インプラントがグラグラする原因「インプラント周囲炎」とは?治療方法について解説

歯科医院の治療で歯を押さえる女性

インプラント治療をすれば快適に食事ができるようになると考えていたものの、いつの間にかインプラントがグラグラするようになってしまったという方がいます。

なぜインプラントがグラグラしてしまうのでしょうか。考えられる原因と治療法をについて解説します。

また、インプラントがグラグラの状態にならないように予防するにはどうしたら良いのかについても参考にしてみてください。

インプラントがグラグラする原因

歯を押さえる女性
インプラントがグラグラしてしまう大きな原因として挙げられるのが、インプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎とは、歯茎に細菌感染が起こることによって発生するトラブルです。

インプラントが歯周病にかかった状態だと考えればわかりやすいでしょう。

インプラントのメンテナンスが適切に行われていなかった場合に発生しやすくなります。

グラグラする以外にも、腫れや出血などの症状が現れることが多いです。ただ、インプラント周囲炎は初期段階ではほとんど症状がありません。

そのため、自分で何らかのトラブルを実感できるようになる頃には、すでに症状が進行している可能性が高いです。

インプラントは人工の歯ということもあり、虫歯になることはありません。そのため、自分の歯に比べると手入れが甘くなってしまう方もいるようです。

インプラント周囲炎が発生してしまうとただグラグラするだけでなく、最終的には抜け落ちてしまう可能性もあります。

せっかく高い費用をかけてインプラント治療を行ったのですから、できる限りインプラント周囲炎にならないように対策をとっていきましょう。

普段の適切なブラッシングはもちろんのこと、推奨されているタイミングで歯科医院に行き、専門的なメンテナンスを受けることが重要です。

インプラント周囲炎の治療方法

患者の歯科治療を行う歯医者
インプラント周囲炎は、どの段階まで症状が進んでいるかによって異なる治療法が行われます。軽度、中程度、重度の場合の治療についてご紹介します。

軽度の場合

まだ症状が進行していない軽度の段階であれば、抗菌療法や歯磨き指導で改善できる可能性があります。

きちんと定期メンテナンスを受け、歯磨きをしているにもかかわらずインプラント周囲炎が発生している場合は、ブラッシングの仕方に問題がある可能性が高いです。

インプラント周囲炎を予防するためには毎日の丁寧なブラッシングが欠かせません。

投薬による抗菌療法のほか、歯科衛生士によるブラッシング指導を受けることになるでしょう。

中程度の場合

抗菌療法や歯磨き指導だけでは対応できないほどインプラント周囲炎が悪化している場合、インプラント周囲炎掻爬(そうは)術が選択される可能性があります。

これは、細菌感染しているインプラント周囲の歯茎を対象として行われる治療法です。

歯茎を開け、プラークや歯石などを徹底的に清掃し、場合によっては骨の再生術も行います。

重度の場合

インプラント周囲炎が重度になってしまった場合、一度インプラントを除去してから骨を再生し、再度埋め直しを検討することになります。

とくにインプラントがグラグラしている場合は、土台である骨に問題が起こっている重度のケースと考えられるため、早期に相談してみましょう。

インプラント周囲炎の発症を防ぐ方法

青の背景に歯ブラシ
インプラント周囲炎を予防するためには、普段の生活で工夫が必要です。特に歯磨きの徹底と、生活習慣の見直しに注目してみましょう。

歯磨きの徹底

日々の歯磨きが適切にできていない場合、インプラント周囲が汚れやすくなり、周囲炎に繋がる恐れがあります。

1本1本丁寧に磨くように心がけましょう。また、一般的な歯ブラシだけではなく歯間ブラシやデンタルフロスも活用をすることが重要です。

歯ブラシだけでは取り除けない汚れがあるので注意しましょう。

生活習慣の見直し

インプラントに悪影響を与える生活習慣を行っている場合、見直しが必要です。

例えば、喫煙もその一つです。喫煙をしている方はインプラントの定着率や生存率が非常に低くなります。

中には喫煙をしている患者に対し、インプラント治療を断る歯科医院もあるほどです。できる限り禁煙に取り組みましょう。

また、食後にしっかり歯磨きをする習慣をつけることや、免疫力を低下させないために適切な睡眠をとる、ストレス対策をすることも重要です。

それから、適度な運動を行うことにより血行が良くなって歯肉の衰えを予防することにつながるので、運動習慣も身につけましょう。

インプラント周囲炎は予防と早期の治療が重要

女性が健康的な歯を指し示す様子
インプラントがグラグラしてしまう大きな原因であるインプラント周囲炎について解説しました。

初期段階ではほとんど症状が現れないことから、グラグラしてきた段階でやっとインプラント周囲炎に気づける方もいます。

予防するためには適切な歯磨きや、歯科医院での専門的なメンテナンスを心がけましょう。

インプラントの状態がおかしいと感じた場合は、早期に診察を受けるようにすると安心です。