インプラント治療の手術時間はどれぐらい?

インプラント治療では、どれくらいの手術時間がかかるのかについて解説します。1回法と2回法のどちらを選択するのか、骨の増量治療は必要になるのかによっても手術時間が変わってくるので、自分のケースではどれくらいかかるのか、医師に直接確認してみると安心できるでしょう。
一般的な手術時間の目安や、骨の増量治療を行う場合におさえておきたいことなどについてご紹介します。

インプラント治療における具体的な手術時間とは

インプラント治療の手術にどれくらい時間がかかるかについては、治療方法によって手術に費やす時間が変わってきます。

インプラント治療は1回の手術で済ませる1回法と、2回手術が必要な2回法があり、それぞれ手術時間は以下の通りです。

1回法の場合

一度の手術であごの骨に土台となるフィクスチャーを埋め込み、人工歯である上部構造を取り付けるためのアバットメントの装着まで行います。フィクスチャーの埋入にかかる時間は1本なら15分~20分程度が目安です。2~3本の場合は25~45分、4~6本は50~85分、7~10本は90~120分ほどとなります。

2回法の場合

2回手術を行う2回法の場合、1回目の手術でフィクスチャーを埋め込み、2回目の手術でアバットメントを装着することになります。1回目の手術でフィクスチャーを埋め込むのにかかる時間は、1本なら10~25分程度です。2~3本は20~35分、4~6本は40~75分、7~10本は80~110分が目安となります。
アバットメントを装着する2回目の手術は、1本だと5~10分程度です。2~3本は15~20分、4~6本は25~35分、7~10本は35~60分ほどを目安にしてみてください。

前処置の時間が必要

埋入する本数によっても変わるのですが、池袋デンタルオフィスの場合、インプラントの手術全体にかかる時間は30分~1時間ほどです。手術前には口腔内の掃除などを行わなければないのですが、これらを含めても2時間ほどとなっています。
詳しくは後述しますが、静脈内鎮静法を受ける場合や、手術と同時に抜歯を行う場合はプラスして時間がかかるため、予定時間について確認しておきましょう。

骨の増量治療にともなう手術時間

インプラントはあごの骨に土台となるフィクスチャーを埋入するため、十分な量の骨がなければ手術をすることができません。そのため、骨の量が足りない場合は骨を増やすための治療を行う必要があるのです。
骨の量が足りない原因としては、歯周病が進行している、生まれつき骨が薄い、入れ歯が合っていないために骨に刺激が送られず、骨が痩せてしまったケースなどが挙げられます。

骨の増量治療は、インプラント手術と並行して行う方法のほか、事前に行う方法があり、それぞれ以下の時間がかかります。

手術の種類 治療にかかる時間
手術と並行して行う場合 事前に行う場合
ソケットリフト 1箇所5~10分
サイナスリフト 片側10~20分 片側30~40分
GBR法 1箇所10~20分 1箇所30~40分
ベニアグラフト 75~90分
他部位からの骨移植 120~180分

手術の種類については以下を参考にしてみてください。

ソケットリフト

上あごの骨が足りない場合に、上あごの骨を少し残してその骨と上顎洞の粘膜を持ち上げ、インプラントを埋め込む方法です。手術と並行して行います。

サイナスリフト

上顎洞の底部分に骨を移植し、骨の量を増やす手術です。上顎の臼歯部と呼ばれる部分に必要な量の骨が足りていない時に選択されます。

GBR法

骨再生誘導法とも呼ばれるもので、人工骨や自分の骨、メンブレンやチタンメッシュといった物を骨が失われている部分に用いる方法です。抜歯直後に行うインプラント手術で選択されることもあります。

ベニアグラフト

下顎枝や上顎結節からブロック骨を採取して骨が足りない場所に固定することから、ブロック骨移植とも呼ばれる骨造成法です。上顎前歯部のインプラント治療で選択されます。

他部位からの骨移植

口以外の部分から骨を採取する手術です。主に腸骨や膝骨から採取します。

インプラント手術以外の処置と治療時間

インプラント手術を行う際に、その他の処置が必要になる場合は、別途治療時間がかかります。代表的なものは以下の通りです。

手術と並行して抜歯を行う場合

抜歯の数によっても変わりますが、5~10分程度かかります。特に時間がかかってしまうことが多いのが、歯を抜いた周辺に、肉芽組織などの掻き出す必要がある組織が存在していた場合です。残してしまうと、インプラントの土台であるフィクスチャーと骨がうまく結合しない場合があるため、慎重に行わなければなりません。

静脈内鎮静法を用いる場合

インプラント治療に恐怖を感じている方におすすめしたいのが、リラックスした状態で手術を受けられる静脈内鎮静法です。意識のない全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような感覚で治療が受けられる方法です。
事前に説明を受け、当日は健康状態を確認したうえで静脈内鎮静法のために必要な機器を身に付け、点滴で薬を入れることになります。また、手術後は沈静状態を解除するための薬を同じく点滴で流し、機器類を外します。

手術前とあとで、それぞれ10~15分程度の時間がかかるので、静脈内鎮静法を選択する場合は20~30分程度時間が延びるほかは、手術後は麻酔薬の影響でふらつきが出ることがあるため、しばらく安静にしたうえで帰宅しましょう。
また、静脈内鎮静法を選択する場合は、同日に自転車や自動車の運転ができないほか、突然の眠気が発生することもあるので手術後は予定を入れず、自宅でゆっくり休むことをおすすめします。

手術時間は状況によって異なる

インプラントの手術にかかる時間についてご紹介しました。
インプラント治療に関わる手術時間は手法や口腔内の状態、埋入するインプラントの本数などによって大きく変わります。そのため、自分の場合はどれくらいの手術時間がかかりそうかについては、事前に担当の医師から説明を求めましょう。