インプラントと入れ歯は併用可能?おすすめのケースを解説

抜けた歯をそのままにしておくと咀嚼しにくいだけではなく、見た目などの問題もあります。何らかの方法で対応しなければなりません。

その際、代表的な選択肢といえば入れ歯です。中には機能性や審美性に優れているインプラント治療が気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで、入れ歯やインプラントで失った歯を補う方法と、これらは併用できるのかについて解説します。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントも入れ歯も、失った歯を補うための選択肢の一つです。大きな違いとして、機能性と審美性、費用などに関することが挙げられます。それぞれについて特徴を解説します。

インプラントとは

インプラントは、あごの骨にドリルで穴を開けて人工歯根を埋め込み、取り付けた土台に人工歯を装着する治療法です。

外科手術が必要になり、保険は適用されません。ですが、自分の歯と同様に扱える審美性・機能性ともに優れた人工歯を装着できるのが魅力です。

インプラントはあごの骨に埋入するので固定されることになり、自分の歯と同じように歯磨きを中心としたケアを行っていくことになります。適切にメンテナンスしながら使うことにより、半永久的に使えるのが魅力です。

インプラントの治療について『インプラントとは?メリット・治療の流れ・費用など徹底解説』で更に詳しく紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

入れ歯とは

入れ歯は部分入れ歯と総入れ歯があり、素材によっては保険を適用できます。そのため、安く作れるのがポイントです。

ただ、機能性・審美性は高いとはいえず、入れ歯にしたものの違和感がある、見た目が気になるなどの理由から満足できていない方も多いといえます。インプラントと異なり入れ歯は取り外せるので、取り外してケアをします。

インプラントと入れ歯は併用可能なのか?

インプラントと入れ歯は、併用して利用できます。例えば、下の歯が全体的にない場合は片あごを入れ歯にし、数本だけない上の歯はインプラントを埋入するなどが可能です。

現在すでに入れ歯を使っているものの、追加で歯を失ってしまった部分はインプラントにしたいと考えているのであれば、併用について検討してみると良いでしょう。

インプラントと入れ歯の併用がおすすめのケース

どのような場合にインプラントと入れ歯を併用するのがおすすめなのでしょうか。代表的なケースについて3つ解説します。

全ての歯を失ってしまった場合

口腔内の状態が悪く、すべての歯を失ってしまったような場合は、インプラントと入れ歯の併用が適しています。あごの骨の状態が良い場合はインプラントで対応できますが、骨が不足しているような場合はインプラントが埋入できません。

骨を増やす治療も難しいような場合は、インプラントが埋入できる部分を探して数本入れ、それを支えとして入れ歯を作る方法がおすすめです。

少ない予算で多くの歯を治療したい場合

失った歯すべてをインプラントにすると、治療費が高くついてしまいます。インプラント治療は保険が適用されないため、全額自己負担になるからです。

費用は1本あたり32~40万円なので、複数本入れようと考えると高くついてしまいます。失ったすべての歯をインプラントにするのが難しい場合、部分的にインプラントにして、他の部分は部分入れ歯にするといった方法もあります。

特に保険適用の入れ歯を選択すれば、費用を大きく抑えられる方法です。

オーバーデンチャーを行う場合

オーバーデンチャーとは、一般的な総入れ歯でよくあるずれる、外れるなどの問題を解決できる入れ歯であり、インプラントと入れ歯を組み合わせた治療法です。

残っている歯や、新たに埋入するインプラントによって入れ歯(オーバーデンチャー)を支えます。

通常、入れ歯は粘膜で支えていますが、歯やインプラントを土台とすることによって噛む力が強くなるのがポイントです。

オーバーデンチャーにはいくつか種類があります。入れ歯の裏に装着した金具をホックで留めるようにしてインプラントと連携させるボールタイプ、磁石を使ったマグネットタイプ、インプラントに専用のバーを連結して入れ歯に挟み込むバータイプなどが代表的です。

通常のインプラントとは異なり、取り外しができます。

インプラントと入れ歯の併用で快適に

予算や口腔内の状況に合わせてインプラントと入れ歯を併用することにより、快適な口腔内環境を目指せます。全体的にインプラントにするとどうしても費用がかかってしまうことを心配しているのであれば、入れ歯と組み合わせてみるのがおすすめです。

インプラントにしたくてもあごの骨が足りていないなどの理由から選択できないこともあるので、まずは歯科医院で詳しく検査を受けてみてはいかがでしょうか。