インプラント治療のセカンド・サードオピニオンの必要性について

インプラント治療を受けるにあたり、治療内容についてより深く理解したり、他の角度から見解を聞いたりしたい場合に役立つのが、セカンドオピニオンやサードオピニオンです。

必ずしも必要なものではありませんが、ファーストオピニオン以外の医師の意見も確認したいと考えている方にとって、とても参考になるものだといえるでしょう。どのようなメリットがあるのか、注意点は何かなどをご紹介いたします。

インプラント治療のセカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンは、現在相談をしている主治医以外の医師に治療に関する相談をすることで、「第二意見」のことをいいます。

医師によって治療への考え方は異なり、複数の医師の話を聞くことにより、自分が選択しようとしている治療法は本当に自分に合っているのかなど、治療についてより深く理解できるのが魅力です。

担当の医師から推奨されている治療法があったとしても、専門的な知識がない患者さんからすると、それが本当に自分にとって最適なのか理解することができません。しかし、複数の医師の話を聞くことにより後悔のない治療を検討することができるでしょう。

インプラント治療をするにあたり、セカンドオピニオンを受ける場合、あらかじめ担当医から十分な説明を受け、自分の歯の状態や提案されているインプラント治療についてよく理解しておくことが重要です。

ファーストオピニオンの医師に対して確認しておきたいこととして、行う予定の治療に関してメリットやデメリット、リスクなどを確認します。また、治療にかかる費用や期間なども忘れずに確認し、わからないことがあったら質問をしましょう。

基本的にセカンドオピニオンを受けるためには、担当医にその旨を伝えて書類を準備してもらわなければなりません。今はセカンドオピニオンを行う方が増えて、医院側にとっても珍しいことではないので、気にすることなく相談してみてください。

どうしても言い出しにくい場合は、無理に伝える必要はありません。ただし、細かい検査結果や所見などがわからないとセカンドオピニオンで明確な意見をもらうのが難しくなってしまうケースもあります。

インプラント治療でセカンドオピニオンが必要な理由

セカンドオピニオンはなぜ必要になるのでしょうか。インプラント治療においてセカンドオピニオンは、以下のような理由から重要だといえます。

ファーストオピニオンが正しいかどうか判断できる

医師によって治療の考え方は異なるため、相談する医師によって治療方針などが変わることがあります。

もし、最初に話を聞いた医師の治療方針などに疑問を持っているのであれば、医師の意見が正しいかどうか判断するためにもセカンドオピニオンが役立つでしょう。安心して治療を受けることにもつながります。

治療や担当医の選択肢を広げることができる

歯科医院や医師によってできることが違います。そのため、ファーストオピニオンとは異なる医師の話を聞くことにより、治療・担当医の選択肢を広げることが可能です。

他の医師の話もきいてみたい、参考にしたいと考えている方にぴったりです。別の角度から治療について提案してもらえることもあります。

また、医師によって技術力も異なるため、ファーストオピニオンの医師にはできないと言われたことがセカンドオピニオンの医師だと可能な場合もあります。希望している治療が難しいと言われてしまった場合も、セカンドオピニオンを受けて選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。

インプラント治療に関する理解が深まる

複数の医師から話を聞く事により、インプラントへの理解を深めることが可能です。どのように治療を進めていくのか、どういった治療が行われるのかなど、気になることがあれば相談しましょう。

医師によって説明の仕方が変わりますし、それによってどれくらい理解できるかも変わってきます。もし、ファーストオピニオンの医師からの説明がよくわからなかったものの、再度質問しにくいといった場合もセカンドオピニオンで相談してみましょう。

インプラント治療は高額ですし、外科治療を伴います。不安や疑問が残った状態で治療を開始するのは良くないので、質問を重ねて納得したうえで治療を決断することが重要です。

治療費の適正価格を把握できる

インプラント治療は自由診療であり、保険が適用されません。そのため、歯科医院で独自に費用を設定することができるのですが、複数の歯科医院で見積もりを出してもらえれば、適正価格が見えてきます。できる限り費用を抑えたいと考えている方もいるでしょう。

しかし、インプラント1本あたりの価格は32~40万円程度です。これよりも極端に安い場合、粗悪な素材を使っている、医師が経験不足であるため費用を安く設定しているなどの可能性も考えられます。

一人ひとり口の中の状態は違い、実際に治療を受ける際にはどれくらいの費用がかかるかは個人差が大きいです。自分の場合の適正価格がどれくらいか知るためにもセカンドオピニオンを役立ててみると良いでしょう。

