インプラント治療の費用相場を知っておこう

インプラントの治療は、基本的に保険が適用にならない自由診療の扱いになります。そのため保険が適用になる治療に比べると高額な費用がかかるので、費用相場についておさえておきましょう。

どのようなものに費用がかかるのか、一般的にはどれくらいの相場となるのかについてご紹介します。費用に関するトラブルが発生して悩んでいる方も多いので、注意すべきポイントも解説しましょう。

インプラント治療にまつわる費用の構成

インプラント治療では、診断費のほかに、以下の部品に対して費用がかかります。

  • フィクスチャー(インプラント体)…あごの骨に埋め込む土台となる部品
  • 上部構造…人工歯の部分
  • アバットメント…フィクスチャーと上部構造を連結するための部品

インプラントには、フィクスチャーとアバットメントが分かれている2ピースタイプ、1つになっている1ピースタイプの2種類があります。1ピースタイプは少し価格が高いのですが、アバットメント単体の費用はかかりません。

フィクスチャーの費用相場は、国産のものは1本あたり5,000円~10万円程度、世界的に見て有名なメーカーのものだと10万円~15万円程度です。ただ、自由診療の扱いであることから選択する歯科医院によって価格差が大きいですし、ピンキリだといえます。

インプラント治療の費用内訳

インプラント治療の費用内訳

インプラント治療では、以下のような費用がかかります。

診断料 1.5万円~5万円
インプラント手術費 15万円~35万円
人工歯手術費 5万円~18万円

特別な診断などが必要になったような場合は、更に費用がかかる可能性もありますが、一般的には上記の範囲内です。

また、前歯と奥歯のどちらを治療するのかによっても費用が変わります。一般的な相場として、あごの骨が不足していない場合、前歯は40~45万円程度、奥歯は30~40万円程度で、前歯のほうが高額です。

あごの骨が不足している場合、前歯は50万円~60万円程度で奥歯は36~52万円程度が相場です。

費用について確認する際、その費用の中にどこまで含まれているのか確認するようにしましょう。例えば、他の歯科医院と比較して非常に安いところを見つけたものの、インプラント手術費のみの金額だったといったケースがあります。

安く見えたものの実はそうではないような場合もあるため、歯科医院によって異なる費用の書き方に惑わされないように注意が必要です。

その他、インプラント治療に関する費用

その他、インプラント治療に関する費用
総合的に見ると、インプラント1本あたりの費用相場は32万円~40万円程度ですが、インプラント治療では、どの手法で治療をするのかによって費用が変わってきます。

治療費用について確認する際には全体的な金額だけでなく、治療ごとの費用について確認しておいた方が良いでしょう。

一例についてご紹介します。

治療 費用
インプラント埋入 275,000~440,000円
インプラント上部構造(仮歯、ジルコニア土台、セラミッククラウン) 110,000~165,000円
カスタムアバットメント 33,000~110,000円
プロビジョナル 11,000~33,000円
サージカルステント 55,000~132,000円
GBR(インプラント周囲骨増大処置) 88,000~165,000円
サイナスリフト 110,000~220,000円
ソケットリフト 55,000~110,000円
スプリットクレフト 33,000~110,000円
静脈内鎮静麻酔 55,000~110,000円

インプラントを何本埋入するか、現在の口腔状態はどのようになっているのかによっても費用が変わります。

インプラントの治療費用は全額自己負担になる

インプラントの治療費用は全額自己負担になる
非常に限られたケースを除き、インプラントの治療費用は保険治療の対象外であるため、全額自己負担です。また、治療費については各歯科医院で自由に設定することができます。

専門的な治療であることから、他の歯科医療と比べて高額な医療費用額が設定されているため、自分の場合は具体的にどれくらいの費用がかかるのかについて、必ず事前に確認しておきましょう。

また、注意しなければならない点として、インプラントにまつわるトラブルが発生した場合、その診療コストも高額になる点が挙げられます。インプラント治療自体に高い治療費がかかるため、すぐに何かトラブルが発生してしまい、再治療のためにまた高額な費用がかかることになると大変です。

そのため、インプラント治療を検討する際は、しっかりした保証プランを設けているクリニックを選ぶことが重要といえるでしょう。

実際に、相場に比べて激安の費用で治療が受けられる歯科医院でインプラント治療を受けたところ、ほとんど保証が用意されておらず、トラブルが発生した際に全額自己負担で対応しなければならなかったといった例も報告されています。

