ガイデッド・サージェリーインプラントとは?特徴やメリットを解説

できる限り安全性の高いインプラント治療を選択したいと考えている方から選ばれているのが、「ガイデッド・サージェリーインプラント」です。従来の治療法に比べて、より万全な備えでインプラント手術に挑むことができる方法となっています。

ガイデッド・サージェリーインプラントとは何なのか、行われる治療の流れやメリットなどについてご紹介しましょう。

ガイデッド・サージェリーインプラントとは

ガイデッド・サージェリーインプラントとは、CTスキャンをもとにした治療計画に沿って行われるインプラント手術や、そのシステムを指します。撮影したCT画像を元にしてテンプレートを作成し、実際の治療はそのテンプレートを使用して、シミュレーション通りに行うことができるのです。

インプラント治療の中には失敗してしまう例がありますが、そういったものの多くが事前の治療計画通りにインプラントを埋入できないことや、担当している医師の技術不足などが原因で発生します。

ガイデッド・サージェリーインプラントでは、シミュレーションデータを作成することにより確実な形で手術を進めていくことができるため、インプラント本体を埋入する角度や位置、深さなどを正確に決め、安全性の高い手術が可能です。

手術の際には、事前の検査をもとに作成した「サージカルガイド」と呼ばれるマウスピースのような装置を使用し、計画通りにインプラントを埋入させることができます。

ガイデッド・サージェリーインプラントの流れ

ガイデッド・サージェリーインプラントを活用した場合、以下のような流れで進みます。

  1. 高精度のCT撮影
  2. 専用ソフトによる綿密なシミュレーション
  3. サージカルガイドの作成
  4. ガイドに沿ってあごの骨にドリルで穴を開ける
  5. インプラント本体の埋め込み
  6. インプラント手術の完了

詳細な治療計画は、個人の口腔内の状態によって変わってくるため、カウンセリング時や、治療計画の説明時などに詳しく確認してみてください。

事前に行われるCT撮影で骨の量や厚みが足りないと判断された場合は、インプラント治療を行う前に骨を増やす治療を行わなければならない場合もあります。

ガイデッド・サージェリーインプラントのメリット

ガイデッド・サージェリーインプラントによる治療は受けることにより、以下のようなメリットがあります。

組織損傷のリスク軽減

インプラント治療では、あごの骨に対し適切な位置に穴を開け、同じく適切な位置、角度でインプラントを埋入しなければなりません。

人為的ミスが起こりやすい場面とも言えるのですが、ガイデッド・サージェリーインプラントではこの人為的なミスを防ぐことが可能です。

事前に作成するサージカルガイドによって、どこに穴を開けるかが明確にわかるだけでなく、設定していた深さ以上には、器具が入らないようになっています。インプラント埋入についても同様で、適切な深さ以上は奥に埋入できないようになっているので安心です。

出血・腫れ・痛みが少ない

インプラント治療では出血や腫れを伴い、場合によっては痛みが起こることがあるのですが、ガイデッド・サージェリーインプラントはこれらのリスクを大幅に抑えることが可能です。

通常のインプラント治療ではメスを用いて歯肉を切開するため、出血があります。ですが、ガイデッド・サージェリーインプラントは小さな穴を開けるだけで済むので、出血や腫れを抑えられるのが特徴です

また、メスでの切開が必要ない分、術後の痛みなどについても抑えられます。出血や痛みなどが不安でインプラント治療を悩んでいる方にとっても魅力的な選択肢です。

噛み合わせの向上

ガイデッド・サージェリーインプラントでは、先に細かいシミュレーションを行うため、その段階で噛み合わせも含めて検討が可能です。

例えば、どの位置にかぶせ物を装着することにより、噛み合わせが向上するのかなどがわかります。従来のインプラント治療と比較すると、より深く噛み合わせを考えたうえで治療計画を立てられるのが魅力です

従来のインプラント治療をした後に噛み合わせの問題が出てきてしまうケースがありますが、噛み合わせのトラブルをできる限り防ぎたいと考えているのであれば、ガイデッド・サージェリーインプラントが向いています。

インプラントを長持ちさせることが可能

適切な位置にかぶせ物を装着できることに加え、計画通りの手術ができるため、理想的なインプラント手術に繋がります。これにより、インプラントにかける負担を極力抑え、長持ちさせることができるのです。

手術時間の短縮

従来のインプラントの手術をする際には様々なことを考え、細かい調整をしながらできる限り慎重に進めていく必要がありました。

ガイデッド・サージェリーインプラントでは、事前にインプラント埋入位置の細かい設定ができますし、サージカルガイドを用いた確実な手術ができるため、手術時間も短縮することができます。

通常のインプラントよりも費用は高くなるのか


従来のインプラント治療と比較すると、ガイデッド・サージェリーインプラントの方が費用は高くなります。従来のインプラント治療の場合、費用の相場は1本あたり32~40万円程度です。

ですが、ガイデッド・サージェリーインプラントの場合は、これにプラスして数万円程度の費用がかかります。これは、ガイデッド・サージェリーインプラントで治療を行うにあたり、従来では必要ないような多くの工程を組まなければならないからです。

CT撮影のほか、口腔内模型の作成が必要ですし、詳細なシミュレーションを行うためのソフトも求められます。更には、インプラントを正しい位置に埋入するためにガイドの役割を果たすガイドステントも作成しなければなりません。

専門的な治療を行うことになるので、ガイデッド・サージェリーインプラントに必要な外科キットを導入するための費用もかかります。

具体的にどの程度の費用がかかるのかについては、治療を受ける歯科医院によって違いが大きいです。自分の場合はどの程度の費用がかかりそうか事前に確認しておきましょう。

ガイデッド・サージェリーインプラントにおけるポイント


ガイデッド・サージェリーインプラントによる治療を成功させるために欠かせないのが、事前に行われる正確なシミュレーションです。リアルで正確なシミュレーションを行うからこそ理想的なインプラント治療につながります。

いかに正確かつ綿密なシミュレーションを実施できるかによって成功率が変わるとも言えるので、信頼できる歯科医院を探すことが重要です。

そのためにはガイデッド・サージェリーインプラントの治療において実績のある歯科医院で相談してみると良いでしょう。

「ガイデッド・サージェリーインプラントに対応している歯科医院であれば、必ず十分なシミュレーションをしてくれるはず」と考えるのはおすすめできません。

また、自分にとって理想的な治療について理解するため、セカンドオピニオンやサードオピニオンを受ける選択肢もあります。

セカンドオピニオンの重要性や役割、注意すべきことなどについては『インプラント治療のセカンド・サードオピニオンの必要性について』で詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。

より確実なインプラント治療を求めている方におすすめ

できる限りリスクを抑えたインプラント治療を行いたい方から注目されている、ガイデッド・サージェリーインプラントについてご紹介しました。

シミュレーション通りに手術ができるので、治療計画と異なる場所にインプラントを埋入してしまったり、担当医師の技術不足によるトラブルリスクなどを抑えたりするのに役立ちます。最新のインプラント治療が気になっている方にもおすすめです。