インプラント治療前のブラッシング指導は大事!その理由とは?

インプラント治療において事前に丁寧なブラッシング指導を受けておくことは非常に重要です。治療の成功率を大きく左右するので、ブラッシング指導の重要性についておさえておきます。
なぜ大切なのか、どのような効果が期待できるのかについて解説します。また、正しいブラッシング方法も参考にしてみてください。

インプラント治療前のブラッシング指導が大事な理由

インプラント治療前には丁寧なブラッシング指導が行われます。これは、口内で発生する様々なトラブルを予防するためです。
口内でのトラブルとして虫歯や歯周病が挙げられますが、これらは細菌感染によって発生しています。虫歯や歯周病は歯を失う大きな原因であり、これらによって歯を失いインプラントにすることになった方は先にブラッシングを改善し、口の中の状態を整えることが重要です。

正しいブラッシングができていない場合、口内に残った食べかすをエサに細菌が繁殖してしまい、歯を溶かしたり、腫れたりすることがあります。インプラント治療後に発生するトラブルを予防するためにも丁寧で正しいインブラッシングについて理解を深めておくことが重要です。

正しいブラッシングは治療効果の大幅向上につながる

正しいブラッシングにより治療効果を高めるこができます。インプラントの治療前には虫歯や歯周病の治療を行う必要があるのですが、きちんとブラッシングができていれば虫歯は進行しにくくなりますし、炎症などが発生していたとても悪化しにくくなります。
処置後の経過をいち早く安定させることにもつながるので、トラブル対策になるのはもちろん、最大の治療行為でもあるといえるでしょう。
インプラント治療を成功させたいと考えているのであれば、ブラッシングの重要性を理解し、しっかりと取り組んでいく必要があります。

正しいブラッシング方法とは

歯科医院でもブラッシング指導を受けることができますが、基本についておさえておきましょう。正しいブラッシングの方法について解説します。

ブラッシング回数

日に何回ブラッシングをするかよりも、きちんと汚れを落とすことができているのかのほうが重要です。例えば、食事のたびにブラッシングをしていたとしても、ブラッシングの仕方を間違えていて汚れを落としきれていないのであれば、意味がありません。
一日に1回しかブラッシングができなかったとしても、その際に汚れを落としきることができているのであれば大きな問題はないとされています。最低でも一日1回はしっかり磨くようにしましょう。もちろん、時間的な余裕があるのならば食事の日に磨くのが理想です。

ブラッシングのタイミング

食後すぐの段階は口腔内が酸性に傾いていて、この状態でブラッシングをすると歯が削れやすくなってしまうので、口腔内の状態が落ち着く食事の30分~1時間後を目安にブラッシングしましょう。
特に重要なタイミングとされているのが、寝る前のブラッシングです。唾液には口の中を中和する働きがあるのですが、寝ている間は唾液の分泌量が少なくなってしまうため、細菌が活動しやすい状態になります。
そのため、寝る前にしっかりとブラッシングして口の中の汚れを落としておきましょう。できれば鏡を見ながら一本ずつ丁寧に磨いてみてください。

正しい磨き方

歯の表面を磨く際には、歯ブラシを横にして磨くようにしましょう。小さめのヘッドの歯ブラシを使うと細かい部分までしっかり毛先が届きやすくなります。ヘッドが大きいと奥歯をきちんと磨くはできないので注意が必要です。

歯と歯の間を磨く際には、歯ブラシを横に動かすのではなく、歯の溝に沿って汚れを掻き出すように縦に磨きます。しかし、歯ブラシのみで歯と歯の間をしっかり磨くのは難しいため、歯間ブラシや糸ようじ、デンタルフロスなども活用してみてください。

または、歯と歯向きの境目部分もよく磨くようにしましょう。歯周ポケットと呼ばれる境目の溝部分に汚れがたまりやすいので、歯ブラシを斜めにして毛先を入り込ませて磨きます。

歯磨きをする際、力を入れる必要はありません。ペンを持つ時のように軽く歯ブラシを握り、ヘッドを細かく動かして磨きましょう。よく磨けるような気がするからと硬めのブラシを選択する方がいますが、口腔内に特に問題が発生していないのであれば、普通の硬さをおすすめします。
また、歯周病などを歯茎にトラブルが発生している場合は、やわらかめの歯ブラシを選択しましょう。様々な歯ブラシがあるので、自分に合ったものがわからない場合は、歯科医院で相談することをおすすめします。

インプラント治療前に正しいブラッシング指導を理解する

実際にインプラント治療前には、丁寧なブラッシング指導が行われます。毎日行うブラッシングではありますが、ほとんどの方が自己流で磨いており、正しく磨けていない方も多いです。
磨き方でわからない事があったり、うまく磨けない部分があったりする場合はブラッシング指導を受ける際に相談してみましょう。