インプラント治療後に被せ物がぐらつく原因と対処法を解説

インプラントは自分の歯と同じように物を噛めるようになるため、非常に快適です。しかし、治療後に歯がぐらつく状態になってしまい、困っている方もいるようです。

歯がぐらつく原因としてどのようなことが考えられるのか、ぐらつきが発生してしまった場合はどのように対応すれば良いのかについてご紹介します。また、ぐらつきの予防方法も参考にしてみてください。

インプラント治療後に被せ物がぐらつく原因

インプラント治療が終了してすぐにぐらつきを感じるケースもあれば、治療完了後数年経過してからぐらつくようなこともあります。その理由として、以下5つのような原因が考えられます。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラント治療を行った部位周辺が細菌感染による炎症を起こしてしまう症状のことです。インプラント周囲炎が悪化してしまった場合、インプラントが抜け落ちてしまう可能性もあるため、十分注意しておかなければなりません。

炎症の状態によっては、インプラントがぐらつくケースもあります。

インプラント周囲炎については『インプラント周囲炎とは?原因と対策について』でさらに詳しく解説しているので、ご覧ください。

アバットメントのゆるみや損傷

インプラントは、あごの骨に埋入するフィクスチャー(インプラント体)と、目に見える人工歯の部分である上部構造を、アバットメントと呼ばれる部品で固定しています。

上部構造とアバットメントを固定する方法は、セメントで固定する方法と、ネジで固定する方法の2種類です。

このうちネジで固定する方法であった場合、ネジのゆるみによりぐらつきが発生することがあります。メンテナンスを受けてネジを締め直すことによってぐらつきが解消するケースが多いです。

手術中のオーバーヒート

インプラント治療時には歯肉をメスで切開し、露出したあごの骨にドリルで穴を開けます。この際、穴を開ける時に発生する摩擦熱によって骨が火傷を覆う「オーバーヒート」が発生することがあるのです。

オーバーヒートが起こるとインプラントと骨がうまく結合できなくなり、結果としてぐらつきやすくなってしまうことがあります。

インプラントの埋入位置・角度の失敗

インプラントを適切な位置、角度に埋入できなかった場合、ぐら付きの原因になる場合があります。治療直後からぐらつきを感じるようなケースではこちらの原因を疑ってみましょう。

インプラントに強い刺激を与えた

硬いものを食べた、歯ぎしりや食いしばりの癖があるなどの理由からインプラントに強い刺激を与えた場合、ぐらつきにつながってしまうことがあります。

とくに歯ぎしりや食いしばりは無意識のうちに行うことが多いので、これらの原因があっても気づきにくいです。

被せ物がぐらつく場合はどうすれば良い?


インプラント治療を行った歯がぐらついてしまった場合、以下のような形で対処しましょう。

すぐにかかりつけ医に相談する

何らかのトラブルが発生しているのは間違いないので、まずはかかりつけ医に相談してみてください。すぐに治療が必要なケースもあります。

ぐらつく部分を触らない

かかりつけ医に診てもらうまでの間、ぐらついている部分を極力さわらないように注意が必要です。刺激を加えてしまった場合、状態が悪化する可能性もあります。

ぐらつく部位で食べ物を噛まない

被せ物がぐらついている部分で物を噛むと、それが大きな刺激になってしまうことがあります。できるだけ症状がある場所とは遠いところの歯で物を噛むようにしましょう。

将来的なぐらつきを予防する方法


将来的にインプラントの被せ物がぐらついてしまうのを防ぐためには、いくつか対策があります。以下に注目してみてください。

メンテナンスを徹底する

インプラントを快適に使い続けるためには、メンテナンスが欠かせません。自分で行うセルフメンテナンスと、歯科医院で行う定期メンテナンスをしっかり受けましょう。

おさえておきたいメンテナンスについては『インプラントのメンテナンス方法!歯科医院で受ける場合と自宅で行う方法を紹介』で詳細に解説しているので、参考にしてみてください。

信頼できる歯科医院で治療する

オーバーヒートなどは歯科医院の腕によってもリスクが変わります。そのため、できるだけ信頼できる歯科医院で治療を受けることが重要です。慎重に歯科医院を選ぶようにしましょう。

歯科医院の選び方については『【インプラント治療前必読】信頼できる医師と歯科医院の選び方』で詳しくご紹介しています。

インプラントの被せ物がぐらついたらすぐに最適な対処を


被せ物がぐらついてしまった場合、そのまま放置するのは良くありません。最悪のケースではインプラントが抜け落ちてしまう可能性もあります。

すぐに適切な治療を受けられれば状態の改善も期待できるので、歯科医院で相談してみてください。