複数の歯科医院で見積もりをもらうのがおすすめです。

インプラントのセカンドオピニオンで確認すべきこと

セカンドオピニオンで聞いておくべきポイントは、専門家としての意見です。

本当にファーストオピニオンで提示された治療法が正しいか不安に感じてセカンドオピニオンを受ける方がいますが、治療内容が間違っているようなケースはほぼありません。

そのため、ファーストオピニオンが正しいかどうか相談するのではなく、ファーストオピニオンで気になったことや自分の希望が通らなかったポイントなどを相談してみるのがおすすめです。

医師によって考え方や、対応できる治療内容も変わってくるので、同じ質問や要望を伝えてもファーストオピニオンとは異なる答えが返ってくる可能性があります。

質問をする前にファーストオピニオンの内容の中で不安に感じていることや、不満に感じていることがあればそれも伝えましょう。

インプラントのセカンドオピニオンの注意点

注意点として、基本的にセカンドオピニオンは新しい治療を検討するための紹介ではなく、他の医師からファーストオピニオンの見解を聞いて理解を深めたり、アドバイスを受けたりする目的で行う行為です。

セカンドオピニオンで直接医療行為を受けるわけではないので、このあたりは勘違いしないようにしなければなりません。

そのため、セカンドオピニオンを受けたらファーストオピニオンを受けた医院で相談するのが基本だと考えましょう。専門家の意見を聞くことになるので、話をするだけといっても有料になります。

また、セカンドオピニオンに保険は適用されません。医療機関によって費用が異なるので、費用が気になる場合は事前に電話やホームページで確認しましょう。

中には自分の医院に転院してくるように強く勧めてきたり、大げさに患者さんが不安になるようなことを言ってきたりする医師もいますが、信頼できないと感じる医師には注意が必要です。

インプラント治療のサードオピニオンの必要性とは

サードオピニオンとは、セカンドオピニオンとも異なる医師から話を聞き、「第三意見」をもらうことをいいます。セカンドオピニオンだけでも十分なケースが多いのですが、最初に相談した医院とセカンドオピニオンで歯を抜く治療を提案された場合、サードオピニオンについても検討してみると良いでしょう。

医院によって治療方法は大きく異なり、医院が変われば他院では抜かなければならないと言われた歯でも残せる可能性があるからです。

近年はできる限り歯を抜かない治療を行っている医院が増えてきましたが、どこまで残せるかは各医院によって異なります。自分の歯を一本でも多く残したいと考えている方は、セカンドオピニオン、サードオピニオンも検討してみましょう。

ただし、治療の都合上、どうしても残せない歯も存在します。このあたりについても理解しておかなければなりません。

セカンド・サードオピニオンをスムーズに進めるために

実際にセカンド・サードオピニオンを検討している方のために、全体的な流れについてご紹介します。スムーズに進めるためのポイントをおさえておきましょう。

ファーストオピニオン担当医から資料や情報を受け取る

まずはファーストオピニオンの担当医に相談し、必要な情報や資料をもらいましょう。紹介状やレントゲン写真などがもらえればスムーズにセカンドオピニオンを進められるだけでなく、同じ検査にかける費用を抑えられます。

必要な情報や資料を受け取らずに他の歯科医院で相談する場合、一から検査をすることになってしまいます。

セカンドオピニオンを受けることを伝えるのは何となく気まずいという方もいますが、セカンドオピニオンは患者の権利です。

快く対応してくれるケースがほとんどなので、それほど心配いりません。

インプラント治療に対応している歯科医院を見つける

続いて、インプラント治療に対応している歯科医院の中から、信頼できる歯科医院を探しましょう。「インプラント治療ができる」と「インプラント治療が得意」では大きく変わってくるので、慎重に検討が必要です。

インプラント治療は長くかかる治療であるため、位置的に通いづらい歯科医院は避けたおいたほうが良いでしょう。

確認事項や質問事項を準備しておく

医師に確認したいことや質問があれば、メモにまとめておきましょう。どの程度の相談時間を確保してもらえるかは歯科医院によって異なります。

特に相談できる時間が短い場合、質問をメモしていかないと聞くのを忘れてしまう項目が出てくる恐れがあります。

相談時間を有効的に活用するためにも、気になることをリスト化してまとめておきましょう。どの程度相談時間が用意されているのか、あらかじめ電話などで確認しておくと安心です。

セカンド・サードオピニオンは正しく活用を

セカンドオピニオンを利用することにより、ファーストオピニオンの内容についてより深く理解することができます。安心して治療を受けるためには、自分がどのような治療を受けることになるのかについて明確に把握しておくことが重要です。

必要があればサードオピニオンも利用しながら、インプラント治療について考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です