インプラントの被せ物が取れた場合どうすればいい?原因と予防策も解説

インプラントは、自分の歯と同じように噛めるようになる非常に魅力的な治療法です。あごの骨に埋入する部品で歯として見えている被せ物の人工歯を支えるのですが、見た目が自然なのも魅力といえます。

ただ、この人工歯である被せ物が「取れてしまったらどうしよう」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。そこで、取れる可能性があるのかなどについてご紹介します。

インプラントの被せ物(上部構造)は取れることがある?

インプラントの人工歯にあたる被せ物(上部構造)は、ごくまれに取れてしまうケースがあります。取れるケースがあるといっても滅多にあることではないですし、食事のたびに取れてしまうような心配はありません。

ですが、被せ物が取れるケースがあることを理解し、食事などの際には取れた拍子に飲み込んだりしないように注意しておきましょう。

被せ物が取れてしまう主な原因


被せ物が取れてしまう大きな原因として、部品のトラブルに関することや癖に関すること、噛み合わせに関することなどが挙げられます。それぞれご紹介しましょう。

アバットメントのゆるみや損傷

被せ物である上部構造は、ネジを使ってアバットメントと呼ばれる部品に固定されています。ですが、まれなケースとしてネジがゆるみ、上部構造が外れてしまうことがあるのです。

また、アバットメントが損傷している場合、ネジがゆるんでいなくても上部構造が取れてしまう可能性があります。アバットメントの異常に気づいたら早い段階で検査を受けたほうが良いでしょう。

歯ぎしりや食いしばり

普段の癖として、歯ぎしりや食いしばりをしている方はそうでない方に比べてインプラントに負担がかかり、被せ物が取れてしまうことがあります。

歯ぎしりや食いしばりの癖は簡単に改善できるものではないため、衝撃を緩和するためのマウスピース治療を行うことについても検討してみてはいかがでしょうか。インプラントを長持ちさせることにもつながります。

噛み合わせのバランスが悪い場合、普段食事をする中で少しずつ被せ物に負担がかかってしまいます。小さな負担が積み重なり、被せ物が取れてしまうこともあるのです。

特に歯並びの悪い方は噛み合わせのバランスが悪くなりやすいので注意しなければなりません。

被せ物が取れた時はどうすればいい?


インプラントの被せ物が取れてしまった場合、適切な対応が必要です。以下の4つを心がけましょう。

元に戻して再び使用しない

取れてしまった被せ物を試しに装着してみたところ、うまくはまってまた使えるようになるケースがありますが、おすすめできません。やはり一度取れてしまった以上、きちんと装着されている状態とは言えないからです。

中には接着剤などを使って固定する方もいますが、これもやめましょう。正しいとはいえない状態で使い続けた場合、細菌感染のリスクもあります。

外れた状態でそのまま食事しない

被せ物が外れた状態で食事をした場合、不適切な形で治療を行った箇所に負荷が加わることになります。更に、外れた部分はどうしても気になるものなので、舌で無意識に触ってしまい、細菌感染のリスクにつながってしまうこともあるのです。

不衛生な場所で保管しない

取れてしまった被せ物は、歯科医院に行くまでの間、衛生的に管理しましょう。ティッシュなどに包むと繊維が付着してしまうだけでなく、ゴミと間違って捨ててしまう可能性があります。小さなプラスチックケースなどに入れて保管してください。

できるだけ早くかかりつけ医に相談する

被せ物が取れた場合、できるだけ早く、医師に相談するのが理想的です。取れている期間が長くなるほどデメリットも大きくなってくるので、早いタイミングで相談しましょう。

被せ物が取れてしまうのを防ぐ方法


インプラントの被せ物が取れてしまうリスクをできるだけ抑えるためには、適切な日々のケアと定期メンテナンスが重要です。特に定期メンテナンスでは、部品のゆるみなどが発生していた場合にいち早く対処してもらえます。

自分で行うブラッシングなどのケアに加え、定期メンテナンスも確実に受けるようにしましょう。

定期メンテナンスについては『インプラントのメンテナンス方法!歯科医院で受ける場合と自宅で行う方法を紹介』で詳しくご紹介しています。

被せ物が取れた場合は早急に対応を


被せ物が取れた状態で長く過ごしてしまうと、その後のインプラント治療に悪影響をおよぼしてしまう可能性もあります。自分で無理な対処をするのではなく、できるだけ早く歯科医院で相談してみてください。

忙しくてすぐに歯科医院を訪れるのが難しい方は、来院までの期間中は衛生的に被せ物を保管する、被せ物が取れた部分で物を噛まないように注意するなどに気を付けて過ごすことが重要です。