インプラントは虫歯になるのか?ケア不足で生じるトラブルを紹介

インプラント治療は保険が適用されない自由診療ということもあり、治療費が高額です。そのため、できるだけ長持ちさせたいと考えている方が多いでしょう。

歯を失ってしまう理由の一つとして、虫歯が挙げられます。そこで、インプラントは虫歯になるのかご紹介しましょう。快適にインプラントを使い続けるためどのようなケアが必要になるのかについても参考にしてみてください。

インプラントは虫歯になるのか?

インプラント自体が虫歯になってしまうことはありません。そもそも虫歯とは、歯のエナメル質が虫歯菌によって溶かされ、更には象牙質にまで進行していく症状です。虫歯菌は歯に付着している糖質などをエサとして、酸を作り、歯を溶かしていきます。

ですが、インプラントに使われているのは人口の歯冠であり、エナメル質ではないため、酸の影響を受けることがありません。

「虫歯で失った歯をインプラントにしても、インプラントが虫歯になってしまったらどうしよう」といった心配は必要ないことになります。

虫歯にならなくても日々のケアは不可欠


虫歯にならないように、日々の歯磨きなどのケアに力を入れている方もいるでしょう。インプラントは確かに虫歯にならないものの、ケアは必要です。

歯磨きなどのケアを怠ってしまった場合、インプラント本体や、周囲の歯にトラブルが起こってしまう可能性があるからです。このことからも日々のケアは欠かせません

ケア不足が原因で生じるインプラントのトラブル


適切なケアができていなかった場合、口腔内の状態が悪化します。その結果、以下3つのようなトラブルにつながってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラントを埋入した周辺の組織が炎症を起こしてしまう症状です。この炎症は、細菌感染によって引き起こされます。
歯磨きなどのケアを怠り、口腔内で細菌が増えすぎてしまったような場合は特にリスクが高くなります。

インプラント周囲炎はインプラントを失ってしまう大きな原因の一つではありますが、初期症状がほとんどありません。気づいた時にはかなり症状が進行していたケースも多いので、十分に注意しましょう。

インプラント周辺の虫歯

インプラント自体が虫歯になることはありませんが、その周囲の歯が虫歯になる可能性はあります。周囲の虫歯がインプラントに悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。
虫歯を防ぐためには毎日のケアが欠かせません。丁寧に行いましょう。

インプラントの損傷

快適にインプラントを使い続けるためにも欠かせないのが、歯科医院で行う定期メンテナンスです。定期メンテナンスを受ければインプラントが損傷していた場合、いち早く気づき、状態が悪化する前に対処できます。

何らかの不具合が発生している場合、そのまま継続して使うと更なるインプラントの不具合や損傷に繋がる恐れがあるので、定期メンテナンスで確認してもらうことが欠かせません。

トラブル発生を防ぐための具体的なケア方法


インプラント関係のトラブルを避けるためには、具体的にどのようなケアを行えば良いのでしょうか。自宅で行えるセルフケアと、歯科医院で行える定期メンテナンスについてご紹介します。

自宅で行うケア

インプラントを快適に使うために最も重要とされているのが、自宅で行うケアです。歯科医院で行うケアももちろん大切ではありますが、毎日のケアが行き届いているかどうかによってインプラントの状態が大きく変わります。

自宅で行うケアの基本とも言えるのが歯磨きです。できるだけ丁寧に磨くように心がけるだけなく、歯と歯の間も歯間ブラシなどを使って汚れを溜め込まないようにしましょう。また、磨きにくいところは小さなヘッドが特徴的なワンタフトブラシの活用もおすすめします。

歯科医院で行うケア

日々の歯磨きで取り除けない汚れは、専門的な器具などを用いて歯科医院で取り除いてもらうことになります。

インプラント治療が完了した後、どういったタイミングで定期メンテナンスに通うことになるのかについては歯科医院によっても違いが大きいので、よく確認してみてください。

定期メンテナンスでは口腔内を掃除してもらえるだけでなく、インプラントの状態が問題ないかなども確認してもらえます。何か問題が発生していた場合、いち早く気づくためにも歯科医院で行うケアは非常に重要です。

定期メンテナンスについては『インプラントのメンテナンス方法!歯科医院で受ける場合と自宅で行う方法を紹介』でより詳しく解説しています。

インプラントは虫歯以外の対策が必要


虫歯になることはないインプラントでも、他のトラブルを防ぐためきちんとケアしなければなりません。ケアを怠った場合にはせっかく埋入したインプラントが抜け落ちてしまったり、状態が悪化したりすることがあるので注意が必要です。

できる限り快適に長く活用するためにも、自宅で行うセルフケアと歯科医院で受ける定期メンテナンスに力を入れてみてはいかがでしょうか。