インプラント治療は自費診療(保険外診療)?保険適用になることはある?

治療に保険を適用することができれば治療費を大幅に抑えることが可能ではありますが、インプラント治療は基本的に自費診療(保険外診療)であり、保険の対象外です。なぜ保険が適用できないのかについてご紹介しましょう。
また、条件を満たせば保険適用になる可能性もあるので、こちらについても解説します。自分の場合は保険が適用されるのかどうか知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

自費診療(保険外診療)と保険診療とは

歯科医院で治療する際、公的な医療保険が適用される保険診療のほかに、自費診療があります。自費診療は自由診療とも呼ばれ、その名の通り保険が適用されずすべて自費で賄わなければならない治療です
それぞれの特徴やメリット、デメリットについてご紹介しましょう。

保険診療

国民健康保険や健康保険法などによって定められているもので、公的医療保険に加入している場合、0~3割の費用負担で治療が受けられる診療です。自己負担の割合は年齢や所得により異なります。

病気に対してどのような治療を行うのかと、治療にかかる金額が明確に決められています。そのため、日本ならどこの医療機関を受診したとしても同じ内容、同じ金額で治療を受けることが可能です。

保険適用の治療を受けるためには、保険証を提出し、保険診療に対応している医院を選択しなければなりません。

また、歯科医院によっては自由診療の治療のみを行っている場合があり、その場合は保険診療の対象になる治療だったとしても保険を適用することはできないので注意が必要です。

保険診療は自己負担を安く抑えられるメリットがありますが、一方で保険診療の対象となる範囲は決められていて、使用できる材料も定められています

「それほど見た目や機能性にはこだわらないから、治療費を抑えたい」といったケースにおすすめです。

自費診療

保険が適用されない治療であり、全額自己負担となります。そのため、一般的な保険診療に比べると治療費が高くなってしまうのがデメリットです。

また、自費診療の治療費は医院が独自に定めることができるため、同じ治療内容だったとしても、どの歯科医院を選択するのかによって費用が異なります。そのため、どの歯科医院が安いのか、高いのかがわかりにくいのもデメリットだといえるでしょう。

しかし、自費診療は保険診療に比べて様々な選択肢が用意されているメリットがあります。選択できる素材の種類も豊富ですし、保険診療は主に機能性を改善させるための治療しか受けられませんが、自費診療は見た目にもこだわった治療が可能です。

「ある程度費用がかかっても良いから、機能性にも見た目にもこだわりたい」といったケースで選ばれています。

インプラントは基本的に自費診療(保険外診療)

保険診療で失った歯を補うためにできる治療は、「物を噛む機能を取り戻すため」の治療です。ブリッジや部分入れ歯などの選択肢があります。保険診療は国が定めている最低限の治療だといえるでしょう。

一方、インプラントは物を噛む機能を取り戻すためというよりも、「更に物をよく噛めるようにし、見た目も回復させるため」の治療です。保険診療が適用される最低限の治療以上の治療を望んでいることになるため、自費治療となります

インプラント治療が保険適用になる可能性は?

虫歯や歯周病のほか、外傷で歯を失った場合や、歯周病や加齢によってあごの骨吸収が起こった場合などは保険が適用されませんが、それ以外のケースでは保険が適用できる可能性があります。
これまで、「インプラント義歯」は保険が適用できない先進医療に分類されていたのですが、2012年4月から先進医療から制度が変わり、一部保険適用となりました。

保険が適用されるのは、病気や事故が原因で顎の骨を広範囲にわたって失ってしまったようなケースです。なお、保険が適用されるインプラント治療(インプラント義歯)は「広範囲顎骨支持型装置および広範囲顎骨支持型補綴」と呼ばれます。

インプラント治療が保険適用になる条件

以下の条件のいずれかに該当し、ブリッジや入れ歯では対応できないようなケースで保険が適用されます。

  • 先天的な疾患によって3分の1以上あごの骨が欠損している
  • あごの骨の形成不全がある
  • 骨髄膜炎・腫瘍などの病気、または事故によるケガで広範囲にわたり顎の骨を失った

このように、保険適用が認められる条件は非常に限られています。

インプラント治療が保険診療で行える医療機関の条件

保険治療で行える医療機関の条件として、以下の項目が定められています。

  • 20床以上入院用ベッドがある病院の歯科、または口腔外科
  • 国が定めた医療機器・医薬品の管理体制が整備されている
  • 当直体制が整備されている
  • 病院の歯科または口腔外科で5年以上、または3年以上をインプラン義歯の治療経験がある常勤医師が2名以上いる

各条件を定めているかについては、病院のホームページを確認するか、直接問い合わせてみてください。

ほとんどのケースでは自費診療

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまい、インプラント検討する場合はほとんどが保険外診療である自費診療です。ご紹介した保険適用の条件に該当する方は対象の病院で相談してみてください。
保険が適用にならない場合も、治療費についてよく理解したうえで治療を検討することが大切です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です