インプラント治療で保険が適用される非常に限られたケースについてもご紹介しましょう。インプラント治療で保険が適用できるのは、以下に該当するような場合です。

  • 先天的な疾患で3分の1以上あごの骨が欠損している
  • あごの骨の形成不全がある
  • 骨髄膜炎・腫瘍などの病気や外傷が原因で広範囲にわたり顎の骨を失った

これらに該当し、ブリッジや入れ歯などでは対応できないようなケースで保険が適用可能です。虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまったようなケースでは適用されません。

インプラント治療の保険については『インプラント治療は自費診療(保険外診療)が基本!保険適用になる可能性は?』で詳しくご紹介しています。

保証内容について確認すべき点

どのような保証が用意されているのかについて、できる限り詳しく確認しておきましょう。例えば、保証期間10年としていたとしても、100%歯科医院側の負担で治療が受けられるのは、非常に短い期間であるようなケースも考えられます。

また、どこからどこまでが保証の対象になるのかについても各歯科医院によって異なるため、こちらについても忘れずに確認をしておきましょう。

池袋デンタルオフィスの場合、最大で10年の保証を受けることができます。部品によって対象期間が異なり、インプラント体であるフィクスチャーは10年上部構造・被せ物は5年詰め物は3年です。

なお、保証の対象となるのは、定期的なメンテナンスをしっかり行っている場合のみとなっています。

インプラントをトラブルなく使い続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。そのため、これを怠っているような場合は保証の対象外となってしまうので注意してください。

インプラント治療を「費用の安さ」で選ぶリスク

インプラント治療を「費用の安さ」で選ぶリスク
インプラント治療を検討した際に、できるだけ費用を安く抑えたいと考えている方も多いはずです。しかし、費用だけを判断基準にしてしまうのはおすすめできません。

ご紹介しているように、インプラント1本あたりの費用は32~40万円程度です。インプラント治療では万全の感染対策が必要ですし、質の高い部品は高額であるため、どうしてもこの程度の費用がかかってしまいます。

そのため、1本10万円以下のような激安価格で治療を行っている歯科医院の場合、感染対策が不十分だったり、質の悪い部品を使用していたりするなど、何らかの理由が考えられるのです。

もちろん、高額であればあるほど信頼できる、安心できるとはいえませんが、相場と比較して安過ぎる場合は何らかの理由が隠れている可能性が高いといえます。

インプラント治療は外科手術が必要ですし、あごの骨に部品を埋入することになるので、信頼できるかも十分に考慮したうえで検討が必要です。

信頼できる歯科医院の選び方

信頼できる歯科医院の選び方
インプラント治療を行っている歯科医院であればどこでも良いとは言えないので、歯科医院の選び方についてポイントを解説します。

やはり、丁寧に対応してくれるかは必ず確認しておきたいポイントです。治療内容や費用に関する説明がわかりにくいような歯科医院は避けておきましょう。

また、担当してくれる医師の経験や実績についても確認しておいたほうが良いです。インプラント治療は手術の際だけでなく、定期メンテナンスでも通うことになるので、通いやすい立地にあるかも確認しておいたほうが良いです。

歯科医院によってはホームページ上で詳しく紹介しているケースもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

他にも、どのようなインプラント材料を使用しているのか、アフターフォローは整っているのか、衛生管理が徹底されているかなども含めて気になる歯科医院を比較して検討してみてはいかがでしょうか。

より詳細な歯科医院の選び方については『【インプラント治療前必読】信頼できる医師と歯科医院の選び方』でご紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

自分の場合の費用をよく確認しておく

自分の場合の費用をよく確認しておく
インプラント治療における費用相場についてご紹介しました。ただし、個人の口腔状態によってかかる費用は大きく異なります。

例えば、虫歯や歯周病が悪化している方であれば、インプラント治療前にこれらの治療を行わなければなりませんし、当然ながら別途費用がかかります。また、インプラントを埋め込むためのあごの骨が足りていない方、薄い方などは、骨を増やす手術も行わなければなりません。

費用相場についてご紹介しましたが、正確な費用を知るためにはカウンセリングや検査で話を聞いてみなければわからないため、自分の場合はどれくらいの費用がかかるのかについて歯科医院で相談してみてください。