インプラント治療に使用する被せものについて解説

インプラントの治療では、様々な被せ物が用意されています。それぞれ特徴が異なるので、代表的な種類と、その特徴について理解しておくと良いでしょう。また、何を重視するのかによっても最適な被せ物の種類が変わってくるので、気になるポイントごとに向いている種類をご紹介します。
歯科クリニックの説明を受けたけれどよくわからなかった、慎重に検討したいといった方はぜひ参考にしてみてください。

インプラント治療における被せ物の種類とは

インプラント治療で使われている被せ物の代表的な種類について6つご紹介します。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンとは、割れる可能性が低く、強度のある素材で作られた被せ物です。ジルコニア素材の上に、何層もセラミックを焼き付けて作ります。かなりの細かい色の調整ができるため、他の歯に比べて浮いて見えてしまうような心配もありません。

金属を使っていないため、非常に自然です。本物の歯と見分けがつかないほどなので、被せ物の中でもできるだけ自然に見えるものを選択したいと考えている方におすすめです。ただし、1本9~20万円と、他の素材に比べると価格が高くついてしまうので、費用面でのデメリットがあります。

オールセラミッククラウン

その他の種類に比べて、色調の再現率が非常に高いのが魅力的な被せ物です。変色する心配がなく、ツヤもあるので、美しい歯を求めている方から選ばれています。
1本7~17万円となっており、ジルコニアセラミッククラウンほど高額ではありませんが、すべてセラミックで作られていることもあり、折れてしまう可能性は高いです。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックを混ぜて作る被せものです。変色しにくく色調の再現率が高いのが魅力で、費用は1本あたり4~12万円程度となっています。
ただ、あまり強い素材ではないので、デメリットとして割れる可能性があることについては理解しておきましょう。

メタルボンド

金属の表面部分にセラミックを焼き付けた素材で、費用は1本5~15万円ほどです。被せ物自体が変色するリスクがほぼなく、高い強度が特徴ですが、歯茎の変色や割れが起こることがあります。

ゴールドクラウン

金歯のことであり、費用は1本4~15万円ほどです。目立つのがデメリットではありますが、腐食しない、歯になじみやすいといったメリットがあります。

オーバーデンチャー

2~4本のインプラントを埋め込んで総入れ歯を支える治療法です。費用は20~35万円ほどなので、すべてインプラントにするのに比べて、費用を抑えることができます。ただ、入れ歯は着脱式なので、自分で丁寧なお手入れをしなければなりません。

状況下に応じた被せ物の選び方

それぞれ何を重視したいのかによって最適な被せ物が変わるので、ご紹介します。

前歯の見た目を気にする場合

見た目に優れているのは以下の3つです。

  • オールセラミッククラウン
  • ジルコニアセラミッククラウン
  • メタルボンド

どれも自然な見た目が魅力ではありますが、費用や割れやすさが異なります。

前歯インプラントの費用を抑えたい場合

できるだけ費用を抑えたいけれど、前歯なので見た目も重視したいという方におすすめなのは、ハイブリッドセラミッククラウンです。割れにくく長持ちします。

奥歯の見た目を気にする場合

奥歯でも見た目を重視したいのなら、以下の4つが良いでしょう。

  • オールセラミッククラウン
  • ジルコニアセラミッククラウン
  • ハイブリッドセラミッククラウン
  • メタルボンド

割れにくく、なおかつ目立ちにくいです。見た目については、実物を確認したうえで検討してみてはいかがでしょうか。

奥歯インプラントの費用を抑えたい場合

見た目よりも費用を重視したいのなら、以下の2つが挙げられます。

  • ゴールドクラウン
  • パラジウムクラウン

金歯、銀歯なので目立ちますが、安く抑えることができます。

無歯顎の見た目を気にする場合

あごの骨が痩せている状態でインプラントを埋入すると、歯が長く見えてしまいます。これを防ぐため、人工の歯茎をプラスしたボーン・アンカード・ブリッジというものがあります。歯の表面部分の素材は以下の2種類です。

  • セラミッククラウン
  • ハイブリッドセラミッククラウン

見た目などを確認したうえで検討してみましょう。

無歯顎インプラントの費用を抑えたい場合

前述のボーン・アンカード・ブリッジよりも費用を抑えたいのなら、オーバーデンチャーがおすすめです。手入れは手間がかかりますが、見た目は自然です。

選択肢が豊富だからこそ迷いやすいポイント

インプラント治療における被せ物について解説しました。実に様々な種類があり、どれを選択するかによってメリットやデメリットが異なります。
また、費用面でも大きな違いがあるので、総合的に判断をしなければなりません。治療を受ける歯科クリニックで詳しく話を聞いたうえで検討してみましょう。