インプラント治療に使用する麻酔の種類とメリット・デメリットを解説

インプラント治療は外科手術を伴うこともあり、治療時には麻酔をして施術を行います。その際、どのような麻酔が使われるのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、使われている代表的な麻酔の種類と、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介するので、麻酔について詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

インプラント治療で使用される麻酔の種類

インプラント治療で使われている麻酔にはいくつか種類がありますが、中でも代表的なのが局所麻酔と静脈内鎮静法です。それぞれどのような特徴があるのかから解説します。

局所麻酔

局所麻酔とは、その名の通り局所的に効果を発揮する麻酔のことで、基本的にインプラント手術は局所麻酔で行うことになります。インプラント治療は口の中を対象とした治療ということもあり、全身麻酔は必要ありません。

インプラント治療では歯肉を切開してからあごの骨にドリルで穴を開け、フィクスチャー(インプラント体)と呼ばれる部品を埋入します。その際、痛みを感じなくするための麻酔が局所麻酔です。

局所麻酔は歯の神経を取る際や、歯を抜く際にも使われているものなので、経験がある方も多いのではないでしょうか。そのため、不安が小さく抑えられるのも特徴です。
非常に細い麻酔針を使い、少しずつ治療部位に麻酔薬を投与する形で麻酔を行います。

静脈内鎮静法

インプラント治療の内容によっては、腕の静脈に点滴で鎮静剤を投与する静脈内鎮静法を選択することもあります。リラックスする効果があるため、通常の局所麻酔では不安を感じてしまうような方がオプションとして鎮静剤鎮静法を選択することも多いです。

全身麻酔のように意識を失うようなことはないため、局所麻酔と同じく日帰りでの手術が可能です。

局所麻酔のメリット


局所麻酔の代表的なメリットとして挙げられるのが、麻酔しない場合に比べて痛みを軽減できる、手術後の車の運転など行動制限がないことが挙げられます。

全身に効果がある麻酔方法とは違い、痛みの間隔は軽減できるものの、意識がはっきりした状態で治療が可能です。

局所麻酔のデメリット


局所麻酔の意識がはっきりしている状態は、メリットではあるものの、手術に対して不安を抱えている方にとってはデメリットにもなってしまいます。痛みがなくても治療されている感覚がありますし、あごの骨にドリルで穴を開ける際にはその衝撃もあります。

手術されることに対して強く不安や緊張を感じている方には向いていません

静脈内鎮静法のメリット


できるだけ安心してインプラント治療を受けたい方におすすめなのが、静脈内鎮静法です。メリットについて詳しくご紹介します。

リラックスした状態で手術が受けられる

局所麻酔とは異なり、意識がぼんやりするため、手術に対する精神的な不安や緊張を抑えるメリットがあります。通常の虫歯治療でもひどい不安を感じてしまうような方については、局所麻酔よりも静脈内鎮静法のほうが向いているでしょう。

痛みや緊張もなく、気づいた時には手術が終わっていたといった状況を実現可能です。

治療中の嘔吐反射を抑えることができる

静脈内鎮静法には、口の中に何か物が入った際、吐き気を感じてしまう「嘔吐反射」を抑える効果があります。嘔吐反射がある方はインプラント治療が難しくなるため、静脈内鎮静法を選択しましょう。

静脈内鎮静法のデメリット


静脈内鎮静法には、おさえておきたいデメリットもあります。以下を理解したうえで検討してみてください。

保険対象外なので費用は全額実費となる

局所麻酔は保険が適用されるのですが、静脈内鎮静法は保険適用外となり、全額自己負担になるのがデメリットです。具体的な金額は歯科医院によって異なるので、直接確認してみてください。

当日は車や自転車の運転ができない

静脈内鎮静法を行うと、ぼーっとした状態になるため、治療を行った当日に車や自転車などを運転できません

徒歩で通うのが難しい歯科医院を選択している方の場合、家族に送迎してもらったり、公共交通機関を使ったりするなど、交通手段について考えておく必要があります。

治療後に自分で車を運転して帰りたいと考えているような場合は、局所麻酔のほうが向いているでしょう。

持病をお持ちの方は選択できない場合がある

静脈内鎮静法はすべての方が選択できるものではなく、持病を抱えている方の中には選択できないケースがあります。

例えば、静脈内鎮静法で使用する薬剤にアレルギーがあるようなケースです。自分が選択可能かについては歯科医院に確認してみると安心です。

麻酔の種類を理解して最適な選択を


インプラント治療で使われている麻酔の種類についてご紹介しました。局所麻酔と静脈内鎮静法では、それぞれ特徴が大きく異なります。治療についてそれほど恐怖や不安を感じていないのであれば、局所麻酔で問題ないでしょう。

ですが、不安が大きいような場合は静脈内鎮静法についても相談してみてはいかがでしょうか。