補綴治療とは何?インプラント治療と他の治療法の違いについても解説

インプラント治療

インプラント治療を行うにあたり、おさえておきたいのが補綴(ほてつ)治療です。

具体的に補綴治療とは何のことを言うのか、補綴治療の位置、インプラント治療とその他の治療方法は何が違うのかなどについてご紹介します。

それぞれの違いや特徴について理解したうえで治療を検討したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

補綴治療とは

補綴とは、人工物で欠損している体の一部を補うことです。

歯科医院で選択できる補綴治療にはいくつか種類がありますが、中でも代表的なものを5つご紹介します。

クラウン

クラウンとは一般的に被せ物と呼ばれるものです。歯肉から上部分にあたる「歯冠」をほとんど失ってしまった場合に用いられています。

歯肉から下部分である「歯根」が残せるケースで選択できる治療法です。

例えば、虫歯などで歯を削った際、その削った部分に金属やセラミックといったクラウンを被せることがあります。

インプラント治療と異なり、外科手術ではありません。

ブリッジ

ブリッジは、失ってしまった歯の前後にある歯を削り、そこを土台として3本~が連結した人工の歯を被せる方法です。

見た目はとても自然で、自分の歯と変わりありません。

ただ、失った部分の前後の歯を支えとしてブリッジを取り付ける必要があるため、前後の歯が健康であったとしても削らなければならないのがデメリットです。

部分入れ歯

部分入れ歯は、部分的に歯を失ってしまった場所を補うためのものです。

残っている歯にクラスプと呼ばれるバネなどを引っかける事により、入れ歯を安定させます。

バネは金属製のものが主流ではありますが、目立ちやすいことから金属以外のバネを使っているものを選択する方も多いです。ただ、保険適用外になります。

総入れ歯

すべての歯を失った場合に選択される補綴治療の一つが、総入れ歯です。

床(しょう)と呼ばれる合成樹脂で作られた土台に人工歯が並んでおり、あごの粘膜と粘着させて使用します。

保険適用のものは、人工歯を支える素材がプラスチック製のものとなります。

ただ、保険適用のものは国が定めている作り方や素材で作成しなければならず、口に合わないなどのトラブルが起こりやすいです。

保険適用外のものは高額ではありますが、見た目や機能性にこだわりたい方から選ばれています。

インプラント

快適に物をかめる補綴治療を選びたい方におすすめなのが、インプラント治療です。

歯を失った部分に骨と結合する性質を持ったチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に上部構造と呼ばれる補綴装置を接続します。

保険適用外ではありますが、見た目が非常に自然でかむ力も強いのが魅力です。

インプラント治療と他の治療方法との違い


インプラント治療とその他の治療法では何が違うのでしょうか。おさえておきたいポイントを解説します。

インプラントとクラウンの違い

インプラント治療は外科手術で歯肉を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けてインプラント体を埋め込みます。そこに人工の歯を装着する治療法です。

歯の根元から治療を行うことになり、歯根は残しません。一方、クラウンは被せ物であり、歯根が残るのが大きな違いです。

外科治療を行わないのはクラウンのメリットですが、安定性やかむ力はインプラントのほうが優れています。

インプラントとブリッジの違い

インプラントであればブリッジと異なり、健康な前後の歯を削る必要がない点が大きな違いです。

また、インプラントは天然歯と同等のかむ力がありますが、ブリッジは60%ほどしかありません。

ブリッジの場合は保険が適用されるため治療費は安く済みますが、硬いものをかみづらいなど不満を感じている方も多いです。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと同じく抜けてしまった歯を補う選択肢の一つが入れ歯です。保険適用の入れ歯であれば費用を安く抑えられます。

ただ、取り外して洗浄しなければならないこと、発音が悪くなること、違和感があることなどのデメリットに注意しなければなりません。

また、かむ力は部分入れ歯で天然歯の30~40%、総入れ歯は10~20%程度です。

費用はかかりますが、機能性、見た目を重視するのならインプラント治療が向いているでしょう。インプラント治療の場合、発音に違和感もありません。

総入れ歯のように本数が多いとインプラント治療の費用も高くついてしまいますが、連結したインプラントを入れることにより治療費を抑える方法もあります。

各補綴治療の違いを理解したうえで検討が必要


補綴治療の種類や違いについてご紹介しました。何を重視するのかによって最適な選択肢が変わってきます。

費用を抑えたいのであれば、保険治療のものから検討することになるでしょう。

一方、できるだけ自然な見た目にしたい、しっかりかむ力を取り戻したいと考えているのであれば、インプラント治療が向いています。

医師に相談しながら検討してみると良いでしょう。