前歯をインプラントにする場合に注意点が多い理由と成功の秘訣を解説

前歯は骨や歯茎が細くなりやすいことから、インプラント治療において注意点が多いとされています。

もし骨や歯茎に適切な処置がなされないと、インプラントの部品が露出してしまうこともあり得るでしょう。

しかし、正しく治療が行われれば審美性に優れ、咀嚼や発音に支障が現れにくいというメリットもあります。

また、他の歯に負担をかけずに装着できるため、ご自身の歯をできる限り長く残したいと思われている方におすすめの治療法です。

前歯をインプラントにする場合注意点が多いのはなぜ?

前歯をインプラントにする場合、次のような理由で他の歯のときよりも注意点が多くなります。

前歯の骨と歯茎は細くなりやすい

前歯の骨や歯茎は他の部分よりも細くなりやすいため、処置が増えるケースが少なくありません。

もし骨の量が少ないと判断された場合は、骨を他の部分から移植したり、人工的な骨補填材を用いたりします

他の部分へのインプラントであれば問題なくできるとしても、骨や歯茎が細くなりやすい前歯では注意を払い、骨の量を増やさなければならないときがあります。

審美性が下がるケースがある

前歯の歯茎が細くなりやすいのは前述したとおりですが、歯茎が下がることでインプラントのアバットメントが見え、審美性が下がるケースも考えられます。

特に歯が失われた周辺の歯茎は薄くなっていることが多いので、歯茎が下がるリスクも高まるもの。

前歯のインプラントが露出して見えてしまえば、審美性が高いとは言えません。

ただし、歯茎の厚みや骨の量をしっかりと把握し正しい処置を行えば、インプラントのアバットメントが露出してしまうこともなく、義歯よりも高い審美性を維持できるなどメリットも多く感じられるはずです。

前歯をインプラントにするメリット


それでは、前歯をインプラントにすることのメリットについて見ていきましょう。

審美性に優れる

インプラントは審美性に優れるため、周囲から見えやすい前歯に適します。

インプラントは金属を骨に埋めてその上から人工歯を装着する仕組みなので、部分義歯のように義歯を固定するための金属が見えてしまうことはありません

また、人工歯もまるで本物の歯のような自然な美しさなので、今まで通り思い切り笑っても不自然さを感じさせません。

見た目の良さを重視したい方なら、前歯へのインプラントは非常にメリットが大きいと感じられるでしょう。

他の歯に悪影響を及ぼさない

インプラントは他の歯に悪影響を及ぼさないというメリットも持ちます。

部分義歯もブリッジも、両隣の歯を支えにして義歯を固定する治療法であることから、他の歯への負担が大きく、歯の寿命を縮める原因になりかねません

さらにブリッジを装着するには両隣の歯を削らなければならず、健康な歯に大きな負担をかけてしまいます

しかしインプラントであれば、他の歯に負担をかけることはありません

ご自身の歯をできる限り長く残したいと思われるなら、インプラントが最も適した治療法だと言えます。

咀嚼や発音がしやすくなる

咀嚼や発音がしやすくなることも前歯をインプラントにするメリットのひとつ。

一般的な義歯では強く噛めなくなったり、発音に支障が現れたりすることがありますが、インプラントはご自身の歯とほぼ変わらない使い心地で咀嚼や発音もしやすくなります

また、義歯よりも食事のおいしさを感じやすいとされることもメリットです。

咀嚼と発音は日常の中で頻繁に行われること。前歯をインプラントにすると、食事や会話を今まで通りに楽しむことができ、生活の質が下がることもないはずです。

前歯のインプラント治療を成功させるためには


注意点の多い前歯のインプラント治療を成功させるためには、信頼できるクリニックを選ぶことが最も重要です。

信頼できるクリニックか見極めるのは難しいかもしれませんが、インプラント治療の実績が豊富で、歯の状態を十分に検査してくれるクリニックであれば信頼できると言えるでしょう。

まずはインターネットなどでインプラント治療実績の多いクリニックを探し、歯の状態を確認してもらいましょう。

そして、検査を受けて説明を聞いたうえで治療を受けるか検討するようにすれば、注意点の多い前歯のインプラントも成功しやすくなります。

前歯をインプラントにするならクリニック選びを慎重に!


骨や歯茎が細くなりやすい前歯へのインプラントでは、骨の量を増やすための処置が必要となることもあります。

正しい処置がされないままインプラントをすると、歯茎が下がるとともにアバットメントが露出してしまうこともあるためです。

前歯へのインプラントは注意点が多いものの、正しく治療が行われれば審美性や使い勝手に優れ、他の歯に悪影響を及ぼしにくいなど多くのメリットが感じられるはず。

治療を成功させるためには実績が豊富な信頼できるクリニックに相談し、十分に検査を受けたうえで検討されることが大切です。