インプラント治療における接着方法「スクリュータイプ」とは?メリット・デメリットについても解説

スクリュータイプのインプラント

インプラント治療では、あごの骨に埋め込む人工歯根と歯の代わりになる人工歯を接着する必要があります。

その際の接着方法であるスクリュータイプとは何かについてご紹介しましょう。

もう一つのタイプであるセメントタイプとの違いや、スクリュータイプのメリット、デメリットについて解説します。

自分の場合はどちらが向いているのか判断する際にも役立ててみてください。

インプラント治療における接着方法「スクリュータイプ」とは

スクリュータイプとは、人工歯根と人工歯をネジで固定するタイプのことです。

インプラント治療は、歯茎を切開してあごの骨にドリルで穴を開け、そこに人工歯根であるフィクスチャー(インプラント体)を埋入します。

インプラント体と人工歯である上部構造をつなぐのは、アバットメントと呼ばれる部品です。

スクリュータイプでは人工歯にネジ穴が開いており、ネジでアバットメントと人工歯をつなぎます。

この穴はネジを締めた後にコンポジットレジンという素材を詰めて塞ぐことになるので、目立ちません。

セメントタイプとの違い


スクリュータイプはアバットメントと人工歯をネジで固定するのに対し、セメントタイプは接着剤で固定するのが違いです。

セメントタイプの場合、人工歯に穴は開いておらず、審美性に優れています。

また、人工歯部分の作りが複雑ではないため、スクリュータイプに比べて費用が安く済むのも特徴です。

しかし、接着剤で固定してしまうため、人工歯のみを取り外すようなことができません。

メンテナンスのしやすさなどで言えばスクリュータイプのほうが優れているといえるでしょう。

スクリュータイプのメリット


セメントタイプと比較した場合、スクリュータイプにはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下のようなポイントが優れています。

メンテナンスしやすい

人工歯部分のみを取り外すことができるため、メンテナンスのしやすさではスクリュータイプのほうが優秀です。

インプラント治療のトラブルとして特に多いのが、歯周病のような症状が現れるインプラント周囲炎と呼ばれるものとなります。

インプラント周囲炎になった場合には人工歯を取り外して炎症している部分の洗浄が必要です。

スクリュータイプは人工歯を取り外し、炎症が発生している部分を洗浄・清掃できます。

セメントタイプだと人工歯を壊すか、人工歯を設置したままの状態で洗浄・清掃しなければなりません。

人工歯を設置したままだと十分な洗浄ができない可能性もあるため、メンテナンス性を重視したい方にはスクリュータイプが向いているでしょう。

衛生的

人工歯を取り外すことができるということは、取り外したうえで人工歯やインプラントの周囲をしっかり洗浄できるということです。

常にインプラントやその周囲を衛生的に保ちたいと考えている方からも、スクリュータイプが選択されています。

ネジの締め直しが容易

普段の生活の中で少しずつインプラントのネジがゆるんでしまうことがありますが、スクリュータイプはネジの締め直しが簡単です。

また、短時間で対応できるため、メンテナンス時の時間的な負担を抑えることにもつながるでしょう。

インプラント体が受けるダメージを軽減できる

セメントタイプはしっかり接着するので固定力が強いのですが、その分インプラントに過度の力が加わった際にダメージを受けてしまいます。

スクリュータイプはスクリューが緩むことでダメージを緩和することが可能です。

セメントが原因の炎症を防げる

セメントタイプで使用するセメントが炎症の原因になることがあります。

スクリュータイプであればセメントを使わないので、その心配がありません。

スクリュータイプのデメリット


メリットの大きいスクリュータイプではありますが、デメリットもあります。以下に注意しましょう。

コンポジットレジンが経年劣化する

人工歯のネジ穴はコンポジットレジンという素材で埋めるのですが、この素材は徐々に劣化します。

プラスチックで作られているため、経年変色するケースも珍しくありません。

ただ、劣化した場合はコンポジットレジンのみ交換も可能であるため、それほど大きなデメリットとは言えないでしょう。

費用が高い

スクリュータイプはセメントタイプと異なり、人工歯部分にネジ穴を作らなければなりません。

複雑な造りであるため、その分セメントタイプよりも費用がかかってしまうのがデメリットです。

具体的な費用については治療を受ける歯科医院によって変わるので、よく確認しておいたほうが良いでしょう。

現在はスクリュータイプが主流


メンテナンス性に優れていることもあり、現在はセメントタイプよりもスクリュータイプのほうが多く選ばれています。

インプラントはとても長持ちするものではありますが、何年か経過した際にトラブルが発生してしまう可能性もゼロではありません。

その際、奥を洗浄しなければならない事態も想定しておきましょう。

人工歯を壊さなければ奥を洗浄できないセメントタイプよりも、スクリュータイプのほうが費用を抑えてトラブルを解決できる可能性があります。

悩んでいる方は、自分に向いているのはどちらか歯科医院で相談してみるのもおすすめです。