インプラント手術後は食事に要注意!避けたほうが良い飲食物は?

インプラント治療は、メスを使った外科手術を伴います。口の中を怪我している状態になるため、手術後は食事に注意しなければなりません。

具体的にどのような飲食物を避ければ良いのか、いつから通常通り食べたり飲んだりできるようになるのかについてご紹介します。また、術後に控えたい飲食以外のことについても参考にしてみてください。

インプラント手術後に避けたほうが良い飲食物

インプラントの手術後には避けておいたほうが良い飲食物があります。代表的なものと具体的な食べ物、飲み物などをご紹介します。

硬い食べ物

インプラントは第3の歯とも呼ばれており、自分の歯と同じように噛めるのが魅力ではありますが、状態が安定するまでは硬いものは避けたほうが良いです。施術直後などに固いものを食べてしまった場合、手術をした部分に負担をかけてしまうことがあります。

硬いおせんべいやフランスパン、スルメなどは避けておきましょう。

歯にくっつく食べ物

完全にインプラント治療が終わってからであれば大きな問題はありませんが、仮歯の段階で歯にくっつくものを食べると取れてしまう可能性があります。

ガムやキャラメル、ソフトキャンディー、お餅などはできるだけ避けるか、治療を行ったのとは異なる歯で噛むようにしてください。

辛いもの

辛いものを食べたり飲んだりすると、施術した部位に負担をかけてしまう恐れがあります。場合によっては出血や痛み、腫れなどに繋がってしまう可能性もあるので、手術後しばらくは避けたほうが良いでしょう。

香辛料のきいた料理を食べると血流が良くなり、傷口の治りが遅くなってしまうことも考えられます。激辛のカレーやわさび、コショウ、マスタードなどに注意しましょう。

非常に熱いもの・冷たいもの

汁物やお茶、コーヒーなど、非常に熱いものは傷口に負担をかけるだけでなく、血行を良くして傷口の治りを遅くしてしまう恐れがあります。

同じく、氷をたくさん入れた冷たい飲み物やかき氷は傷口を刺激するので、避けたほうが良いです。手術直後は治療した部位が刺激を受けやすい状態になっているので、できるだけ常温に近いものを取り入れると安心です。

お酒

お酒は血行を良くし、傷口の治りを遅くしてしまう恐れがあります。日常的にお酒を飲んでいる方も、インプラント治療後は注意しましょう。

通常の食事に戻して良いタイミング

食事について、手術後2~3日程度は刺激物を避けておいたほうが良いです。この期間はやわらかいものを中心に食べるようにしてみてください。

自分の歯と同じように硬いものが食べられるようになるのは、施術後半年くらい経ってからとされています。長期間にわたり注意しなければならないため、普段の食事を工夫することが求められます。

お酒については、インプラント施術後、1週間程度は控えたほうが良いです。治療から1週間ほど経過すればある程度傷口が治るため、お酒を飲んで血流が良くなっても大きな影響はないといえます。

どの程度で通常の食事に戻せるかについては、個人差も大きいです。不安な場合は歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

その他、術後に控えたほうが良いこと

インプラント治療後は食事以外でも注意しなければならないポイントがあります。以下の4つに注目してみてください。

喫煙

タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる働きがあり、インプラントと骨の結合に悪影響をもたらす可能性があります。タバコについては、インプラント治療前を含め、できる限り禁煙したほうが良いとされています。

インプラント治療が終わってからも歯周病を悪化させてしまう原因になるため、注意が必要です。インプラントを長持ちさせるためにも、禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

力をこめた歯みがき

インプラント治療を行った部位を強く歯磨きしてしまうと、傷口が悪化します。その他の部分は丁寧に磨き、手術した部位は軽くゆすぐ形で汚れを落としたほうが安心です。

激しい運動

激しい運動は血流を促進させ、傷口の治りを悪化させてしまうことがあります。インプラント手術後、できれば1週間程度、難しい場合は2~3日程度は激しい運動は避けましょう。

入浴

入浴も運動と同じく血流を良くするため、手術後2~3日程度は短時間のシャワーで済ませるのがおすすめです。ぬるめのお湯を意識すると、なお良いです。

普段通りの食生活に戻るには時間がかかる

インプラント手術が終わり、半年から1年程度経てばほとんど自分の歯と同じように食事ができるようになります。しかし、それまでの期間中は気を付けるべきポイントがあるので、今回ご紹介した内容を参考に食事を工夫して取り組んでみてください。

インプラント手術直後~3日程度は特に注意しなければならない期間です。食べるものはもちろんのこと、飲み物や、普段の生活の中でも注意すべきポイントを意識することが重要になります。