インプラント治療では歯並びを治せない?おすすめの治療法を解説

歯並びに悩みを抱えている場合、歯科医院で矯正について相談してみるのがおすすめです。一般的に歯列矯正といえば、ワイヤーやマウスピースを用いた方法が挙げられます。

中には、インプラント治療で歯並びを改善させたいと考えている方もいるのではないでしょうか。そこで、インプラント治療で歯並びの改善ができるのかについて解説します。

できるケース、どういった方法で行うのかなどを参考にしてみてください。

インプラントは直接歯並びを治す治療法ではない

インプラントは、歯を失った部分に人工歯を埋入することにより、機能性を補う治療法です。そのため、歯並びを治すための治療法ではありません。虫歯や歯周病、事故などによって失った歯を補う治療法として選択されています。

歯並びを治したいと考えているのであれば、基本的にインプラント治療ではなく歯列矯正について検討が必要です。

インプラント治療を経て歯並びを良くする方法

インプラント治療は歯並びを良くするための治療法ではありませんが、アンカースクリューと呼ばれる歯科矯正用のインプラントを使用した方法や、固定式インプラントを使った矯正があります。

アンカースクリューは、通常のインプラント治療とは異なり、歯を矯正する目的で固定源として一時的に埋入するインプラントです。アンカースクリューを活用することにより、短期間で歯を大きく動かせます。

固定式インプラントを使った方法は、一般的なインプラント治療と同様のものであり、矯正終了後も埋入したインプラントを歯として使用するのが特徴です。

それから、歯を失った部分に対して一般的なインプラント治療をしてから歯列矯正をする場合、事前に詳細な治療計画を立てておきましょう。

インプラントは天然歯と異なり、歯列矯正で動かせません。そのため、将来的に歯列矯正をする予定なのであれば、インプラント以外の天然歯を動かすことを検討し、インプラントの埋入位置などを決める必要があります。

インプラント治療が原因で歯列矯正ができないことも?

インプラント治療をしたからといって必ずしも歯列矯正ができないとはいえませんが、歯列矯正が難しくなってしまうケースがあります。

前述したように、インプラントは動かせません。そのため、埋入したインプラントの数が多い場合、歯列矯正で歯を動かせるポイントが少なくなってしまいます。

インプラント治療後に歯列矯正ができるかについては、インプラントを埋入した位置と本数によって変わってくるので、歯科医院で相談してみましょう。歯列矯正も検討しているのであれば、インプラント治療を開始する前に矯正について相談しておくのがおすすめです。

中にはインプラント治療と同時進行の形で矯正治療を行いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ですが、インプラント治療で埋入した人工歯根と骨が結合するまでには時間がかかり、その間できる限り負荷がかからないようにしなければなりません。

このことからインプラント治療を行った部位に歯列矯正の器具を装着するのは難しいため、基本的に同時進行はできないと考えておいたほうが良いでしょう。

インプラント治療後に歯列矯正を行うための前提条件について『インプラントがあっても歯列矯正は可能?』でより詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてください。

出っ歯の改善はインプラント矯正で可能

歯並びに関するトラブルの中でも出っ歯を改善させたいと考えているのであれば、インプラント矯正が向いています。アンカースクリューを用いた方法です。固定源となる小さなアンカースクリューをあごの骨に埋入します。歯茎から埋入されたアンカースクリューが見える状態になるので不安に感じる方もいますが、小さいものなので、歯を抜くことなどに比べると大幅に負担は小さいです。

アンカースクリューは表側、または裏側に取り付けます。アンカースクリュータイプのインプラントを利用することによって大きく歯を動かせるため、出っ歯の矯正のように大きな矯正力が必要となる歯列矯正に適している方法です。違和感も小さく、なおかつ効率よく出っ歯の改善が目指せます。

インプラント矯正を用いた出っ歯の治療については『矯正用インプラントで出っ歯が改善される?』でより詳しく解説しているので、ご覧ください。

インプラントを用いた歯並びの治療は歯科医院で相談を

基本的にインプラント治療は歯並びの治療とは異なるものです。ですが、アンカースクリュータイプのインプラントを活用して出っ歯を改善させるなど、歯列矯正につなげることもできます。

天然歯と異なり埋入したインプラントは動かせないので、歯並びを改善させたいと考えているのであれば、後に行う歯列矯正のことも検討したうえでインプラント治療を行わなければなりません。どのような形で治療進めていくのが良いのかについては歯科医院で相談してみましょう。