入れ歯が合わず作り直しをする場合は「6カ月ルール」に注意しよう

入れ歯を使えば快適になると思っていたものの、いざ使ってみたら合わないと悩んでいる方は少なくありません。作り直そうか悩んでいる方のため、判断すべきポイントを解説します。

また、入れ歯以外の治療法についても検討したいと考えているのであれば、ブリッジやインプラントなどの選択肢が代表的です。それぞれのメリットやデメリットについてもまとめました。

入れ歯が合わない場合は作り直ししたほうが良い?

入れ歯が合わない場合、無理に使い続けるのはおすすめできません。そこで、作り直しについて検討することになりますが、ポイントになるのは入れ歯を作ってからの期間です。

長期間(半年以上)使用してきた場合

半年以上入れ歯を使ってきたものの、合わないと感じているのであれば、作り直しについて検討してみると良いでしょう。合わない入れ歯を使うとストレスにもなりますし、食事も楽しめません。

作って半年以内の場合は6カ月ルールに注意

入れ歯を作ってから半年以内に作り直しを検討している方は、6カ月ルールについて理解しておく必要があります。

入れ歯には6カ月ルールと呼ばれるものがあり、保険適用で作った入れ歯は6カ月間作り直しができないと定められています。これは、入れ歯を作ったのとは異なる歯科医院で治療を受ける場合も同様です。

一部例外として、抜歯により歯の本数が変わった場合や入れ歯が破損してしまった場合は、6カ月以内であっても新しく入れ歯を作れます。

また、上下どちらかの入れ歯のみ作っており、6カ月以内に反対側の入れ歯を作りたいといった場合も可能です。

保険を適用して入れ歯を作った場合に6カ月以内は再度保険適用の入れ歯が作れないルールであるため、全額自己負担であれば問題なく作り直しができます。

なお、作り直しではなく調整なら6カ月以内でも行えるので、すぐに取れてしまう、痛みがある、噛みにくいなどの問題があれば調整してもらいましょう。

作り直しても再度入れ歯が合わないことはあるのか?

入れ歯を作り直してもらったものの、また合わなくなってしまうようなケースはよくあります。

入れ歯にした部分はあごの骨に刺激が伝わらず、少しずつあごの骨が痩せます。すると徐々に入れ歯が合わなくなってしまうことが多いです。

自由診療の入れ歯にしてもあごの骨が痩せる問題は防げないので、高級な入れ歯であっても合わなくなることがあります。

前述した6カ月ルールなどの関係もあり頻繁に作り直すことは難しいので、すぐ合わなくなることを不安に感じているのであれば、入れ歯以外の治療法も検討してみてはいかがでしょうか。

入れ歯の作り直し以外の選択肢①:ブリッジ

保険が適用されるその他の治療法を検討しているのなら、ブリッジが挙げられます。メリット、デメリットをご紹介します。

メリット

保険適用で作れれば費用が抑えられるのがメリットです。また、入れ歯のように取り外しが必要ないため、自分の歯と同じようにメンテナンスできる手軽さがあります。

デメリット

ブリッジは失った歯をカバーするため、その両隣の歯を削って土台とし、連結した人工歯を固定します。健康な歯であっても土台として調整するために削らなければならないのが大きなデメリットです。

噛む力も天然歯ほどではありません。また、入れ歯と同様にあごの骨が痩せる問題は解決できないのもデメリットです。

入れ歯の作り直し以外の選択肢②:インプラント

ふたつ目の選択肢がインプラントです。以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

インプラントは、歯を失った部分のあごの骨に人工の歯の根を埋め込み、そこに人工歯を取り付ける治療法です。単独で治療ができるため、周囲の歯に負担をかけることがありません。

また、審美性、機能性どちらにおいても優れており、天然歯と同じように扱えます。人工の歯の根を埋め込むことから、食事をする際などにあごの骨に刺激を送ることができ、あごの骨が痩せるのを防げるのも大きなメリットです。

インプラント治療の詳しいメリットについては『インプラント治療のメリットについて紹介』で解説しているので、参考にしてみてください。

デメリット

インプラントは保険が適用されないため、全額自己負担となります。1本あたり32~40万円程度の費用がかかるのがデメリットです。

また、外科手術が必要になるほか、治療期間が長くかかるデメリットもあります。

より詳細なインプラントのデメリットは『インプラント治療のデメリットについて紹介』でまとめているのでご覧ください。

入れ歯の作り直しは検討が必要

入れ歯が合わないと悩んでいる方のため、作り直しについて解説しました。6カ月ルールを確認し、作り直しのタイミングを考える必要があります。

何度も作り直すことにうんざりしているのなら、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。費用はかかりますが、メリットの多い選択肢です。