インプラントの再治療について

インプラントの寿命は非常に長いのですが、何かトラブルが起こると再治療が必要になってしまうことがあります。治療中の失敗が原因で再治療をしなければならない状態になることもあれば、セルフケアに問題があるケースも多いので、どのような場合に再治療が必要になるのかについてご紹介しましょう。
治療の方法や費用についても参考にしてみてください。

インプラントで再治療が必要な場合

インプラント治療を行う目的といえば、失った歯をカバーし、自然の歯と同じように物を噛める状態を作ることにあります。しかし、何らかの理由によりその機能が果たせない結果になってしまった場合には再治療が必要になることがあるのです。

代表的な例についてご紹介しましょう。

炎症が起きてインプラントが定着しない

インプラント治療は、歯茎を切開してあごの骨に穴を開け、そこにフィクスチャーと呼ばれる土台になる部品を埋め込んで人工の歯を固定します。この土台部分はチタンで作られており、骨に埋め込むと、骨と結合する特徴を持っているのです。こうすることによって強固な土台を築くことができるのですが、インプラント周辺に炎症が発生してしまうと骨とチタンがうまく結合せず、定着しません。

インプラントと骨が結合するまでには数ヶ月かかるのですが、免疫力や自然治癒力が衰えている方は結合に時間がかかってしまいます。この間に細菌感染などが起こり、インプラント周辺が炎症を起こしてしまうと更に定着率が低くなり、下手をすると抜けてしまうことがあるのです。このような場合は再治療で対応しなければなりません。

インプラントが抜け落ちる

インプラントが抜け落ちてしまった場合も再治療をする必要があります。インプラントが抜け落ちてしまう原因の中でも大きいのが歯周病の問題です。歯周病の原因である歯周病菌は炎症の原因であり、インプラントの大敵だといえます。

通常は歯周病の治療をしたうえでインプラントを埋入することになるのですが、十分に歯周病の治療をせずに急いでインプラントを埋入したような場合は炎症が発生しやすくなり、抜け落ちてしまうリスクが高くなるのです。

インプラントの再治療の方法

インプラントの治療で再治療が必要になってしまった場合、症状に合わせて治療を進めていくことになります。

例えば、インプラントを埋入した直後にぐらつきが発生したようなケースでは、十分な骨の量がない状態で治療を行ったり、骨吸収と呼ばれる現象が起きたりして、インプラントと骨が結合していない可能性が高いです。
この場合はインプラントを撤去したうえで治癒を待ち、骨の量が戻ってから再度埋入する必要があります。

また、手術直後ではなく、しばらくしてから症状が現れた場合には、歯周病菌に感染したことによってトラブルが起きているケースが多いです。除菌のほか、進行を抑えるための骨移植を行うこともあります。

再治療でどのような対応が必要になるのかについては一度詳しい検査を受けてみなければ判断できません。気になることがあれば早めに歯科医院に足を運びましょう。

インプラントの再治療にかかる費用

状況によって治療費は変わるので、あくまで一例という形でご紹介します。インプラントの治療は一般的な歯科治療より費用が高額ということもあり、多くの歯科医院では一定期間なら格安で再治療ができるように費用を設定しているところが多いです。

例えば、手術から数年の間に再手術が必要になってしまったような場合は治療費無料としているところもあるので相談してみましょう。どれくらいの期間が無料期間として設定されているかは歯科医院によって異なり、3年程度のところもあれば、7年ほどは無料としているところもあります。

それ以降については全額自己負担での再治療になる場合もありますが、歯科医院の中には従来の治療費に比べて数割程度の自己負担で済むところもあるので確認してみてください。

インプラントの再治療にならないために気をつけること

再治療が必要になる原因はいろいろあるのですが、例えば歯ぎしりの癖がある方はインプラントに負担がかかり炎症を引き起こしやすいので、マウスピースを作るなどして対策をとりましょう。それから、タバコはインプラントの定着率を下げてしまう大きな原因の一つです。できる限り禁煙に努めることをおすすめします。

普段の生活の中で何より心がけたいのは、丁寧なセルフケアです。インプラント治療を行うと定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることになりますが、それ以外の日々のスキンケアがインプラントの状態を大きく左右します。
デンタルフロスや、ポイント歯ブラシであるワンタフトブラシなども活用しながら丁寧なブラッシングを心がけましょう。

インプラントを長持ちさせるために

インプラントは高い治療費がかかるだけでなく、治療期間も長いことから、治療後はできるだけ長持ちさせたいところです。普段から口の中を清潔に保つように心がけ、丁寧なセルフケアを行うのはもちろんのこと、定期的に歯科医院に通い、専門的なケアをしてもらう必要があります。正しいケアで長持ちさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です