インプラント治療に痛みはある?痛い場合はどのように対応する?

「インプラント治療を受けたいけれど、かなり痛いのではないか」と心配している方が多いですが、確かに手術時、手術後に痛みを感じることがあるものの大きな心配はいりません。手術中は麻酔が効いていますし、麻酔が切れない限り大きな痛みを感じることはないのです。
また、手術後、麻酔が切れてきた時の痛みに備えて痛み止めも処方してもらえます。痛みの特徴や、対策についてご紹介しましょう。

インプラント治療で痛みを感じるとき

痛みが怖くてインプラント治療に踏み切れない方のために、どのようなタイミングでどういった痛みを感じる可能性があるのかについてご紹介します。

インプラントの手術時

インプラント治療について調べている方の中には、「歯茎を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けて金属を埋め込む方法」と知り、かなりの痛みがあるのではと心配している方も多いでしょう。ですが、インプラントの手術は局所麻酔をして行うため、感じる痛みは一般的に抜歯をするときと同じ程度といわれています。

ただ、万が一何らかの理由により途中で麻酔が切れてしまった場合には、徐々に痛みを感じる状態になってしまうため、心配な方は「麻酔をよく効かせて欲しい」とお願いしておくと良いでしょう。痛みに弱い方は歯茎に注射針を刺したり、薬を入れたりする時の痛みにも過敏に反応してしまいがちです。不安な方は、歯茎に表面麻酔の薬を塗ってくれるか確認しておくことをおすすめします。

また、どうしても痛みが不安でインプラント治療に踏み切れない方は、局所麻酔ではなく静脈麻酔を併用する方法もあるので、利用可能か確認してみてください。ほとんど眠ったような状態になるため、痛みへの恐怖を抑えて治療を受けることができますし、痛みも感じにくくなります。
ただ、インプラント治療を行っているすべての歯科医院で静脈麻酔が利用できるわけではないので、この点には注意しなければなりません。

手術後2~3日

手術後ずっと痛みが続きそうだと感じている方もいますが、実際には手術直後に痛み止めを飲むだけで済む方が大半です。手術の後に飲むための痛み止めや抗生物質が処方されるので、指示された形で適切に飲みましょう。

ただ、痛みの感じ方は人それぞれですし、ちょっとした痛みでも大きなストレスに感じてしまう方もいます。ほんの数本程度のインプラント治療であれば痛みが大きく出てしまう心配はそれほどないのですが、インプラントを埋入する本数が多かったり、広範囲にわたって骨移植を行ったりした場合には長く痛んでしまうケースもゼロではありません。
また、同時に抜歯を行った場合も痛み止めが十分に効かずに痛みを感じてしまうことがあります。

抜糸

インプラント治療では切開した部分を糸で縫うのですが、手術後、1週間~10日程度で抜糸が必要です。抜糸時の痛みはそれほど大きいものではなく、チクチクとした刺激を感じる程度とされています。
このあたりも感じ方は人それぞれではありますが、それほど心配いらないでしょう。

治療中に痛みがある場合の対処方法

インプラント治療は一度で終わるわけではなく、何度か歯科医院に通わなければなりません。治療を受けている最中に痛みを感じてしまった場合は、以下のような方法で対策をとりましょう。

痛み止めを飲む

最も効果的なのが、処方された痛み止めです。痛み止めには炎症を抑える効果があります。
痛みがひどくなるまでに飲んだほうが効果的なので、我慢をしすぎないようにしましょう。

また、痛みがひどいと痛み止めを飲むことにばかり考えてしまいがちですが、同時に処方される抗生剤もきちんと飲まなければなりません。抗生剤は化膿止めの薬であり、細菌、真菌、ウィルスなどの繁殖を抑え、感染症リスクを避けるために欠かせないものです。指定された間隔で薬がなくなるまで飲み続けることによって効果を発揮するので、タイミングを守りましょう。

口内を清潔に保つ

手術後2、3日は、手術した部分を避けて歯磨きをします。手術した部位をブラッシングしてしまうと傷口が開いてしまう恐れがあるので、周辺のブラッシングと、軽いうがいで対応しましょう。
口内に食べ物が停滞するとそれが原因で菌などが繁殖し、痛みなどのトラブルを引き起こす可能性があるので、口内を清潔に保つことが大切です。

状態が落ち着いてからブラッシングをする際に特に意識したいのが、インプラントと粘膜の境目部分をきちんと磨くことです。汚れがたまりやすい部位ということもあり、この部分のブラッシングが十分でないと炎症が起こりやすくなります。
一般的な歯ブラシではなく、部分的に磨くのに適している小さな歯ブラシ「ワンタフトブラシ」を使うのがおすすめです。

インプラント治療での痛みはほぼ心配なし

インプラント治療は痛いのかについてご紹介しました。手術時や手術後に痛みを感じることがありますが、痛み止めで対応できる範囲であるケースがほとんどなので、それほど心配はいりません。
どうしても痛いのが苦手な方は事前にそのことを伝え、何か対策を取ってもらうと良いでしょう。歯科医院によって対応は異なるので相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です