる方法は?

失った歯をカバーするために、インプラント治療について検討している方もいるのではないでしょうか。インプラントは、どの箇所に入れるのかによって費用が変わります。

奥歯をインプラントにしたいと考えている方のため、奥歯治療の費用や治療を受けるにあたって注意すべきポイントなどについてご紹介します。また、費用負担を抑えるために役立つ方法についても参考にしてみてください。

インプラントは治療箇所によって費用が異なる場合がある

歯科医院によって変わりますが、どの箇所のインプラント治療をするのかによって費用が異なるケースがあります。まずは自分が治療を受けようと考えている部位の費用について確認しておくと良いでしょう。

奥歯をインプラント治療する場合の費用相場


奥歯のインプラント治療にかかる費用は、土台となる骨が十分にあるかによって大きく変わってきます。インプラント治療は、十分にあごの骨がなければ選択できません。

骨が不足している場合は、骨を増やすための治療を行う必要があります。そのため、その分費用が加算されることになるのです。

骨が十分にある場合、ない場合、それぞれのケースについて1本当たりいくらの費用がかかるのかご紹介します。

骨が十分にある場合

奥歯の骨が十分にある場合、インプラント1本あたりの治療費相場は30~40万円程度です。前歯に比べると比較的安く治療ができます。

骨の状態については詳細の検査をしてみなければわかりませんが、奥歯は前歯に比べてインプラント治療に必要な骨量のある方が多いのが特徴です。

骨が不足している場合

インプラントを埋入するのに必要な骨の量が足りていない場合、追加で費用がかかることになります。相場としては、奥歯1本あたり36~52万円ほどです。

骨の状態によっては更に費用がかかる可能性もあるので、詳細についてはよく確認をしておきましょう。

相場よりも格安費用の場合は注意を


インプラント治療は保険が適用されない自由診療であるため、歯科医院で金額を決められます。しかし、独自に金額を決められるからといって、ご紹介した相場よりも極端に格安な歯科医院は避けておいたほうが良いでしょう。

インプラント治療は外科手術を伴うため、一般的な虫歯治療などと比べると大掛かりな治療法です。

相場よりも極端に費用が安い場合、使っている素材の質が悪かったり、必要な工程を飛ばしたりしている可能性も考えられます。安心して治療を受けるためにも安過ぎる歯科医院は避けておきましょう。

奥歯のインプラント治療に費用負担を下げる方法


奥歯のインプラント治療費をできるだけ抑えたいと考えた場合、いくつか方法があります。以下の3つに注目してみてください。

医療費控除を利用する

忘れずに利用したいのが医療費控除です。医療費控除とは、1年に支払った医療費の総額が10万円を超えた場合、その翌年に確定申告することによって所得税が還付される制度です。

インプラント治療は保険が適用にならないものの医療費控除の対象にはなるので、必ず申請しましょう。

なお、医療費控除は個人ではなく、家族が支払った医療費もすべて対象となります。インプラント治療に行く際に電車などの公共交通機関を使った場合はその交通費も医療費に含まれるので、領収証を保管するか、交通費のメモをつけておきましょう。

保険適用が可能か確認する

通常のインプラント治療は保険が適用されませんが、一定の条件を満たした場合は保険治療の対象となります。条件としては、おもに外傷や疾患のあごの骨を欠損した場合や、先天性疾患による骨・歯の問題に関する条件です。

虫歯や歯周病などによって失った歯の治療でインプラントを選択する場合は、保険の対象とはなりません。ただ、対象になる可能性がある方は保険の適用についても検討してみると良いでしょう。

どういった場合に保険が適用になるのかについては『インプラント治療は自費診療(保険外診療)が基本!保険適用になる可能性は?』で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

分割払いで月々の負担を減らす

インプラント治療を行っている歯科医院の中には、分割払いやクレジットカード払いに対応しているところもあります。

インプラント治療をすることになれば30万円を超える費用がかかるのが一般的であるため、一括で支払うのが難しい方もいるでしょう。分割払いを選択することによって月々の負担を大きく抑えられます。

費用の問題でインプラント治療を悩んでいる方は、分割払いやクレジットカード払いの利用についても検討してみてはいかがでしょうか。

インプラントにすると快適に食事ができる


奥歯は食べ物をすり潰す役割があり、非常に重要なものなので、インプラントのように機能性が高い治療法を選択するのがおすすめです。

費用の問題はありますが、医療費控除や分割払いなどもうまく活用しながら、前向きに検討みてはいかがでしょうか。

具体的な費用は歯科医院によって異なるので、治療を受けようと考えている歯科医院で相談してみてください。