インプラント手術の1回法と2回法の違いについて解説

インプラント手術には、1回だけ手術を行う1回法、2回手術を行う2回法の2種類があります。1回で済ませられるほうが良いと考えてしまいますが、2回法ならではのメリットもあるため、それぞれの違いや特徴についてご紹介します。
また、どちらの方法を行うかによって手術をする際の流れも異なるので、全体的な流れを確認するのに役立ててみてください。

インプラント手術における1回法と2回法の違いとは

1回法と2回法では、行われる治療方法や向いている人や特徴が異なります。それぞれの違いについて解説します。なお、成功率についてはほとんど同等と言われています。

1回法の特徴

現在、インプラント治療で主流になっているのがこちらの1回法です。歯肉を切開する外科手術が1回で済むことから、1回法と呼ばれます。

インプラント治療では、土台となるフィクスチャーをあごの骨に埋入し、アバットメントと呼ばれる部品でフィクスチャーに人工歯である上部構造を設置します。
2回法では、フィクスチャーの埋入とアバッチメントの設置をそれぞれ別の手術で行うのに対し、これらをまとめて行うのが1回法です。歯肉の切開が1回で済むことから、体への負担を抑えることができます。また、外科手術が1回で済むので、手術時間を短縮できるのも大きな魅力といえるでしょう。

ただし、すべての方が選択できるわけではなく、インプラントを埋入するあごの骨が十分でなければ、1回法で治療することはできません。骨移植や骨再生の併用も可能ではありますが、その場合はこれらの治療を伴わない場合に比べて手術内容が複雑になるため、細菌感染リスクが高くなってしまいます。

2回法の特徴

従来、主流とされていたのが2回法です。1回目の手術であごの骨にフィクスチャーを埋入し、それから3~6ヶ月ほど経過してから行う2回目の手術で、フィクスチャーにアバットメントを取り付けます。そのため、2回歯肉を切開する外科手術が必要です。このことから1回法に比べて患者への負担は大きくなりますが、1回目の手術後は歯茎を閉じるため、細菌感染リスクを抑えることができます。

また、インプラント治療ではフィクスチャーとあごの骨が結合することによってしっかり固定できるようになるのですが、1回法は1回の手術で歯肉から突き出ている状態でアバットメントを固定するため、咀嚼の際などに刺激を受けやすく、フィクスチャーの固定に悪影響を与えてしまうことがあります。2回法では、1回目の手術のあとに歯肉を閉じてアバットメントに外力がかかりにくくなるため、インプラント脱落のリスクが低いのが魅力です。

インプラント手術における1回法の詳しい流れ

1回法の場合は以下の流れで行います。

1.インプラント埋入手術

局所麻酔をしてから歯肉を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けます。その後、フィクスチャーとアバットメントを取り付けますが、アバットメントが露出している状態になるため歯肉は閉じません。

2.顎骨との結合期間

アバットメントが露出した状態で、フィクスチャーと骨が結合するのを待ちます。かかる期間は患者さんの骨の状態などによって異なります。

3.人工歯の装着

型取りをして人工歯を作り、できあがった人工歯をアバットメントに装着します。

インプラント手術における2回法の詳しい流れ

2回法の流れは以下の通りです。

1.インプラント埋入手術(一次手術)

1回法と同じく、局所麻酔をしてから歯肉を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けます。フィクスチャーを埋入し、歯茎を縫合します。

2.顎骨との結合期間

結合期間を置き、フィクスチャーと骨が結合するのを待ちます。骨の状態などによってかかる期間は異なるものの、一般的には3ヶ月~6ヶ月ほどの結合期間が必要です。

3.二次手術

再度局所麻酔をしてから歯肉を切開し、フィクスチャーにアバットメントを装着します。

4.人工歯の装着

二次手術の傷が癒えるまで2~4週間ほど待ち、人工歯の型取りを行います。その後、できあがった人工歯をアバットメントに装着します。

歯科医院によっても選択できる方法が異なる

インプラント治療で行われている、1回法と2回法の違いについてご紹介しました。それぞれ特徴や向いている人が異なるので、自分の場合はどちらが最適かについて、歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

ただ、歯科医院によってどちらか一方しか選択できない場合があります。1回法と2回法では、それぞれメリットとデメリットが異なるため、いずれかの方法しか選択できない場合、自分にとって本当に適している治療法が、選択できない可能性があるので注意しましょう。

池袋デンタルオフィスでは、1回法と2回法の双方とも受診可能となっているので、お気軽にご相談ください。また、患者一人ひとりの口腔内環境やインプラントに対する希望などを踏まえたうえで、最適な治療方法を提案しているので、自分に向いているインプラント治療がわからない、自分の口腔状態についてよく理解したうえで、治療を検討したいと考えている方でもご安心いただけます。