インプラントのオールセラミックとは?特徴やメリット・デメリットを解説

インプラント治療では「上部構造」と呼ばれる被せ物にどのような素材を選択するのかによって特徴やメリット、デメリットが変わってきます。
被せ物の中でも「オールセラミック」とはどのようなものなのかについてご紹介しましょう。オールセラミックならではのメリットやデメリットもあるので、他の被せ物と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

インプラントのオールセラミックとは

オールセラミックとは、陶器素材で作られた人工歯のことをいいます。金属を使用していないのが大きな特徴です。
オールセラミックなどの素材を選択できるのは、インプラントの部品のうち上部構造と呼ばれる目で見える人口歯の部分となります。上部構造にはセラミック系のほかに金属を使用したものもあるのですが、セラミック系は金属素材に比べ汚れが付着しにくいのも特徴です。

オールセラミックのメリット・デメリット

オールセラミック素材を選択するメリット、デメリットについてご紹介しましょう。

メリット

代表的なメリットは以下の通りです。

金属アレルギーがある方でも治療可能

オールセラミック素は金属を使用していないため、金属アレルギーのある方でも選択可能です。金属アレルギーのある方が、金属素材を使った場合、口の中だけでなく、体全体に症状が現れてしまう可能性があります。そのため、金属アレルギーがある方は、オールセラミック素材から検討してみると良いでしょう。

審美性に優れる

審美性に優れており、見た目がとても美しく、自然です。透明感もあり、天然歯と見分けが付きません。そのため、見た目を重視したいと考えている方の被せ物としておすすめです。
人工歯部分である上部構造には様々な種類がありますが、中でもメタルボンドと呼ばれる種類は内側に金属が使われており、歯茎が黒ずんで見えてしまいます。また、天然歯との違いが目立ってしまうことがあるので、審美性に優れたものを選びたいのであればオールセラミックを検討してみると良いでしょう。

変色しにくい

セラミックはほとんど変色しない素材であり、色素沈着する恐れもほぼありません。これは、高い圧力をかけて焼き固められているため、中に唾液や食べ物水分といったものが入り込む隙間がないためです。
変色しやすい素材を選択してしまうと天然歯との違いが目立ちやすくなってしまうことがありますが、オールセラミックであればそういった心配も少ないでしょう。色素沈着しやすい食べ物や飲み物が好きな方にとっても大きなメリットです。

デメリット

注意すべきデメリットについても確認しましょう。

衝撃に弱い

ジルコニアと比較すると衝撃に強いとはいえません。オールセラミックは陶器であるため、強い衝撃が加わると割れてしまう可能性もあります。インプラントにすれば入れ歯などより咀嚼力が高まりますが、オールセラミックにした場合、極端に硬いものは注意が必要です。
また、歯ぎしりなどの癖のある方は歯に大きな負担がかかってしまうため、オールセラミックよりも丈夫なジルコニアセラミックのほうが向いていることがあります。特に奥歯は強度に長けた素材を選択したほうが良いです。

費用が高額

ジルコニアほどではありませんが、被せ物の中でも高額な部類に入ります。費用がかかっても審美性を重視したい方に向いているといえるでしょう。

オールセラミックの治療にかかる費用

オールセラミックを選択する場合、費用は7万円~15万円程度となります。ジルコニアに比べると費用は抑えられますが、メタルボンドやハイブリッドセラミックよりは高額です。
具体的な費用については治療を受ける歯科医院によって異なるので、よく確認しておきましょう。

また、インプラント治療では上部構造の費用のほかに、顎の骨に埋入するインプラント本体の費用、本体と上部構造を連結するアバットメントの費用もかかります。事前にそれぞれの費用について確認しておくと安心できるでしょう。
総合すると1本あたり32万円~40万円程度の費用がかかることになるのですが、オールセラミックを選択した場合は相場よりも高い費用がかかるケースもあります。

他にも、インプラントを埋入するあごの骨が足りない場合は骨を増やす治療が必要です。また、場合によってはその他の治療を行わなければならないことがあるため、具体的な費用についてはよく確認しておくと良いでしょう。
なお、インプラント治療は保険が適用されないため、全額自己負担となります。治療完了後も定期的にメンテナンスを受けなければならないため、このあたりの費用も含めて考えましょう。

オールセラミックで自然な歯を手に入れる

インプラントの上部構造として人気のオールセラミックについてご紹介しました。オールセラミックは審美性に優れているだけでなく、金属アレルギーの方でも利用できる素材です。費用が高い、あまり衝撃には強くないなどのデメリットもありますが、特に見た目を重視したいと考える方が多い前歯などで選択することについて検討してみてはいかがでしょうか。