インプラント治療のメリットについて紹介

.インプラント治療のメリットについて紹介

失った部分の歯をカバーする方法には、部分入れ歯やブリッジなどの選択肢もありますが、おすすめなのがインプラント治療です。機能性に優れているだけでなく、審美性においても優秀なことから多くの方に選択されています。
インプラント治療についてよくわからない方のために、健康面や精神面でどのようなメリットが期待できるのか、その他の治療法と比べてどのような魅力があるのかなどについてご紹介しましょう。

インプラント治療の最大のメリットは健康面と精神面

インプラント治療の最大のメリットは健康面と精神面インプラント治療を受けるメリットのうち、特に大きいのが健康面と精神面への働きです。

健康面

インプラント治療を行うと食事をする際、しっかり噛むことができるようになり、これが全身の健康を支えることに繋がります。よく噛むことで分泌される唾液には消化を助けたり、口の中の食べかすを洗い流したりする働きがあり、口内を清潔な状態に保ちやすくなるのが魅力です。
また、唾液の中には、がんを発生させる大きな原因である活性酸素を減少させる働きがある成分が含まれています。がん予防のためにも何か備えたいと考えているなら、しっかり咀嚼することが重要であり、そのためにも健康な歯が必要です。失ってしまった歯がある場合は咀嚼が難しくなるので、インプラントなどで対策してみてはいかがでしょうか。

参考:(PDF)日本咀嚼学会雑誌 Vol.1 No.1 (1991):咀嚼とがん予防唾液による活性酸素消去の研究から[PDF]

精神面

歯を失ってしまい、ブリッジや部分入れ歯などで治療をしたものの、自然歯に比べて噛みにくいと感じている方もいます。よく噛めない状態だと、楽しく食事をすることはできません。

食事をすることが億劫になり、それがストレスに繋がってしまうようなケースもあります。インプラント治療をしてしっかり噛むことができるようになれば、食事をする際のストレスもなくなり、楽しく過ごせるでしょう。

また、入れ歯やブリッジなどと比べると非常に自然で、見た目は天然歯とほぼ同じです。異物感や違和感もありません。入れ歯やブリッジだと、見えてしまう心配から人前で口元を見せることに抵抗を感じる方もいますが、インプラントは審美性が高いことでも評価されているため、自信を持って笑えるのも大きなメリットです。

自分の歯でしっかり噛める

自分の歯でしっかり噛めるインプラントは入れ歯やブリッジとは異なり安定感があるだけでなく、咀嚼能力に優れています。咀嚼能力が高ければそれだけ食事をする際にしっかり噛むことができますし、咀嚼によって食材を細かくし、身体に吸収しやすい状態にすることができるのです。
天然歯は特に咀嚼能力が高いのですが、インプラントと天然歯を比較してみると、ほぼ同様の咬合力(噛む力)があるとされているため、健康な歯を取り戻したいと考えている方にとっておすすめの治療法といえます。

参考:(PDF)口病誌1997,64/3:インプラント適用患者の咬合力測定[PDF]

入れ歯やブリッジでは思うように噛むことができず、食事をする際に不便さを感じている方が多いので、しっかりと噛みたいと感じている方もインプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

健康な歯への影響を与えない

健康な歯への影響を与えない従来の治療法として定番であるブリッジと比較した場合、インプラント治療は健康な歯を削らなくて済むメリットがあります。
ブリッジは、失ってしまった歯の両隣の歯を支えとして固定式の歯を装着する方法です。しかし、そのためには支えとなる歯を削らなければなりません。噛む際には支えとなっている歯にかかる力が強くなりますし、これが原因で支えとなる歯の寿命を縮めてしまうこともあります。

インプラントの場合は1本だけ独立した形で治療ができるため、ブリッジに比べて他の歯に影響を与えることなく治療ができるメリットが大きいです。

骨が痩せるのを防ぐことが可能

骨が痩せるのを防ぐことが可能歯を失ってしまった部分はあごの骨に刺激が伝わらなくなり、少しずつ骨が痩せてしまうのですが、インプラントでは直接あごの骨にインプラント体を埋め込むこともあり、骨が痩せるのを防ぐことができます。
部分入れ歯やブリッジは、歯茎の上に人工の歯が乗っている状態であり、食事の際に噛んでもあごの骨まで刺激を伝えることはできないので、インプラントならではのメリットといえるでしょう。

天然歯に近い審美的な印象

天然歯に近い審美的な印象見た目を重視してインプラント治療を選択する方も多いです。インプラント治療は審美性に優れており、まるで普通の歯と同じように見えます。色については既存の歯と同じように細かく調整することができるので、インプラントを入れた部分だけ浮いて見えてしまうような心配はありません。
その他の治療方法と比べてみても審美性に優れているといえるでしょう。例えば、部分入れ歯の場合、金属のバネを歯に引っかけて装着することもあり、部位によってはその金属が見えてしまうことから見た目が気になる方が多いです。

ブリッジの場合も同じで、特に奥歯はかみ合わせの力が強い部分ということもあり、保険診療で作る場合は、強度のある銀歯しか選択できないケースがあります。
見た目の美しさを重視したいと考えている方も、自然な白い歯が魅力的なインプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

インプラント治療にはメリットがたくさん

インプラント治療にはメリットがたくさん保険診療で対応できる部分入れ歯やブリッジと異なり、費用はかかりますが、インプラント治療には多くの魅力があります。まるで自分の歯と同じように噛むことができるので食事をする際にストレスを感じることはありませんし、見た目においても優れているので、入れ歯やブリッジのように口元を気にする必要もありません。
健康面でも精神面でも優れている治療法を選択したいと考えている方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です