インプラント治療後に歯の矯正は可能!ただし難しいケースもあります

インプラント治療で立派な歯が手に入ると、歯並びが気になるようになる方がいます。ですが、インプラント治療後に歯の矯正ができるのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、インプラント治療後に歯の矯正ができるケースと難しいケース、自分は矯正可能か判断するにはどうすればいいのかについてご紹介します。

インプラント治療後に歯の矯正は可能?

基本的に、インプラント治療後に歯の矯正を行う事は可能です。そのため、矯正を検討しているのであれば、歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

一般的に歯の矯正には、マウスピースを使ったものや、ブラケットと呼ばれるワイヤーを使用した治療法があります。このどちらの治療法でも選択できることが多いです。

注意しなければならないポイントとして、矯正で動かせるのがインプラント以外の歯のみとなっています。インプラントにした部分もまとめて動かすことはできないことを理解しておきましょう。

インプラントが原因で歯の矯正が難しいケース

ほとんどのケースではインプラント治療後でも歯の矯正はできるのですが、状況によっては難しいことがあります。以下の2つに該当する場合は歯の矯正ができない可能性も考えておきましょう。

インプラントが多数入っている場合

矯正で動かせるのは天然歯のみであるため、インプラントが多数入っている場合は動かせない歯が多く、矯正ができません。

そもそも、歯列矯正ではどのように歯を動かしているのかというと、歯根膜(しこんまく)の働きによるものです。歯根膜は、歯と歯槽骨の間にある繊維で、常に一定の厚さを保つ特徴を持っています。

まず、矯正で歯を動かそうと力をかけると、動かす方向にある歯根膜は圧力で薄くなります。ですが、歯根膜は常に一定の厚さを保つため、圧迫されている部分の歯根膜から骨を溶かす細胞が作られるのです。その骨が溶けて生まれたスペースに歯が移動する仕組みを利用して矯正を行います。

しかし、インプラントには歯根膜がありません。そのため、圧力をかけても歯が移動することはなく、矯正ができないのです。

矯正を妨げる場所にインプラントが入っている場合

インプラントが1本~数本しか入っていなくても、位置によっては矯正の邪魔をしてしまい、治療ができないことがあります。こちらも歯科医院で相談してみましょう。

自分がインプラント後に矯正が可能か確認するには?

どのような状況ならインプラントが入っていても矯正治療ができるのかについては、実際に詳しく検査してみないとわかりません。インプラントの位置や口内の状態によっても変わってきます。

そのため、インプラント治療後に矯正したいと考えているのであれば、かかりつけの医師に相談してみましょう。

なお、インプラントが入った状態で矯正治療行う場合は、インプラントがある部分も考えながらどのように進めていくべきか考慮して治療計画が立てられることになります。

インプラント治療と矯正を同時並行で進める選択肢も

治療の選択肢として、インプラント治療と、矯正を同時に行う方法もあります。別々に行うのに比べて、治療期間が短く済むのが大きな魅力だといえるでしょう。

ただ、インプラント治療と矯正治療ではそれぞれの異なる知識が必要であることから、歯科医院によっては各治療を別の医師が担当するケースもあります。

なお、同時に治療できるケースがあるといっても、矯正治療を終えてからインプラント治療を行うのが一般的です。

なぜなら、矯正とインプラント治療の両方を同時に行うためにはいくつか条件を満たしていなければなりませんし、デメリットもあるからです。

例えば、複数の治療を行うとなれば体力が必要になります。また、頻繁に通える人でなければ難しいでしょう。
更に、インプラントは顎の骨にドリルで穴を開けてインプラント体を埋め込むことになるため、顎の状態が落ち着くまで負担をかけられません。

しかし、矯正治療は、矯正器具を歯に取り付けて動かすので、どうしても顎に負担がかかってしまいます。こういった理由から同時に治療するのは向いていないといえるのです。

矯正治療がほとんど完了しているような場合は、完全に治療が終わる前にインプラント治療に取り組むこともあるでしょう。それから、例えば歯列矯正で負荷を与える部分とインプラント治療を行う部分が全く異なるような場合は同時進行できることがあります。

同時に治療を行いたいと考えているのであれば、インプラント治療と矯正の両方に精通している歯科医院で相談してみてください。

歯に関するお悩みは歯科医院で相談

インプラント治療後の歯の矯正についてご紹介しましたが、できるかどうかはその人の状態によって変わってきます。そのため、インプラント治療や矯正に関する悩みを抱えているのであれば、直接歯科医院で相談してみると良いでしょう。

詳細な検査を受けなければ判断できないような場合もあります。まずは医師に相談し、自分は歯の矯正ができそうか、治療と同時進行できそうかについて確認してみましょう。