インプラント治療後に噛むと痛い原因と対処法を解説

インプラント治療は失った歯を補う選択肢の一つであり、入れ歯やブリッジなどと比べると機能性や審美性が高い治療方法です。そのため、インプラントにすれば快適に過ごせると思っていたものの「インプラント治療した部分で噛むと痛い」と悩みを抱えている方もいます。

理由としてどのようなことが考えられるのかについてまとめました。原因や対処法について参考にしてみてください。

インプラント治療後に噛むと痛みが生じる原因

インプラント治療は外科手術であるため、治療後に麻酔が切れてきたあたりから少しずつ痛みを感じることがあります。鎮痛剤で耐えられる程度の痛みではありますが、痛みがひどい場合や、しばらく経っても治まらない場合は何か他の原因を疑いましょう。

代表的な原因として以下のようなものが挙げられます。

オーバーヒートを起こしている

インプラントは、あごの骨にドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーやインプラント体と呼ばれる部品を埋入してから人工歯を装着する治療です。ドリルで穴を開ける際には骨が火傷をしないように冷却水などを注入しながら行うのですが、何らかの理由によって骨が火傷してしまうことをオーバーヒートといいます。

オーバーヒートが起こった場合、痛みを感じることがあるほか、フィクスチャーがうまく骨と結合しなくなってしまうようなケースも多いです。

インプラント周囲炎を発症している

インプラント周囲炎とは、インプラント治療を行った周囲の組織を炎症が起こり、インプラント周囲の骨が溶けていくトラブルです。治療後すぐではなく、しばらく経過してから発生することがあります。

大きな原因はケア不足なので、インプラント治療からしばらく経ち、ケアの手を抜いてしまったような場合に発生しやすいトラブルです。

インプラント周囲炎がどういったものかについては『インプラント周囲炎とは?原因と対策について』で更に詳しく紹介しています。

被せ物の素材があっていない

インプラント治療では人工歯を被せ物としてフィクスチャーに取り付けるのですが、その後に痛みを感じる方もいます。被せ物の形があっていない、被せ物の内部で細菌が繁殖しているなどの理由もありますが、被せ物の素材自体に問題があるケースも少なくありません。

特に相場以上に安価な治療を行っている歯科医院では、強度や品質に問題がある被せ物を使用しているケースがあります。そういった被せ物を使用していた場合、壊れた、欠けた、変形したなどの理由から痛みが起こることも多いです。

噛み合わせがあっていない

インプラント治療を行ったところ噛み合わせが変化し、それが痛みにつながっていることがあります。噛み合わせが良くない場合、再治療をしなければ状態の改善は期待できません。

インプラント治療後に噛むと痛みが生じた場合の対処法

インプラント治療後に噛むと痛いと感じる場合、我慢するのではなく、適切な対処が必要です。具体的な対処法について解説します。

痛み止めを服用する

自分でできる対策として、痛み止めの服用が挙げられます。インプラント治療後に痛み止めが処方されるので、それを飲みましょう。

インプラント治療は外科手術を伴うこともあり、適切な治療を行っても術後1週間程度は痛みが出ることがあります。痛み、腫れが落ち着くまでは痛み止めで様子を見てみてください。

不安に感じる痛みや、強い痛み、長引く痛みなどがある場合は歯科医院で相談してみるのがおすすめです。

硬いものや刺激物を食べない

インプラントは入れ歯やブリッジと比べると噛む力が強いのですが、これはインプラントがしっかりと骨と結合し、安定してからの話です。治療直後から硬いものを噛んでしまうと痛みを感じることがあります。

外科手術でインプラントを埋入した後は、1ヶ月ほど柔らかいものを中心に食べて様子を見ましょう。刺激物についても同様で、できるだけ治療した部位に刺激を与えないように注意が必要です。

かかりつけ医に相談する

痛みの状態によってはそれが自然のものなのか、何かトラブルが原因で引き起こされているのか判断できないものがあります。自己判断が難しいものについてはかかりつけ医に相談してみてください。

何か異常が発生していた場合、早期に相談することにより、対処しやすくなります。

最悪の場合は再治療の選択肢も

埋入したインプラントの状態が良好でない場合、再治療が必要になることがあります。何らかの理由があってうまく結合しなかった、インプラント周囲炎が悪化し抜歯以外の選択肢がなくなってしまったような場合です。

ケースによってはインプラントによる再治療が難しく、その他の治療を検討しなければならないこともあります。

噛むと痛い場合は原因を探る必要がある

インプラント治療後、食事などをした際に痛みを感じる場合はその原因がどこにあるのか調べなければなりません。

1週間程度は外科手術を行ったことによる痛みが出ることがありますが、その他の原因がある場合は調整や治療が必要です。

強い痛みや長引く痛みなどがあれば医師に相談してみてください。