インプラント治療後に歯茎が黒くなる原因と予防方法を解説

インプラントは非常に審美性に優れており、歯を失った部分に自分の歯と同じような見た目の人工歯を入れられる治療です。ですが、インプラント治療を行った部分の歯茎が黒い状態になってしまい、悩んでいる方がいます。

なぜ歯茎が黒くなってしまうのかについて、代表的な原因をご紹介しましょう。できるだけ黒くなるのを防ぐための予防策も解説します。

インプラント治療後に歯茎が黒くなることがある?

インプラント治療に関するトラブルとして、歯茎が黒く見えてしまう問題が挙げられます。詳しい理由は後述しますが、治療直後よりも治療が完了してから数年経過した場合に、歯茎が黒く見えるトラブルに悩む方が増えるようです。

歯茎が黒くなってしまう原因はひとつではないため、自分の場合はどういったことが考えられるのか確認したうえで対策を取ると良いでしょう。

インプラント治療後に歯茎が黒くなる原因


インプラント治療後に歯茎が黒くなってしまう原因として、インプラント周囲炎の問題、インプラントパーツの金属が錆びている可能性、タバコによる影響が考えられます。それぞれ解説します。

インプラント周囲炎が原因でフィクスチャーが透けて見える

インプラント周囲炎の影響により、あごの骨に埋入しているフィクスチャーと呼ばれる金属の部品が透けてしまい、その部分が黒く見えることがあります。

本来、フィクスチャーはドリルで穴を開けたあごの骨に埋まった状態が正しいです。しかし、インプラント周囲炎でインプラントの周りが炎症を起こし、状態が悪化した場合にはフィクスチャーが露出してしまうことがあります。

インプラント周囲炎は非常に進行速度が速いため、十分注意しましょう。

インプラント周囲炎の詳細は『インプラント周囲炎とは?原因と対策について』でご紹介しています。

金属が錆びて溶け出している

インプラントで使われている金属は非常に丈夫なものではありますが、金属材の素材が錆びてしまい、溶け出した金属が歯茎に沈着することによって黒く見えてしまうことがあります。

保険適用の素材は金属が溶けたことによる歯茎の黒ずみが起こりやすいのですが、基本的にインプラント治療で使われているチタンならその心配がありません。しかし、チタン以外の素材を使ったインプラント治療を行う場合は注意しましょう。

タバコによる色素沈着

タバコに含まれているメラニンが歯茎に付着し、黒く見えてしまうケースもあります。また、タールやニコチンなどの成分も歯茎を黒くする原因の一つです。

歯茎が黒くなるのを予防する方法


できる限りインプラント治療による歯茎の黒ずみを予防するにはどうすれば良いのでしょうか。以下のような方法があります。

再治療を受ける

インプラントの埋入自体に問題があって歯茎が黒い状態になっているのであれば、再治療を行った方が良いケースもあります。このあたりは医師と相談しながらどのように対応するのか決めることになるでしょう。

自分で行う日々のケアを怠らない

黒ずみを引き起こす原因の一つであるインプラント周囲炎は、おもにメンテナンスが不十分だった場合に発生しやすくなります。特に歯磨きを怠らないように注意しましょう。

メンテナンスの詳細については『インプラントのメンテナンス方法!歯科医院で受ける場合と自宅で行う方法を紹介』で解説しています。

歯科医院で定期メンテナンスを受ける

歯磨きは非常に大切なのですが、自分ではどうしても取り除けない汚れが存在します。そういった汚れは定期的に受ける歯科医院でのメンテナンスでしっかり落としてもらいましょう。

歯科医院では専門的な器具を使い、手磨きでは落としきれない汚れを落としてくれます。また、歯茎が黒いなど何らかの問題が発生していた場合はそれらのトラブルにいち早く気づき、早期に対処してもらうことが可能です。

丁寧な治療をしてくれる歯科医院を選ぶ

インプラント治療自体に問題があって歯茎が黒くなってしまうようなケースもあります。そのため、できるだけ信頼してお任せできるような歯科医院を選ぶことが重要です。

一度歯科医院を決定してから他の歯科医院に転院するのはなかなか難しい場合があるので、事前に口コミや医師の実績などを確認したうえで歯科医院を決定してみてください。

歯科医院選びで注目すべきポイントは『【インプラント治療前必読】信頼できる医師と歯科医院の選び方』でさらに詳しく解説しているので、ご覧ください。

歯茎が黒くなった場合でも適切な処置で改善できる


インプラント治療後に歯茎が黒くなってしまう原因や予防策についてご紹介しました。原因によっては毎日丁寧に歯磨きをしていても防げないものがあります。

黒ずみが気になっているのであれば、治療を受けた歯科医院で相談してみましょう。黒くなってしまった場合も、適切な治療を受けることにより状態を改善させられる可能性が高いです。